FANDOM


カガリ・ユラ・アスハ
Cagalli Yula Athha
性別
年齢 16歳→18歳
生年 C.E.55年5月18日
身長 162cm→164cm
体重 54kg→48kg
血液型 A型
髪色 黄色
趣味 体力づくり
人種 ナチュラル

カガリ・ユラ・アスハ (Cagalli Yula Athha) は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物(進藤尚美)。


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


個人データ 編集

オーブ連合首長国の前代表首長ウズミ・ナラ・アスハの一人娘。「姫」と呼ばれる立場ではあるが、性格は直情的で行動派。SEEDキャラの中でもとりわけ涙もろい激情家である。一本気で曲がったことを嫌い、口よりも先に手が出るタイプ。

経歴 編集

機動戦士ガンダムSEED 編集

中立コロニーヘリオポリスモルゲンレーテ社工場内で地球連合軍が新型機動兵器を開発しているという噂の真実を確かめるためヘリオポリスを訪れている最中に、キラ・ヤマトと出会う。ザフトクルーゼ隊襲撃時に、モルゲンレーテ社工場内で新型MSG兵器を目撃し、中立の旗を掲げながら地球連合軍のMS開発を黙認する父の行為を裏切りと捉える。戦闘でコロニーの崩壊が避けられない状況になり、キラに無理矢理シェルター内に避難させられる。

無事、オーブに帰国を果たすも、あくまで中立の立場を貫く父親に反発し、世界をその眼で見るため国を飛び出す。その後、護衛のオーブ陸軍第21特殊空挺部隊レドニル・キサカ一佐と共に、彼の故郷である北アフリカに行き、そこでレジスタンス「明けの砂漠」に加わり、対ザフト抵抗活動を続ける中、ストライクとその母艦アークエンジェルが地球に降下し、キラと再会する。

アークエンジェルと共にアンドリュー・バルトフェルドの北アフリカ駐留部隊を退けた後は、押しかけ同然でキサカと共にアークエンジェルに同乗する。相手がナチュラルであろうとコーディネイターであろうと常に自然体で接するカガリにキラの心は癒されていく。数度、スカイグラスパーで戦闘に参加しキラと共に戦った。

ザフト軍との戦闘により、搭乗するスカイグラスパーが被弾し、カガリは無人島に漂着する。そこでアスラン・ザラと出逢う。この時、雨でぬれた服を乾かして自らの下着姿に顔を赤らめるなど、カガリは女ゲリラというより年頃の少女として、アスラン共々、互いに異性を意識した。

無事、アークエンジェルに救出された後、オーブ近海での戦闘中にアークエンジェルの危機を救うため自らの素性を告白し、満身創痍のアークエンジェルをオーブに秘密裏に入国させた。その後アークエンジェルが出向を迎えた際には、再び同行して尚も戦い続けようとウズミに反発するが、「そんな薄っぺらい、独り善がりな正義感で何が守れる!」とウズミに一喝され、銃を手にする事だけが守る事ではないと教えられたカガリは艦を降りる決意をする。

オーブ近海戦におけるキラとアスランの死闘の後、キラの安否を確認するため現地に飛んだカガリは焼け爛れたストライクの残骸と意識不明のアスランを発見する。目覚めたアスランからキラと親友であったこと、それでも殺し合わなければならなかった顛末を聞き、カガリは常にウズミが口にしていた「憎しみの連鎖」を目の当たりにする。一度はキラの仇として憎んだはずのアスランに、自分の身に着けていたハウメア女神のお守りである首飾りを贈り、もう誰にも死んでほしくない、と告げた。

その後、アラスカ攻防戦を生き抜き、地球連合軍を離脱したアークエンジェルがオーブに再度秘密裏に入国した際、キラと再会し、その無事をその眼で確認し、涙した。

ザフト軍対地球連合軍の戦闘状況が膠着化する中、地球連合軍はオーブに同盟締結を強要する。ウズミは自国の一時の安全より世界平和への理念を選び、要求を拒否する。一度はキラのフリーダムやアスランのジャスティスの加勢もあって連合軍を退けるも、再度の連合軍の侵攻の際、ウズミはカガリ達をマスドライバー「カグヤ」で宇宙へと脱出させた後、施設を破壊し、オーブと最期を共にした。カガリは父との最後の別れの際、手渡された一枚の写真とウズミの言葉により自分とキラが双子の兄妹(姉弟)であったことを悟る。

オーブの遺志を受け継いだカガリは、亡き父への想いを胸に戦艦クサナギの指揮に携わり、アスランとも心を通わせる。

最終決戦である第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦では自らストライクルージュに搭乗し、キラやアスランと共に戦う。戦闘中、アサギ・コードウェルジュリ・ウー・ニェンマユラ・ラバッツ等の死を目の当たりにし、SEEDに覚醒した。

そして、ジェネシス中枢部でジャスティスの自爆装置を作動させ、自らもパトリック・ザラの息子である責任を負って死のうとしたアスランを説得してストライクルージュで救出し、共に脱出を果たしている。その後、トリィに導かれ、宇宙空間を漂っていたキラも救出している。

戦後、三隻同盟のクルーらと共にオーブ連合首長国に帰還をする。キラ、ラクス、アスランと共に夕食を共にし、マルキオ邸の子供達と遊ぶ姿が見られた。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 編集

戦後は故国の復興のためオーブに戻り、ウズミの後継者としてオーブ連合首長国代表首長及びアスハ首長家当主となった。

C.E.73年に、再び地球プラント両陣営で不穏な空気の漂い始める中、カガリは護衛としてアレックス・ディノ(アスラン)を伴い、プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルとの極秘会談の場に臨むため、L4に新設されたプラント「アーモリーワン」を訪れる。

そこで地球連合軍ファントムペインの襲撃に巻き込まれてしまい、そのまま緊急避難としてザフトの新造艦ミネルバに乗り込む事になった。

ミネルバにおいて、二年前の地球連合軍によるオーブ解放作戦時に家族を失ったシン・アスカと出会い、オーブの理念について対立するが、自身の意見を主張する事が出来ず自室にて涙するなど、国家元首として幼い面を見せる。その後、ミネルバにてシンと顔を合わせる際には、伏し目がちな対応になっていた。

その後、ユニウスセブン落下テロをきっかけに再び開戦の気運が高まる中、カガリとアスランはミネルバによってオーブに送り届けられる。プラント本国に向かうアスランとの別れの際には彼から指輪を贈られ、以来、常にそれを身に着けるようになった。

マルマラ海、クレタ沖での戦闘で多大な損害を被ったミネルバに、自身をオーブに送り届けてくれたことへの厚意また中立であるオーブの代表として補修及び補給を行うなど、代表首長として務めた。しかし混迷深まる世界情勢の中、宰相ウナトなど首脳陣からオーブの取る姿勢の決断を迫られる。まだ若輩の上政治家として経験にも乏しく、感情や理想論が先走りがちなその性格のために、カガリは代表首長に相応しい政治判断を出来ず、実質的に政治を執り仕切っているウナトの言う通りに大西洋連邦との同盟を締結した。

ウナトの息子ユウナとの政略結婚もそれが国のためになるならばとアスランへの想いを押し殺し認め、式が催されるが、式の最中に突如出現したキラ・ヤマトの搭乗するフリーダムに拉致され、アークエンジェル内で説得を受ける。以後はそのままアークエンジェルに搭乗する事になる。

ミネルバと地球連合・オーブ同盟軍の戦闘に、キラと共に幾度も介入してオーブ軍に停戦を呼びかけるが、その声は届かず、遂にはオーブの理念を理解する軍人トダカ一佐も空母タケミカズチと共に戦場で散る事になった。しかし、トダカの遺志を継いだアマギ一尉たちはアークエンジェルに合流した。

その後、地球連合軍によるベルリン侵攻の際にはストライクルージュで出撃し、市民を攻撃から守る。フリーダムがインパルスに撃墜された後にはパイロットであるキラを救出した。オーブに戻った際には、ザフト軍から脱走したアスランと再会し和解する。

暫くして、ロード・ジブリールがオーブに匿われていることを知る。ザフト軍からの引き渡し要求に対して、オーブ政府は「そのような人物は存在しない」と回答する。結果、ザフト軍によるオーブ侵攻という事態を招き、再び戦火に焼かれんとするオーブを見て、アークエンジェルに配備されているスカイグラスパーで強引に出撃しようとするが、レドニル・キサカエリカ・シモンズの二人に制止され、ウズミの遺言を聞くと共に、黄金のMSアカツキを受領する。

その後カガリはアカツキでムラサメ隊と共に出撃する。回線で司令部に呼びかけ、ユウナを国家反逆罪で拘束。ジブリールを取り押さえることには失敗するも、オーブ全軍を指揮下に置き、劣勢を極めたオーブ国防軍を立て直すことに成功した。

戦闘終結後は、オーブ連合首長国内閣府内で全世界に向けてTV中継・演説をする。ザフト軍との戦いはオーブ宇宙軍と旧クライン派の同盟軍に任せ、自らは情勢が不安定であるオーブ本国に残り、国家元首として国を纏めることを選んだ。再びアスランと離れることになった際には、メイリンに自分は一緒にはいけないからアスランの事を頼むと言い、人知れず涙を流す。戦闘中に行政府のシェルターが崩壊した事で多数の政府要人が生死不明となり、それによって行政機能が麻痺するという事態が起きていたが、生き残った者達をまとめ、オーブ復興に尽力する。

デュランダルが「デスティニー・プラン」を提唱した際には、明確な反対をいち早く表明する。同じく反対の立場を取ったスカンジナビア王国の国王と会談などを行った。

余談 編集

  • SEED』の小説版では、 養母に関しては、カガリが幼い時に死去をしたことが描写をされており、養父であるウズミまたはその周りの者たちによって育てられた様である。
  • 「2人だけの戦争」の回では、実は同じガンダムシリーズである機動戦士ガンダム 第08MS小隊にもまったく同じ名前のエピソードがある。こちらはガンダムシリーズを代表するカップル、シロー・アマダアイナ・サハリンが出会ったエピソードで、最終的に2人は敵味方の垣根を超えて恋仲となった。カガリとアスランもまた恋仲となり、アスランはカガリを守ると誓い最後の決戦に赴いた。そしてその誓いは守られ、2人はヤキン・ドゥーエの決戦を生き抜いた。アスランは続編でオーブ代表首長となったカガリのボディガードとなっている。
  • カガリが誕生した後、キラを人工子宮から取り出して、子宮違いの双子になった。後に彼女は自分が姉であると主張していたが、かなり特殊な出生であるため、実際には不明である。現在は公式に「姉弟」とされている(なおSEED DESTINYの小説版では”きょうだい”と記述をされている)。
  • 「アスハ首長家の人間という理由で、国民が盲目的に支持しているに過ぎないのでは」という声があり、事実、政治的手腕の未熟さや、感情的な発言が目立った。が、ザフトとの戦闘時ではカガリの声を聞いたオーブ軍人達が奮起する場面も見られ、支持は少なからずあったと思われる。
  • アスランとは、40話或いは45話から指輪を外している(スペシャルエディション4ではカガリが指輪を大切そうにケースに入れてしまうという描写がある)様子やファイナルプラスでは二人が気持ちを伝え合うかのような抱擁シーン(おそらく45話あたりである)が見られるが、それ以降の二人の関係性を明確に示す描写が最終話までなされていないため、一部ファンの間では「二人は未だ恋人であるか」ということついて、意見が分かれている。(45話でのアスランの「いいんだ。今はこれでいい。焦らなくていい、夢は同じだ。」という台詞があったり、カガリが指輪を捨ててしまったり返してしまったりしたわけではないので、二人はまだ愛し合ってはいるが今はお互いに優先すべきことをやるということだと主張するファンがいる。その一方で、二人が会話を交わすシーン、共に過ごすシーンなどの具体的な描写が全くみられないため、二人は破局したのだというファンもいる。しかし、いずれも推測の域を出ない。)福田己津央監督はアスランとカガリの関係について「勘違いの恋」と発言したことがある。その後、脚本家の両澤千晶によりそのコメントに関する訂正、補足とも取れる発言もでており、真相は明確となっていない。
  • DESTINY』の小説版では、メサイア攻防戦後、C.E.74年にラクス・クラインによる仲介によってプラントとの停戦協議合意時のプラント臨時評議会代表との会見では、かつての養父(ウズミ・ナラ・アスハ)を彷彿とさせる強い意志と落ちつきが垣間見れるようになっていったことが描写されている。
  • GBAソフト『友と君と戦場で。』では、彼女に関する以下のようなサブエピソードが数多く製作されている。
    • 父親のことで落ち込んでいるアスランのためにロールキャベツをご馳走して励まし、ミリアリアとは逆で見た目は問題だが味は美味しいという一風変わった料理の腕前を見せる。
    • AA内の食堂で食事をしているときに、カガリの食事の際の身のこなし方に上流階級特有の高貴さが漂っているとフレイに気づかれ、カガリの正体はお嬢様ではないかと疑われる。
    • カガリの趣味は体力作りと知ったキラの挑発(?)に対し、腕相撲勝負を挑んでコーディネーターであるキラに勝利する。
    • ドサクサに紛れてお尻を触られ、キラと共に犯人探しをする。余談だが、この事件の犯人(?)は、数日間「ロリコンスケベオヤジ」として、後ろ指を指される事になる。

主な搭乗機 編集

関連項目 編集


  
機動戦士ガンダムSEED
メディア展開 原作 - 小説 - 漫画 - ムック - ドラマCD
登場人物アークエンジェルクルー キラ・ヤマト - ナタル・バジルール - フレイ・アルスター - マリュー・ラミアス - ミリアリア・ハウ - ムウ・ラ・フラガ - アーノルド・ノイマン - カズイ・バスカーク
地球連合軍 ムルタ・アズラエル - オルガ・サブナック - クロト・ブエル - シャニ・アンドラス
ザフト軍 アスラン・ザラ - アンドリュー・バルトフェルド - イザーク・ジュール - ディアッカ・エルスマン - ニコル・アマルフィ - ミゲル・アイマン - ラウ・ル・クルーゼ - ラクス・クライン
オーブ連合首長国 カガリ・ユラ・アスハ
勢力国家 オーブ連合首長国 - 大西洋連邦 - プラント - ユーラシア連邦
軍事 地球連合 - ザフト - FAITH - 三隻同盟
企業
民間 ブルーコスモス
兵器 グングニール - サイクロプス - ジェネシス - 対MS用ホバークラフト - ミーティア - アサルトシュラウド - オールレンジ攻撃
機動兵器モビルアーマー ミストラル - メビウス・ゼロ
モビルスーツ地球連合 デュエル - バスター - ストライク - ブリッツ - イージス - カラミティ - フォビドゥン - レイダー - ストライクダガー -
ザフト ジャスティス - フリーダム - プロヴィデンス - ジン - シグー - ゲイツ - バクゥ - ザウート - グーン - ディン
オーブ M1アストレイ
航空機・戦闘機・ヘリ スピアヘッド - スカイグラスパー - アジャイル - インフェトゥス - エターナル - グゥル
艦船 アガメムノン - アークエンジェル - スペングラー - ダニロフ (機動戦士ガンダムSEED)? -ドレイク - ネルソン - ナスカ - ピートリー - ボズゴロフ - レセップス - ローラシア - イージス - イズモ - クラオミカミ - 輸送艦
車両全般 ブルドック - リニアガン・タンク - リニア自走榴弾砲 - 六輪連結装甲車 (機動戦士ガンダムSEED) - 指揮車 (機動戦士ガンダムSEED) - 電源車 (機動戦士ガンダムSEED) - 弾薬運搬トレーラー (機動戦士ガンダムSEED) - 戦闘用エレカ - 自走砲 (自走ガトリング砲) - ミサイル搭載ハーフトラック
都市・地域・施設 コペルニクス - メンデル - 軍事施設 -
技術 ミラージュコロイド - フェイズシフト装甲 - ラミネート装甲 - 強化人間
歴史 SEED - コズミック・イラの成立 - ヤキン・ドゥーエ戦役 - コーディネイターとナチュラル

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki