FANDOM


アニメ > ARIA > ARIAの登場人物 > アルバート・ピット
アルバート・ピット
Albert Pitt
性別
年齢 19歳
生年 2282年(?)5月20日
身長 140cm
血液型 AB型
出身地 アクアネオ・ヴェネツィア沖浮き島「AFI-0078」
職業 ノーム
階級 半人前→一人前[1]
所属 ネオ・ヴェネツィア地下中央ターミナル[2]
初登場 ARIA 第二巻
Navigation 08「星の謳声」

天野こずえの漫画作品ARIA及びその派生作品の登場人物。ネオ・ヴェネツィア地下にて重力を管理するノーム(地重管理人)。担当声優は渡辺明乃[3]


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


人物 編集

ARIA 第二巻 Navigation 08「星の謳声」で初登場。買い出しに出かけた帰り、自分のゴンドラに載せ切れないほどの買い物をしてしまい困っていたところ、その場に居合わせた水無灯里の好意で、自身の住む地下居住区まで荷物を運んでもらった。この時、灯里に巻き込まれる形で一緒に行く羽目になった藍華・S・グランチェスタとは、やがて互いに相手を意識する関係になる。

もともと天文学者志望であったが、星の成り立ちを学んでいくうちに、テラフォーミングによって人類が居住可能になった火星=アクアに興味を覚え、ノームの道に進んだ[2]。そのため星に関する知識に詳しく、灯里たちの前で披露することもある。

灯里たちと出会った時点では、階級こそ半人前であったが、上司兼師匠であるアパじいさんから重力石制御装置の操作を許されるなど、その技量は一人前に迫るものだったと思われる。

一人前昇格前後の時期からは、仕事の傍ら大学にも通っている[4]。同時期に研究部門への異動を勧められたが、「大地の声が聞こえるこの場を離れたくない」と辞退している[2]

小柄な体格(これはノームの職にある者のほとんどに言える)と童顔から子供っぽく見られがちであるが、実は幼なじみである出雲暁綾小路宇土51世より1歳年上であり、少年時代は彼らのまとめ役であった。一方、その言動や台詞回しは年齢の割には親父臭いところがあり、アニメ版においては原作第7巻カバー裏の4コマ漫画を拡張した「オヤジギャグを多用する」という設定が追加されている。

脚注 編集

  1. ARIA 第12巻 Navigation 60「水の妖精」より一人前。
  2. 2.0 2.1 2.2 月刊ウンディーネ第5巻「街角インタビュー 第38回」より。
  3. アニメ化以前に出されたCDドラマ版では田中真弓
  4. 聴講生なのかいわゆる「社会人学生」なのかは不明
Aria the origination logo この項目はARIAに関する書きかけの項目です。加筆・訂正等にご協力いただける方を探しています。
wikiを弄ったことが無いので手を出すには躊躇してしまう、という方はフォーラムで編集を依頼してみるとよいかもしれません。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki