FANDOM


アンドリュー・バルトフェルド
性別
年齢 30歳→32歳
生年 C.E.41年7月20日
身長 181cm
体重 74kg
血液型 B型
人種 コーディネーター
所属 ザフト軍三隻同盟

アンドリュー・バルトフェルド (Andorew Waldfeld) は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』および『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物。担当声優置鮎龍太郎


個人データ 編集

経歴 編集

機動戦士ガンダムSEED 編集

北アフリカにおいて、地球に降下したアークエンジェルに、旗艦レセップスバクゥ部隊を率いて攻撃を仕掛ける。最初の交戦でキラの特異な戦闘能力を見抜き、興味を持った。戦闘においてバクゥの連携攻撃は、キラのストライクを追い詰めた。

キラとは後に邂逅を果たし、それをきっかけにキラは守りたい者のために敵とただ戦い続ける事に疑問を抱くようになり、その成長に大きく関わった。また、カガリと出会った際には、「ドレス姿も実に板についている」、「真っ直ぐで実にいい眼だ」と、身分を隠していた彼女の素性を感じ取っていた。

アークエンジェルと最後の決戦に臨んだ際には、ラゴゥで出撃し、キラのストライクと互角以上の勝負を繰り広げる。死闘の果てに、SEEDを発動させたキラに敗れる。射撃手として同乗していた恋人のアイシャと共に戦死したと思われたが、左眼・左腕・左足を失いながらも副官のダコスタに救助され、奇跡的に生還を果たした。

その後、ダコスタがクライン派に通じている事を見抜いたバルトフェルドは自らもこれに加わり、密かに決起の時を伺っていた。一方でパトリック・ザラにその戦歴を買われ、新型戦闘艦エターナルの艦長に抜擢される。

クライン派の同志達と共にエターナルを奪取後は、ラクスと共にプラントを脱出する。途中、ヤキン・ドゥーエ防衛軍の追撃されるが、キラのフリーダムの救援を得て突破し、志を同じくするアークエンジェル、クサナギと合流を果たす。その後も三隻同盟の中心人物の一人として第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦を戦い抜き、停戦を迎えている。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 編集

戦後は、マリューらと共にオーブへと亡命していた。ユニウスセブン落下テロ後、オーブに寄港したミネルバに対して、通信で密かに世界の情報や情勢を伝え忠告をした。

地球プラント間で戦争が勃発した当初はプラントに移住する予定であったが、コーディネイター部隊によるラクス暗殺未遂に遭遇し、プラントの不穏な空気を察知したバルトフェルドは、第三勢力としてアークエンジェルに搭乗する。アークエンジェルでは副操舵手を務める傍らムラサメのパイロットも務め、主力の一人として貢献した。

ラクスが宇宙へと上がる際には、ラクスがミーアに成りすましたのに合わせてバルトフェルドもミーアのマネージャーであるキングT@KED@に成りすまし、シャトルを強奪する。

その後、エターナルの艦長として指揮を執り、ザフト軍のエターナル追撃部隊を振り切るため、自らガイアで出撃する。ストライクフリーダムインフィニットジャスティスドムトルーパー隊の参戦後は、戦力も充実したためエターナルの艦長職に専念した。

最終決戦のメサイア攻防戦を戦い抜き、生還した。

余談 編集

  • ガンダムSEED MSV』では、北アフリカのエルアラメイン会戦において、ザフト地上軍のMS隊隊長として、モーガン・シュバリエ率いる地球連合軍戦車部隊を攻略し撃破した。これを聞いたプラント本国の広告代理店は、「'砂漠の虎」という異名でバルトフェルドを宣伝し、国威発揚に利用している。
  • 指揮官としてもMSパイロットとしても超一流であり、ザフト軍で知らぬ者はいないほどの英雄である。また、本業は広告心理学者で、振動工学の権威でもある。戦場で出会ったキラに、人間の愛憎や戦争のメカニズムについて独特の問いかけをするなど、単なる軍人以上の厚みのある人柄を見せていた。
  • 特異なファッションセンスを持ち、奇妙な模様のシャツや、特注のパイロットスーツを着用している。
  • コーヒーのブレンドが趣味で、『SEED』では、キラに試飲を勧めている。ダコスタからは、レセップス艦内に匂いがこもると言う理由で苦情を言われていた。『DESTINY』では、マリューや周囲の人間に試飲を勧めているが、その評価は芳しくなかった。
  • 『SEED』の漫画版では、キラがバルドフェルドのオリジナルブレンドコーヒーを飲んで「おいしい」と評価した。
  • SDガンダム GGENERATIONアドバンス』では、バルドフェルドのコーヒーを試飲したランバ・ラルは「なかなか美味しい」と評価している
  • 個人的にクルーゼを良く思っておらず、その理由をバルドフェルドは「目を見せない奴なんて信用出来ない」と言っている。
  • PlayStation2ソフト『機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ』では、ニコルとパートナーを組むと、彼を「君はクルーゼ隊にしてはいい目だ」と評価している。
  • 『SEED』のエンディングキャストロールでは「アンディ・バルトフェルド」と表記されていた事があった。
  • 第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後、失った手足は義手・義足にしており、左腕の義手には隠し武器としてが内蔵されている。
  • ミーアのシャトル強奪のため、キングT@KED@に成りすました際には彼と同じく関西弁で話していた。
  • ガイアムラサメで出撃した際の戦い振りはエースパイロットとしての健在を証明していた。
  • DESTINY』の小説版では、メサイア攻防戦後、バルトフェルドらはオーブへと帰還している。オーブでは、いつのもの様にコーヒーのブレンドをしてダコスタに試飲させている姿がある。
  • スーツCD8巻』にてミーアの熱烈なファンであることが明かされ、新曲のCDはおろかファンクラブ会員限定発売のビデオクリップをも入手しているという熱狂振りを見せている。
  • 機動戦士ガンダム』のランバ・ラルと、ナチス・ドイツの将校エルヴィン・ロンメルをモチーフにしたキャラクター。
  • 苗字は特殊設定・森田繁の「森」と「田」をドイツ語に訳したもの。

主な搭乗機 編集

関連項目 編集


  
機動戦士ガンダムSEED
メディア展開 原作 - 小説 - 漫画 - ムック - ドラマCD
登場人物アークエンジェルクルー キラ・ヤマト - ナタル・バジルール - フレイ・アルスター - マリュー・ラミアス - ミリアリア・ハウ - ムウ・ラ・フラガ - アーノルド・ノイマン - カズイ・バスカーク
地球連合軍 ムルタ・アズラエル - オルガ・サブナック - クロト・ブエル - シャニ・アンドラス
ザフト軍 アスラン・ザラ - アンドリュー・バルトフェルド - イザーク・ジュール - ディアッカ・エルスマン - ニコル・アマルフィ - ミゲル・アイマン - ラウ・ル・クルーゼ - ラクス・クライン
オーブ連合首長国 カガリ・ユラ・アスハ
勢力国家 オーブ連合首長国 - 大西洋連邦 - プラント - ユーラシア連邦
軍事 地球連合 - ザフト - FAITH - 三隻同盟
企業
民間 ブルーコスモス
兵器 グングニール - サイクロプス - ジェネシス - 対MS用ホバークラフト - ミーティア - アサルトシュラウド - オールレンジ攻撃
機動兵器モビルアーマー ミストラル - メビウス・ゼロ
モビルスーツ地球連合 デュエル - バスター - ストライク - ブリッツ - イージス - カラミティ - フォビドゥン - レイダー - ストライクダガー -
ザフト ジャスティス - フリーダム - プロヴィデンス - ジン - シグー - ゲイツ - バクゥ - ザウート - グーン - ディン
オーブ M1アストレイ
航空機・戦闘機・ヘリ スピアヘッド - スカイグラスパー - アジャイル - インフェトゥス - エターナル - グゥル
艦船 アガメムノン - アークエンジェル - スペングラー - ダニロフ (機動戦士ガンダムSEED)? -ドレイク - ネルソン - ナスカ - ピートリー - ボズゴロフ - レセップス - ローラシア - イージス - イズモ - クラオミカミ - 輸送艦
車両全般 ブルドック - リニアガン・タンク - リニア自走榴弾砲 - 六輪連結装甲車 (機動戦士ガンダムSEED) - 指揮車 (機動戦士ガンダムSEED) - 電源車 (機動戦士ガンダムSEED) - 弾薬運搬トレーラー (機動戦士ガンダムSEED) - 戦闘用エレカ - 自走砲 (自走ガトリング砲) - ミサイル搭載ハーフトラック
都市・地域・施設 コペルニクス - メンデル - 軍事施設 -
技術 ミラージュコロイド - フェイズシフト装甲 - ラミネート装甲 - 強化人間
歴史 SEED - コズミック・イラの成立 - ヤキン・ドゥーエ戦役 - コーディネイターとナチュラル

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki