FANDOM


アニメ > ARIA > ARIAの登場人物 > アリシア・フローレンス
アリシア・フローレンス
Alicia Florence
ARIA oar aria-company no1 250.gif
性別
年齢 19歳→20歳[1]
生年 2281年(?)10月30日
身長 165cm
血液型 A型
出身地 AQUA
職業 ウンディーネ
階級 プリマ
オールナンバー 1
通り名 スノーホワイト(白き妖精)
[栄誉称号(インモルタリタ)]
所属 ARIAカンパニーゴンドラ協会
役職 (ARIAカンパニー実質的経営者→)ゴンドラ協会常務理事[2]
初登場 ARIA The ANIMATION
第一話「その 素敵な奇跡を…」
AQUA 第一巻
Navigation 01 「水の惑星」
大原さやか(アニメ) 井上喜久子(CDドラマ)

天野こずえの漫画作品ARIA及びその派生作品に登場するキャラクター。ARIAカンパニー所属のプリマウンディーネ。担当声優は大原さやか[3]


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


人物 編集

ARIAカンパニーの実質的な経営者にして、水の三大妖精の一人として称えられるネオ・ヴェネツィアトップクラスのウンディーネ。

交友関係 編集

姫屋に所属する晃・E・フェラーリとは幼なじみでありまた、オレンジぷらねっとアテナ・グローリィともシングル時代よりの友人である。奇しくもこの3人は、そのウンディーネとしての並外れた技量ゆえに「水の三大妖精」と呼ばれている。

浮き島のサラマンダー出雲暁の片思いの人でもある。

ウンディーネとして 編集

(作中での詳細な描写が無いため)どこまで事実か怪しいが、ARIA 第3巻 Navigation 14 「水の三大妖精」 などによれば、幼なじみである晃が先にウンディーネを目指していて、アリシアはそれに追随、それにシングル時代に出会ったアテナが加わる形でプリマを目指すことになったようである。ARIAカンパニーに入社するまで本格的にゴンドラを漕いだ経験はなく、「グランドマザー」こと天地秋乃の下で修行を積むことでその才が開花したと考えられる。

ペア・シングル時代は非常に短く、プリマに昇格した15歳という年齢は三人の中で一番で早いのはもちろんのこと、ウンディーネ史上最年少記録であった。

見習い時は、かのグランドマザーの弟子ということで一部の業界通からは認知されていた程度で一般認知はほぼ皆無であったようだが、プリマ昇格最年少記録更新や操船技術から次第に名が知られるようになり、晃・アテナ共々「水の三大妖精」と呼ばれ称えられるようになった。

その操舵は流麗と言ってよく、原作では2度[4]、正円を描くオール捌きを見せている。

水の三大妖精のうちの一人として業界トップクラスに君臨していたが、20歳のときに後輩である水無灯里がプリマへ昇格したことから結婚すると同時に現役を退く旨を突如表明、かねてより要請されていたゴンドラ協会の常務理事[5]に就き、急激な変化を迎えつつあるウンディーネ業界を支え繁栄の礎を築くために尽力することとなる。

A.C.0076 15月5日(A.D.2304 3月5日)にはゴンドラ協会主催の公式行事として引退式が開かれ[6]、ウンディーネとしての日々に幕を引いている。彼女の通り名スノーホワイト(白き妖精) は史上8人目の栄誉称号(インモルタリタ)としてゴンドラ協会より認定を受けた。

脚注 編集

  1. 引退時 月刊ウンディーネ 藍華・S・グランチェスタ特集号 より
  2. アニメ版設定。原作では単に「要職」とのみ記されている。
  3. アニメ化以前に出されたCDドラマ版では井上喜久子
  4. AQUA 第1巻 Navigation 02「水先案内人」とARIA 第11巻 Navigation 51「クローバー」。前者ではオールそのものををオール留め(forcola)から外して回し、後者ではアリシアの束ねた髪が正円を描いた。
  5. アニメ版設定。原作では単に「要職」としか書かれていない。
  6. 原作では引退式の描写はない。アニメ版と月刊ウンディーネ第6巻版とでは描写が若干異なる。なお引退式の日付は月刊ウンディーネ版に拠った。
Aria the origination logo.gif この項目はARIAに関する書きかけの項目です。加筆・訂正等にご協力いただける方を探しています。
wikiを弄ったことが無いので手を出すには躊躇してしまう、という方はフォーラムで編集を依頼してみるとよいかもしれません。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki