FANDOM


アスラン・ザラ
Athrun Zala.png
性別
年齢 16歳→18歳
生年 C.E.55年10月29日
身長 170cm→174cm
体重 63kg→60kg
血液型 O型
髪色
瞳色
趣味 電子工学
人種 コーディネイター

アスラン・ザラ(Athrun Zala)はテレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』および『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物。担当声優石田彰


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


個人データ 編集

家族構成 編集

経歴 編集

機動戦士ガンダムSEED 編集

キラ・ヤマトとは月のコペルニクス幼年学校の頃からの親友であり、彼の一家とも深い交流があった。地球・プラント間に開戦気運が高まると、父親パトリック・ザラの命令でプラントへ移住。農学者である母のレノア・ザラ血のバレンタイン事件で失っており、それをきっかけに軍人として平和のために戦うことを決意した。

コーディネイターの中でも優秀な能力を持ち、士官アカデミーをトップの成績(モビルスーツ戦・ナイフ戦・情報処理1位、射撃・爆薬処理2位、総合成績1位)で卒業した後はエリートパイロット(赤服)としてクルーゼ隊に所属する。シーゲル・クラインの愛娘ラクス・クラインは婚約者であったがフリーダム強奪事件(後述)を機に実質的に婚約破棄となり、その後カガリ・ユラ・アスハと恋仲になる。

地球連合軍が極秘裏に開発した新型機動兵器奪取のためコロニー「ヘリオポリス」に向かうが、そこでキラ・ヤマトと悲劇的な再会を果たした。

その後奪取したイージスガンダムに搭乗し、やむなくストライクガンダムのパイロットとなったキラ・ヤマトと幾度となく交戦することになる。

オーブ近海戦で戦友ニコル・アマルフィをキラとの戦いで失い、憎悪に燃えたアスランはその後のSEEDを発動させたキラとの激闘の最中SEEDに覚醒、イージスを自爆させてストライクを撃破するが、再会したカガリによって親友であるキラをその手にかけてしまった事実を突きつけられ、苦悩する。

一時帰国したアスランはネビュラ勲章を受勲、特務隊(フェイス)へ栄転となる。その初任務として、父親でありプラント最高評議会議長であるパトリック・ザラから最新鋭モビルスーツフリーダムの強奪者の追討・機体の奪還(もしくは破壊)およびそれと接触した人物・施設の完全抹殺を命令され、同じく最新鋭のモビルスーツであるジャスティスを受領。その後強奪犯手引きの容疑で指名手配中のラクス・クラインと再会したアスランは、フリーダム強奪の真相とキラが生存していることを告げられた上にアスランが信じて戦うものは何か問われ、動揺と同時に、初めて自分が組織の正義の為に戦っている事実に気付いてしまう。

何を信じて戦えばよいのか悩むアスランであったが、地球連合軍のオーブ侵攻戦に遭遇した際、連合の新型モビルスーツ(カラミティフォビドゥンレイダー)に苦戦するキラの姿を発見すると、フリーダム奪還任務を放棄、自らの意思で戦闘に介入しキラを援護し連合軍を撃退する。戦闘後、カガリの仲介もあってキラと和解を果たし、キラたちの望む平和が自分の望む世界と同じであると信じてその陣容に加わった。

宇宙に上がった後、父パトリックに戦争の真意を問い質すため単身プラントに向かう。しかしナチュラルそのものの撲滅を目指す父の姿に驚愕。決然と反抗し反逆者として拘束されてしまい、マーチン・ダコスタを始めとするクライン派に救出される。父と訣別したアスランはラクスたちと共に最新高速艦エターナルでプラントを脱出する。

その後は三隻同盟の中核的戦力として地球連合軍撃退やプラントへの核攻撃阻止で戦果を上げ、最終決戦となる第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦ではジェネシスの中枢でジャスティスを自爆させ、地球へのジェネシス発射を見事に阻止した。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 編集

戦後はオーブに亡命(小説版ではアイリーン・カナーバが彼を厄介払いしたかったとの記述あり)、「アレックス・ディノ」(市民番号:2850474C)と名乗り、オーブ代表首長となったカガリのボディーガードを務めていた。プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルとの会談にカガリの護衛として赴いた折、地球連合軍特殊部隊ファントムペインによるザフト製新型モビルスーツ強奪作戦に巻き込まれたアスランは、カガリを守るためザクウォーリアに搭乗。

そのまま彼女と共にザフト新造艦ミネルバに避難する。

その後旧ザラ派残党テロリストによるユニウスセブン落下作戦を防ごうと奮戦するも失敗、その未曾有の被害にブルーコスモスの扇動も加わって再び地球・プラント間で戦火の幕が開くことになる。

開戦後単身でプラントに向かい、デュランダル議長と会見したアスランはフェイスとしてザフトに復隊することを懇請され、再会したイザークディアッカの説得もあり、議長の理念を信じ自分に出来ることをするためセイバーを譲り受け、ザフトに復隊。セイバーのパイロットとしてミネルバで任務に就き、フェイスとしてルーキーのモビルスーツパイロット達(シン・アスカレイ・ザ・バレルルナマリア・ホーク)の指揮を任されたアスランだったが、正義の考えかたの違いから、シンとは度々衝突が続いた。一方でルナマリア、メイリンミーアからは過剰とも言えるモーションやアプローチを受けるものの、アスランは3人の好意にはまったく気が付いていなかった。

地球連合とオーブの同盟軍との交戦の際、アークエンジェルとフリーダムが介入し戦局は混乱、その後アスランは個人的にキラとカガリに接触、戦闘を止めるよう諭すが、逆にキラからラクス暗殺未遂を知らされ動揺する。がデュランダル議長を信じようとするアスランは、カガリやキラと再度対立する事となる。

その後、クレタ島海域の戦いにおいて、キラのフリーダムとの交戦の際、乗機のセイバーを再起不能になるまで破壊され一線を退く。それ以降自分の信じて歩むべき道に悩む日々が続き、やがてザフト内でも孤立し始める事になる。着々と戦果を挙げ続けていたシンからは、その不甲斐なさから、見下されたような態度をとられるまでに至ってしまう。

デュランダルがロゴスの殲滅を宣言した際、アークエンジェル討伐の命も下され、異議を唱えるが却下されてしまう。その後展開されたエンジェルダウン作戦において、インパルスを駆るシンはキラの乗るフリーダムを撃墜、アークエンジェルは行方不明となる。そしてアスランは帰還したシンから受けた挑発に激昂して彼を殴りつけてしまい、シンとの対立は一層険悪なものになっていく。

その後、ジブラルタルにおいて議長から呼び出されレジェンドを授けられる。しかし議長はレイの報告などからアスランを不穏分子と判断しており、そのやり取りを立ち聞きしていたミーアの訓告から、ザフト軍の脱走を決意する。途中、巻き込む形になってしまったメイリン・ホークと共にグフイグナイテッドを奪って基地からの脱出を試みるが、シンのデスティニーにより撃墜される。その際、メイリンを庇い重傷を負ったアスランは、地球連合軍に潜入していたカガリの側近であるレドニル・キサカに救出され、密かにアークエンジェルに搬送される。

アークエンジェルにてキラと再会したアスランは、和解し彼がラクスを救うために宇宙に飛び立つよう背中を押している。

オペレーション・フューリーを発動したザフトによってオーブが襲撃を受けた際には、まだ傷の癒えない体でアークエンジェルに乗艦、キラのストライクフリーダムと共にラクスが乗ってきたインフィニットジャスティスを受け取り、無茶を承知で出撃する。

戦場でシンとの再会を果たし、彼を説得しようとするが失敗。デスティニーの猛攻を受けるも、最終的には撤退命令によってザフト軍は撤退。しかし癒え切っていない身体は限界に達し、コクピットの中で気を失ってしまい機体ごと落下。かろうじてキラに救出され事なきを得たが、傷が再び開いてしまい、パイロットとしての復帰は先送りとなった。

ザフトによるオーブ侵攻を食い止めた後、アークエンジェルはオーブ軍に正式に編成され、アスランもインフィニットジャスティスのパイロットとしてオーブ軍に編入する。

オーブ第二宇宙艦隊所属としてコペルニクスで、キラやラクス、メイリンと束の間の休息をとっていた時、そこに現れたミーアのハロが持っていたメッセージを受け取る。罠であることに気付き、行かないように促すものの、ラクスの意向で護衛として指定された場所に向かう。そこで対面したミーアとラクスは和解するものの、ミーアは護衛のサラの銃弾からラクスを守り命を散らす。ミーアが残したディスクに入っていた日記から彼女の本音を知ったアスランは、ザフト脱走の際に彼女を連れ出さなかった事に後悔を抱き一人涙する。

議長によるデスティニー・プラン発動宣言の頃には復調し、インフィニットジャスティスを駆ってレクイエムのステーションワンをストライクフリーダムと共に落とし、続くレクイエム攻防戦ではルナマリアのインパルス、シンのデスティニーを戦闘不能に追い込み、ミネルバを航行不能にした後、アカツキと共にレクイエムの破壊に成功している。

余談 編集

  • 担当した石田自身はアスランの行動にかなり不満があったようで、同作品の終了時には「あんなやり方では平和になりませんまたすぐ戦争が起こるでしょう」と言い切ったことがある(実際、物語の中では2年後に戦争は再燃(『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』)し、作品終了後も混迷の時代が続いている、とされる)。また、『~DESTINY』の終了後には『最後まで自分のキャラが判らなかった』とも。尚作中のキャラ同士は反目しあったままだったシン・アスカ役の鈴村健一とは、本人同士は懇意にしている。
  • 「カガリとはまだ恋人なのか」ということについては、最終的には未だ明確にされていない。カガリが指輪をはずしはしたが、捨てたり返したりはしていないことや45話でアスランが「今はこれでいい。焦らなくていい、夢は同じだ。」といったことから、「カガリは今はアスランへの思いをしまっておき、国家元首の責務を果たそうと決意し、アスランはそれを理解し、まだカガリのことを諦めたわけではないんだ」と主張するファンもいる。その一方で、二人が会話しているシーンや共に行動するシーンなどが全く見られないため、「二人は破局したのだ」と言うファンもいるなど、二人の関係についてはファンの間でも意見がわれている。
  • スペシャルエディション4から、アスランはオーブ軍に残ることは確実であるようである。
  • コミックボンボンの漫画版『SEED DESTINY』ではシンとは「平和な世界を作りたい」という想いを共有しながらも、互いの信念を貫くために最後は対決する事になる。また、家族を殺されてザフトに入隊したシンを、かつて母レノアを殺されたザフトに入隊した自分自身と重ねており、故に中々本気でシンと戦おうとしなかった。最終的にはシンのデスティニーを撃破するが、その際も苦悩しているような姿を見せている。
  • 第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』の中断メッセージでは「歌は良い」という趣旨の発言を行い、プレイヤーを驚かせた。これは石田彰が演じる『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲルのパロディと思われる。

主な搭乗機 編集

その他の搭乗機 編集

関連項目 編集


  
機動戦士ガンダムSEED
メディア展開 原作 - 小説 - 漫画 - ムック - ドラマCD
登場人物アークエンジェルクルー キラ・ヤマト - ナタル・バジルール - フレイ・アルスター - マリュー・ラミアス - ミリアリア・ハウ - ムウ・ラ・フラガ - アーノルド・ノイマン - カズイ・バスカーク
地球連合軍 ムルタ・アズラエル - オルガ・サブナック - クロト・ブエル - シャニ・アンドラス
ザフト軍 アスラン・ザラ - アンドリュー・バルトフェルド - イザーク・ジュール - ディアッカ・エルスマン - ニコル・アマルフィ - ミゲル・アイマン - ラウ・ル・クルーゼ - ラクス・クライン
オーブ連合首長国 カガリ・ユラ・アスハ
勢力国家 オーブ連合首長国 - 大西洋連邦 - プラント - ユーラシア連邦
軍事 地球連合 - ザフト - FAITH - 三隻同盟
企業
民間 ブルーコスモス
兵器 グングニール - サイクロプス - ジェネシス - 対MS用ホバークラフト - ミーティア - アサルトシュラウド - オールレンジ攻撃
機動兵器モビルアーマー ミストラル - メビウス・ゼロ
モビルスーツ地球連合 デュエル - バスター - ストライク - ブリッツ - イージス - カラミティ - フォビドゥン - レイダー - ストライクダガー -
ザフト ジャスティス - フリーダム - プロヴィデンス - ジン - シグー - ゲイツ - バクゥ - ザウート - グーン - ディン
オーブ M1アストレイ
航空機・戦闘機・ヘリ スピアヘッド - スカイグラスパー - アジャイル - インフェトゥス - エターナル - グゥル
艦船 アガメムノン - アークエンジェル - スペングラー - ダニロフ (機動戦士ガンダムSEED)? -ドレイク - ネルソン - ナスカ - ピートリー - ボズゴロフ - レセップス - ローラシア - イージス - イズモ - クラオミカミ - 輸送艦
車両全般 ブルドック - リニアガン・タンク - リニア自走榴弾砲 - 六輪連結装甲車 (機動戦士ガンダムSEED) - 指揮車 (機動戦士ガンダムSEED) - 電源車 (機動戦士ガンダムSEED) - 弾薬運搬トレーラー (機動戦士ガンダムSEED) - 戦闘用エレカ - 自走砲 (自走ガトリング砲) - ミサイル搭載ハーフトラック
都市・地域・施設 コペルニクス - メンデル - 軍事施設 -
技術 ミラージュコロイド - フェイズシフト装甲 - ラミネート装甲 - 強化人間
歴史 SEED - コズミック・イラの成立 - ヤキン・ドゥーエ戦役 - コーディネイターとナチュラル

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki