FANDOM


カードキャプターさくら
ジャンル 少女漫画

テンプレート:Infobox animanga/Manga テンプレート:Infobox animanga/TVAnime テンプレート:Infobox animanga/TVAnime テンプレート:Infobox animanga/Movie テンプレート:Infobox animanga/Movie

テンプレート使用方法 ノート

テンプレート:漫画カードキャプターさくら』はCLAMPによる少女漫画作品もしくは、それを原作にしたアニメゲーム魔法少女のジャンルに位置する。ファンなどからはCCさくら(または、さらに省略して"CCS")と略称される場合がある。

概要 編集

講談社の少女漫画雑誌『なかよし1996年6月号〜2000年8月号に連載された。単行本は12巻あり、全50話。通常版の他、バイリンガル版と版型の大きな新装版がある。2001年に、第32回星雲賞(コミック部門)を受賞した。

CLAMPの代表作品であり、『なかよし』の読者層に留まらず老若男女から高い支持を得ている。特にオタク・サブカルチャー層の人気は凄まじく、本作を題材にした同人誌や類似作品が多数作られ、『新世紀エヴァンゲリオン』や『ポケットモンスター』と並ぶ1990年代後半を代表する作品と称される。また、アジア・ヨーロッパ・アメリカ等でも幅広い層からの人気を誇っている。

テレビアニメは全70話で、NHKを代表するアニメ番組の一つである。NHKによるとアニメとしては過去最高額の製作費の作品である[1]

当初はNHK衛星第2での放映でマニア層に支持されていたが、1999年4月よりNHK教育テレビで放映。これにより原作が連載している「なかよし」の読者層にファンが広がった[2]

原作とアニメでは、話の展開や設定が若干異なっているものの、脚本の大半をCLAMPの大川七瀬自ら手掛けた事もあって原作ファンからも評価が高い。一般に原作者がアニメの制作に大きく関わるのは珍しいケースであるが、CLAMPは自身の作品のアニメ化には何らかの形で関わっていることが多く、それだけにチェックが厳しく制作会社もなかなか手を抜けない関係にあった。作画の質も高くセルアニメ時代の最後を飾った作品と言える。

特徴 編集

テンプレート:独自研究

従来アニメの登場人物の服装は、全編固定ないし季節に応じて夏服やコートの設定が付く程度、ヒーロー性のあるキャラの場合は、変身したり搭乗服に着替えたりはするものの、それも全編通して同じものであった。これに対し、本作の主人公・木之本桜はストーリー上違和感がない程度に異なる普段着のバリエーションがあり、魔法行使時もほぼ毎回異なる衣装(コスチューム)を着用する。これを作中では、変身能力のない魔法少女であるさくら(それ自体は珍しくない)に対し「魔法少女は可愛いコスチュームで魔法を使うもの」という持論を強要する形で大道寺知世が大量にデザイン・制作しているコスチュームを毎回押し付けられている設定として処理しており、実際のデザインはCLAMP自身によるものである。

原作、及びアニメ版の放送開始当時、さくらは小学4年生だったが、アニメでは話の進行に伴って時間も同時進行で進級し、映画版第2作目では小学6年生として設定されている(原作の最終話では中学生になったさくらと小狼も登場)。兄の桃矢も最初高校2年生の設定だったが、映画版第2作目では大学1年生として設定されている。

なお、主人公の正式名称は「木之本桜」であるが作品タイトル、漫画内での呼称、およびアニメーションのサブタイトル等では全て「さくら」表記であるため、本記事内でも実際の表記に即し、フルネーム表記以外の時は主人公の名称は「さくら」と記述する。

あらすじ 編集

主人公の木之本桜は、私立友枝小学校に通う小学4年生。この世界に解き放たれてしまった「クロウカード」(封印が解かれるとこの世に災いが訪れるという魔法のカード)を回収するため、封印の獣、ケルベロス(ケロちゃん)と一緒に「カードキャプター」となったさくらが友枝町を舞台に活躍する。


注意以降の記述でカードキャプターさくらに関する核心部分が明かされています。 [記述をスキップ]


登場人物編集

主な登場人物 編集

木之本 桜(きのもと さくら)
- 丹下桜
本作の主人公。友枝小学校に通う元気な小学4年生。好きな科目は体育と音楽。苦手な科目は算数(ただし、学年があがるにつれ徐々に克服)。「はにゃーん」「ほえ〜」(時々「はう〜」とも)などが口癖。チアリーディング部所属。4月1日生まれ(ちなみに誕生花ソメイヨシノ)。血液型はA型。
性格は明るく素直で少々天然(知世はふんわり、苺鈴はポヤヤンと表現する)なところがある。前向きな頑張り屋で「絶対だいじょうぶだよ」が『無敵の呪文』。非常に友だち思いで、他人のために涙を流すことの出来る優しさをもっている。3歳という幼い頃に母親を亡くし、父と兄との3人暮らしのため大抵の家事はこなせる。特に料理が得意で、手際のよさを周りに誉められる事が多い。ただし、編み物は苦手。寝坊して遅刻しそうになることが多い。人を疑う事を知らず、山崎の見え見えの法螺をいつも素直に信じてしまう。運動が全般に得意で、特技はバトンと外出時に愛用しているローラーブレード。幼い頃、兄の桃矢が幽霊の話をしていた為、正体が分からないものを極端に怖がるようになってしまった(ただしカードによる摩訶不思議な現象に対しては、「カードだって判っているから平気」と肝の据わった面も見せる)。エビフライや麺類(原作でも昼食が冷や麦だった時嬉しがっている描写がある)が好きでこんにゃくが嫌い。
一番の親友である知世とは3年生の時からのクラスメイト。彼女とはいわゆる又従姉妹(またいとこ・はとこ)同士、互いに6親等の関係にあるが、父と知世の母である園美が小学校の運動会で再会するまでは、木之本家と大道寺家が親類であることは知らなかった。
小狼が自分を敵視していることには当初は憂いを感じていたが、カードを封印するために協力していくと同時に次第に仲良くなった(彼と仲良くなれたことをさくらは非常に喜んでいる)。
クロウカード編では先の尖った「封印の杖」を使用していたが、月(ユエ)との戦いの時に観月の手助けもあり、「星の杖」に変化した。そして「星の杖」で最初に使ったカードはクロウカードの風(ウィンディ)である。クロウカードをさくらカードに変え始めた当初は、魔力が足りずに眠くなっていたが、カードをすべて変えた際にクロウ・リード以上の魔力を手に入れた。
父の知人の別荘に泊まりに行ったときに出会った老人と仲良くなり、洋服をプレゼントされたが、その老人が曾祖父の真嬉である事は知らなかった。後に母方の曾祖父の存在を知り、会える日が来る事を望んでいる。
元気読本(アンソロジー、出版:ふゅーじょんぷろだくと)第5巻において大川七瀬の執筆した小説に木之本桜という漫画家の主人公が登場しており、この名前から取られたものであることが分かる。
ケルベロス
声 - 久川綾(ケロちゃん) / 小野坂昌也(ケルベロス)
クロウカードの2人の守護者の1人で封印の獣、選定者。通称「ケロちゃん」だが、最初は「蛙みたいに呼ぶな!」と嫌がっていた。さくらの魔力を認めてカードキャプターに選んだ。普段は魔力が足りない為、ぬいぐるみのような小さい姿をしているが、さくらがケルベロスのシンボルである「火」「地」のカードを封印した以降は、真の姿に戻れる様になる。真の姿は翼の生えたライオンを思わせる獣。
クロウカードの入っていた本が長い間大阪にあった影響で、大阪弁で喋る。性格は非常にナルシスト。また、お菓子とたこ焼きお好み焼き(特にモダン焼き)が大好物で、本人曰く、「食い物にはいつでも真剣勝負」で要するに食いしん坊。本当は食べなくても大丈夫らしいが、「人生楽しまんとな」が信条。テレビゲームをよくやっており、同じくCLAMP原作である『エンジェリックレイヤー』のゲームを持っている。さくらの勉強机の引き出しの中で寝ている。
さくらと対面したときの開口一番は「こにゃにゃちはー」で、おもちゃと勘違いされて乾電池の入っている場所を探された。
なお、ギリシア神話の「ケルベロス (Cerberus)」とは、番犬という性質以外は共通点がほとんど無い。さらに番犬でありながらクロウカードの封印が解かれるまでおよそ30年間居眠りをしていた(但しクロウが記憶を弄った可能性あり)。クロウによって作られた存在で、『ツバサ』や『xxxHoLic』に出てくるモコナたちと面識がある。
担当声優である久川・小野坂は、ともに関西出身である。インパクトのあるキャラクターであり、『アベノ橋☆魔法商店街』には「同じマッドハウスつながりということで」パロディキャラであるヘニャ助が登場している。
大道寺 知世(だいどうじ ともよ)
声 - 岩男潤子
さくらの同級生で一番の親友。資産家の大道寺家の一人娘。コーラス部所属で、発表会などではソロで歌うこともあるほど歌が得意。9月3日生まれ。血液型はA型。
見た目はおっとりと穏やかで、母親が撫子に似せるために伸ばした長い黒髪が特徴。友達に敬語を使ったり、語尾が「〜ですわ」で終わるような丁寧な話し方をするなど典型的なお嬢様。原作での好きなテレビ番組は『はぐれ刑事純情派』だという。
歳に見合わぬ落ち着いた性格で思慮深いが、さくらがカードキャプターであることを序盤から知る事となり、さくらのカードキャプターとしての活動を演出したり記録することには偏執狂的な行動を見せる。さくらのコスチュームを手作りしたり、ビデオカメラを片手にさくらを追いかけたりする。自室には、さくらの勇姿を録ったビデオを編集する為の機材が設置されている。本格的に編集をしている様である。さくらと行動を共にする事が多い為か、クロウカードによって幽閉されるなどトラブルに巻き込まれた事も多々ある。
魔力は全く無いが、人の心理を読み取る優れた観察力の持ち主で、小狼がさくらに惹かれるのにもいち早く気付いている。さくらに対しては友人以上の感情を抱いており、本人も自覚しているが、さくらに惹かれ始めた小狼を応援したりエリオルとのさくら争奪戦(?)を喜々として見守ったりと、あくまでさくら自身の幸せを望むスタンスである。さくらとは又従姉妹の関係であるが、母とさくらの父である藤隆が友枝小学校の運動会で再会するまではそのことを知らなかった。
担当声優の岩男は、知世の「おほほ笑い」が苦手で毎回力が入ってしまうらしい。
李 小狼(リ・シャオラン)
声 - くまいもとこ
さくらの同級生。クロウ・リードとは遠戚に当たる李家の出身で、強い魔力を持つ。7月13日生まれ。血液型はO型。香港に母親と4人の姉がいる(劇場版第1作より)。
クロウカードが世に解き放たれたことを知り、回収するために香港から友枝小に転入してきた。自分にも他人にも厳しく、無口でクールな反面、重度の照れ屋ですぐ真っ赤になる。クロウカード集めに強引に割り込み、当初さくらとは敵対関係にあった。アニメでは数枚クロウカードを手に入れている。さくらがクロウカードの新しい主となった後も日本に留まり、共にクロウの気配を追う事になる。クロウカードがさくらの持ち物になった後は元々所持していた護符を使用する。
雪兎に好意を抱いていたが、後にそれは雪兎から発せられる月の魔力に惹かれるせいである事をユエに告げられる。その後、ふんわりした所のあるさくらに魅せられ、次第に恋心を抱くようになり『さくら』と呼ぶようになる。第3シリーズで何度もさくらに告白しようとしたが失敗してばかりであった。桃矢には『ガキ』、ケルベロスには『小僧』と呼ばれる。どうやらジェットコースターが苦手。さくら同様に、山崎の法螺をいつも素直に信じてしまう。食べ物についてはチョコレートと点心が好きで、さくら同様こんにゃくが嫌い。
母親は非常に強い魔力を持ち、躾にも厳しいようで、夏休みに香港の自宅に戻った際も母親が部屋に入ると姿勢を正していた。
名前のモデルは、本編中の小狼同様、格闘技の達人であるブルース・リー(李小龍)からだと思われる。なお、現実には香港人の名前は香港の事実上の共通語である広東語の発音で呼ばれることがほとんどであるが、彼の名の読み方は中国本土の共通語である普通話に準じている(苺鈴、偉望、劇場版第1作での家族も同様)。広東語読みではリー・スィウロン (Li Siulong)。また、各種メディアでのローマ字表記はなぜかShaoranと日本語的にされており(普通話ならXiaolang)、苺鈴がMeilingと普通話に従った表記をされるのと比べ不自然になっている。
木之本 桃矢(きのもと とうや)
声 - 関智一
さくらの兄で、私立星條高校の2年生。2月29日生まれ。血液型はO型。
雪兎と共に成績優秀でスポーツ万能。学校では超人気者である。バイクの購入や大学へ行くお金を貯める為に色々なアルバイトをしていて、なぜかさくら達が行く先で必ず出くわす(意図的にさくらが行き来する場所をアルバイト先に選んでいるという説もある)。さくらが可愛いので、怪獣扱いする等からかって怒らせ楽しんでいるが、実はさくらのことをとても心配している。得意料理はさくらの好物であるやきそばとオムライス。母と園美の関係を知っていた。
かなり強力な魔力の持ち主であり、そのため他人に見えないものが見える。ケルベロスの存在、雪兎や奈久留、ミラーの正体を見破っていて、さくらがカードキャプターである事にも気付いているが、さくらの邪魔にならない様にあえて知らない振りをしている。小狼との間でよく火花を飛ばす。これは小狼が桃矢の「ずっと大事にしてきた」さくらを「かっさらいやがる」ことが面白くないからである。原作ではさくらと小狼について「ずっと前からこうなることは知っていた」と言っているので、おそらく予知夢で見ていたのではないかとも思われる。上記から分かるようにシスコン。さくらカード編の途中で、存在の消えかけた雪兎(ユエ)に魔力を渡したため、霊的な感覚は失われ、それまでは簡単に察知できた気配も、察知できなくなった。
木之本 藤隆(きのもと ふじたか)
声 - 田中秀幸
さくらの父で、塔和大学で考古学を教える講師。1月3日生まれ。
穏やかで優しく何でも出来るさくら自慢のお父さん。特徴はいつも笑顔。普段から敬語で話し、自分の家族達を「くん」「さん」付けで呼ぶ。さくらはクロウカードの入った本を彼の書斎で見つけているため、元々は彼のものだったらしい。見かけによらず木之本家最強の運動能力の持ち主で、友枝小の運動会の際に参加した父兄による100m走ではスタートから(「花」のカードが降らせた花で競技どころではない状況の中)笑顔のまま1位になっている。なお、若そうに見えるが年齢は40歳を超えている。趣味はケルベロスと同じくテレビゲームとされているが、実際にテレビゲームをしているところは描かれたことは無い。原作では終盤に出生の秘密が明らかになる。
撫子とは高校の教師と生徒の関係にあった。それゆえ妻・撫子の実家である天宮家とは疎遠になっていた。特に撫子の祖父・真嬉と従姉妹の園美からは撫子を奪った存在と恨まれていた。しかし、娘のさくらが園美の娘である大道寺知世と非常に仲良くなった事をきっかけに、友枝小学校の運動会で園美と再会し、真嬉と会う機会も出来た。真嬉は曾孫のさくらの成長を見て「孫の選んだ男に間違いはなかった」と言い、今までの事を涙ながらに謝罪し和解した。
木之本 撫子(きのもと なでしこ)
声 - 皆口裕子
さくらの母。5月20日生まれ。旧姓は「天宮」。さくらが3歳の頃、27歳で亡くなったが、家族が集まる場所に常に写真が飾られており、父の藤隆が思い出話をよくしてくれるためさくらには身近な存在になっている。資産家のお嬢様でおっとりとしており、さくら以上に天然ボケなところがあった。髪の毛はウェーブがかかっていて非常に長く、モデルの仕事をしていた(そのため、上記の写真は、藤隆が集めた雑誌の切抜きであることが多い)。さくらとは違って運動神経は良くなかった。高校生の時に小鳥の雛を巣に戻そうとして木から落ちた撫子を、当時高校教師だった藤隆が受け止めたことで2人は出会い、撫子が16歳の時に結婚した。現在も的存在としてさくら達を見守っている。桜、藤、桃が好きで、「女の子が生まれたら“桜”とつける」と昔から従姉妹の園美に話していた。
月城 雪兎(つきしろ ゆきと)
声 - 緒方恵美
桃矢の同級生で親友。12月25日生まれ。血液型はAB型。秀才で運動神経も抜群だがどの運動部にも属さない。細身でおっとり優しく、やわらかい笑顔を常に欠かさない。さくらと小狼が恋心を寄せていた。体に似合わずかなり大食いで、少ないときでも桃矢の3倍は食べるらしい。これは月(ユエ)の仮の姿である為、月(ユエ)と自分(雪兎)の分を食べないと持たないからである。後には魔力の薄れから、食べても食べても保たなくなった。
月(ユエ)
声 - 緒方恵美
クロウカードの2人の守護者の1人で審判者。紫がかった銀の瞳と長い銀の髪を持った、華奢で無表情な青年の姿をしている。雪兎は眼鏡をかけているが、月はかけていない。ふだんは雪兎の中で物事を見聞きしている(しかし月のときの記憶は雪兎にはない)。月は何も食べない。無口で無愛想なため、情が薄いように見えるが深い情愛の持ち主。整った顔立ちをしている。当初はクロウへの未練からさくらを主と認めようとはしなかったが、認めた後は良き助言者となる。太陽の光を受けて輝く「月」の属性故に自ら魔力を生み出す事ができない受身な性質のため、他人の魔力を受けなければ存在を維持できない。そのせいで1度消えかけたが、それに気付いた桃矢から魔力を受け取り、回復する。
大道寺 園美(だいどうじ そのみ)
声 - 伊藤美紀
知世の母。撫子の従姉妹。旧姓は撫子と同じ「天宮」で、おそらく父方の従姉妹である。10月13日生まれ。おもちゃ会社「大道寺トイズコーポレーション」(アニメ第5話による)を経営している。高校時代は国体の選手だったらしい。撫子とは幼少時から仲が良く、単なる友情以上の感情を抱いていたため、藤隆のことは祖父の真嬉同様「撫子を奪った人物」と認識していたため再会した時は怒りをあらわにしていた。後にさくらから真嬉へのプレゼントと手紙、真嬉からさくらへのプレゼントをそれぞれ本人に代って届けた。さくらに撫子の面影を見出している。
天宮 真嬉(あまみや まさき)
声 - 阪脩
撫子と園美の祖父(さくらと知世の曾祖父)。雨宮コーポレーション会長。11月1日生まれ。撫子を奪った藤隆を恨んでいたが、素性を隠してさくらと会い、撫子の娘が父親思いの優しい子に育っているのを見て、藤隆と和解する。なお、園美と真嬉はアニメ北米版には登場しない。
佐々木 利佳(ささき りか)
声 - 川上とも子
さくらの同級生。寺田先生と恋仲(アニメでは父親への憧憬のような感情)のため大人びた雰囲気がある。落ち着いた性格で、さくらの良き相談相手である。「剣」のカードに操られた事もある。血液型はA型。6月24日生まれ。
柳沢 奈緒子(やなぎさわ なおこ)
声 - 本井えみ
さくらの同級生。いわゆる眼鏡っ娘。読書家で、特に怪談話都市伝説などの怪しい話が大好き。さくらは怪談が苦手なので、そういった類の話題ではいつも怖がっている。チアリーディング部所属。血液型はAB型。10月11日生まれ。
三原 千春(みはら ちはる)
声 - 松本美和
さくらの同級生。山崎とは幼馴染で恋仲、かつツッコミ役。チアリーディング部所属。血液型はO型。5月28日生まれ。
山崎 貴史(やまざき たかし)
声 - 宮崎一成
さくらの同級生。千春とは幼馴染で恋仲。クラス委員で賢く頼りになるが、主に物事の由来についてトリビア風のもっともらしい法螺を吹く悪癖があり、周りをしょっちゅう煙に巻いている。特にエリオルの登場後はタッグを組んで法螺を吹くようになり、こうなると千春でも突っ込めなくなる。普通は細目(閉じてるに等しいほど)だが、何らかの条件(足を踏まれるなど)によって目が開くことがある。すあまが大好物。血液型はAB型。6月1日生まれ。
名前のモデルは原作者たちの友人であり映画監督の山崎貴
李 苺鈴(リ・メイリン)
声 - 野上ゆかな
アニメ版オリジナルキャラクター。さくらの同級生で小狼の従妹。長い髪を2つのお団子にし、その毛先を垂らしている。最初の頃は小狼の事等でさくらに反感を持っていたが、さくらの性格のためか、小狼と同じく、次第に仲良くなった。気が強く、憎まれ口をたたいたりもするが、根は優しい少女。料理で失敗したりするなど、少しおっちょこちょいなところがある。小狼の婚約者という事であったが、後に小狼がさくらに好意を抱き始めた事を知ったため、婚約を解消した。李家の者としては珍しく魔力をまったく持っていない。その代わり体術に秀でており、中国拳法の達人。ケルベロスに小娘呼ばわりされる。3月25日生まれ。血液型はB型。
観月 歌帆(みづき かほ)
声 - 篠原恵美
月峰神社の宮司の娘で、教師として友枝小に赴任してくる。時々巫女装束で登場。弓道も習っている。アニメ2期ではさくらたちのクラス担任。やはりクロウ・リードの遠戚に当たり予知能力を持つ。神秘的な雰囲気かつ極めて穏やかで美しい女性だが、原作では意外なところで間が抜けており、方向音痴で料理は全く出来ないらしい。クロウ・リードが遺した「月の鈴」を操ることができ、さくらの杖を「星の杖」へ変化させる手助けをする。大学生の頃、教育実習先で当時中学生だった桃矢と出会い、しばらく交際していた。2月11日生まれ。
また、彼女が言う「この世に偶然なんてない、あるのは必然だけ」という台詞は、『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』に登場する侑子も言っている。
寺田 良幸(てらだ よしゆき)
声 - 古澤徹 / 小西克幸
原作及びアニメ1・3期でのさくらたちのクラス担任。原作では利佳と両想いであり、婚約指輪まで贈っている。
知世のボディガードたち
全員サングラスに黒のスーツ姿の若い女性。さくらのコスチューム(知世謹製)を積んだ車を運転してくることもあるが、さくらが魔法を使う時には決して姿を見せない。
松本 真樹(まつもと まき)
声 - 三石琴乃
雑貨屋「ツイン・ベル」のオーナー。アニメ版オリジナルキャラクター。さくらたちもしばしば彼女の店を利用するが、商品の中にクロウカードが紛れ込んでいた事もある。
偉 望(ウェイ・ワン)
声 - 清川元夢
小狼と共に来日した李家の執事。アニメ版オリジナルキャラクター。古風な眼鏡をかけた体格のいい老人で、時々さりげなく小狼や苺鈴を諭すようなことを口にする。
柊沢 エリオル(ひいらぎざわ エリオル)
声 - 佐々木望
さくらの同級生。5年生の2学期にイギリスから友枝小に転入してきた。クロウ・リードの生まれ変わり。柔和な少年だが時折不穏な雰囲気を漂わせる一方、山崎と一緒になって法螺を吹くような悪戯好きな一面もある。正体を隠し、さくらの周囲で度々不思議な事件を起こすが、その真意は…。血液型はAB型。3月23日生まれ。
スピネル・サン(Spinel Sun)
声 - 冬馬由美(仮の姿) / 小西克幸(真の姿)
エリオルによって創られたエリオルの従者。通常時は黒猫、本当の姿では黒豹の体に蝶の羽を持つ。その尻尾は、先端近くで3度ほど螺旋を描いている。愛称はスッピー(ただし奈久留が勝手に呼んでいるだけで、本人は嫌がっている)。劇場版『封印されたカード』ではテレビゲームにおいてケルベロスのライバルであることが示唆されている。普段はクールな言動だが、アニメでは甘い物を食べると酔っ払い見境が無くなる。口からビームのような赤い光線(CLAMP IN WONDERLAND 2 では青)を出すことができる。
ルビー・ムーン/秋月 奈久留(Ruby Moon / あきづき なくる)
声 - 柚木涼香
エリオルによって創られたエリオルの従者。人の体に蝶の羽を持つ。エリオルと同時に桃矢、雪兎の同級生として星條高校に転入し、秋月奈久留と名乗った。桃矢の魔力に惹かれ、雪兎(月)をライバル視している。外見は美少女で、その方が好きという理由で女性服を着ているが、スピネルに言わせれば「あなたは男子の服を着るべき」なのだそうだ。雪兎(月)と違い、仮の姿と真の姿で同じ心と記憶を持つ。血液型はAB型。10月13日生まれ。
名前のモデルは原作者たちの友人であり講談社社員の山谷奈久留。なお、彼女の名前の由来はケニアナクル湖
クロウ・リード(Clow Reed)
声 - 林一夫
全ての元凶であるクロウカードを創った魔術師占い師。大分前に寿命で亡くなった。悪戯好きで変わった性格だった様子。名前はトートの書を著したアレイスター・クロウリーのもじりと思われる。
尚、彼は『XXXHOLiC』にもメインキャラクターの一人である魔術師、侑子と親交のあった魔術師として登場している。侑子とお互いの力を認めあっており、共同で2体のモコナ=ソエル=モドキ・モコナ=ラーグ=モドキつまりソエルとラーグを作った。詳しくはXXXHOLiCツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-の異世界 日本を参照。
ミラー(鏡)
クロウカードの一つで「鏡」のカード。姿を映すが如く任意の人や物に変身する能力を持つ(ただし劇中では人に変身したのはさくらのみ)。本来は長い髪に着物を纏い、丸い鏡を手にした巫女のような少女の姿。特殊カードであるために魔法は通用せず、名前を言い当てないと封印できなかった。さくらに化けて店先の商品を崩すなど悪戯を働くが、桃矢の優しさに触れて改心し、自分が「鏡」のカードである事をさくらに示唆して封印される。その後は主にさくらが事件解決に出ている間の影武者を務める。桃矢に思いを寄せている。数少ない人語を喋る事ができるカードのため(この他に話すシーンがあるカードは「闇」「光」「無」。しかし、他のカードも「うん」や「あ!」などの短い言葉や、声を立てて笑うことなどはできる)、アニメ版ではカード達を代表してさくらにお礼を言うシーンがある。桃矢にリボンを貰いカードの絵にリボンがプラスされた。

ゲストキャラクター 編集

橘 優希(たちばな ゆうき)
声 - 川田妙子
アニメ版第7話のゲストキャラ。画家だった亡父が自分を描いた絵を誰かが描き変えたと思い、元通りにしようと美術館へ侵入した所、その絵に取り付いていたクロウカードを捕まえに来たさくらとたちと出会う。
中川 容子(なかがわ ようこ)
声 - 氷上恭子
アニメ版第14話のゲストキャラ。星條高校演劇部部長。学園祭の劇『シンデレラ』で桃矢と共演する(彼女が王子で桃矢がシンデレラ)。桃矢に告白するも玉砕。
あかね
声 - 荒木香恵
アニメ版第15話のゲストキャラ。母親が働いているため、1人でおるすばんしている女の子。さくらとケンカして野宿していたケルベロスを猫と勘違いして持ち帰り、ケルベロスが「ちゃう」(違う)を連呼したため「チャウちゃん」と名付けた。
立花 玲(たちばな れい)
声 - 今井由香
アニメ版第30話のゲストキャラ。友枝小の陸上部員。怪我をして庭に迷い込んだ小動物(実はクロウカードの1つである「駆」のカード)を助けた時から、急に記録が伸び始めた。

クロウカード・さくらカード 編集

クロウカード 編集

クロウカードは、クロウ・リードが創った、封印が解かれるとこの世に災いが起こるとされる魔法のカードである。カード1枚1枚が生きていて、それぞれに「名前」「姿」「魔力」がある。なお、カードの名前は全て英語で表されている。性格が多彩であり、戦いを好まないものから好戦的なもの、頭の良し悪しなどもある。クロウ・リードによって本の中に封じ込まれていた。カードに名前を書けば、その名前の人以外の言う事は聞かない。クロウは占い師でもあった為、ある程度の枚数があれば占いも出来る。原作では、全部で19枚ということになっている。

アニメで「星の杖」でクロウカードを使ったシーンでは、属性が異なる(クロウカードは「闇」属性)ため、正常に発動しなかった。

劇場版第2作では、52枚(名前のないカードを含めれば53枚)はプラスの力を持ち、「無」のカードはその力を相殺するだけのマイナスの力を持つ事が明かされた。「無」のカードは封印されていたが、エリオルの家(クロウの家)が解体されたことにより、封印が解けてしまった。

さくらカード 編集

上記のクロウカードを、さくらが自らの魔力で創り変えたものがさくらカードである。

クロウカードの活動の源がクロウ・リードがカードに込めた魔力であるのに対して、さくらカードの活動の源はさくら自身の魔力である。またその性質上、クロウカードから変わっていないカードは一時は魔力が足りなくて危険な状態にあったが、最終的にはすべてのカードがさくらカードに創り変えられている。カードを創り変える事は新たな魔法を創造することと同義であり、カードの力に見合うだけの魔力が必要となる。そのため、魔力が少ない段階では、カードを変えるたび強い眠気に襲われていた(初めてカードを変えた翌日は、午後3時まで寝ていた)。特に、タイムとリターンのカードをさくらカードに変えるには、李も心配するほど魔力が必要。またライトとダークは最も強力なカードである上に、2枚同時でなければさくらカードに変えることができないため、月とケルベロスの助力も必要だった。

ほとんどのカードの性質は基本的にクロウカードから変わっていないが、前述の魔法を創造するという面によりさくらカードに創り変える際にその性質を変えることも可能(これにより「翔」のカードが、杖の羽飾りが大きくなって飛ぶスタイルから術者の背中に羽が生えるスタイルに変わっている)。

このようにして、さくらは段階的に強い魔力に目覚めるように仕組まれていた。

なお、アニメではカードの絵柄も性質同様、基本的に大きな変化がないものが殆どである。しかし原作では「盾」「剣」のように、クロウカード時から大きく絵柄が変化したカードも存在する。また、原作のさくらカードの絵柄には総じて"星"が何らかの形で入っているのが特徴と言える。

カードの種類 編集

原作・アニメ共に登場 編集

※順番は左から原作で封印された順に準ずる。

  • ウインディ(THE WINDY)「風」
    • カードがばらばらになった(本のページの一番上に収まっており、さくらがカードの名を読んだだため魔法が発動した)時、さくらの手元に唯一残っていたカード。優しい性格で、風を使って相手を包み込む。四大元素カードのひとつで「月」の属性カード。
  • ウッド(THE WOOD)「樹」
    • 優しい性格で、さくらが封印をしなくても自分からカードへ戻った。「月」の属性カード。
  • ジャンプ(THE JUMP)「跳」
    • 目つきの悪いピンク色のモコナのような姿で、好戦的だが頭は悪い。原作開始時点でさくらが最初に封印したカード(アニメでは「翔」よりも後になる)。
  • フライ(THE FLY)「翔」
    • 大きな鳥の姿をしており、杖の先(さくらカードへの変化後は背中)に翼を生やし飛行能力を付加する。さくらがはじめて見た予知夢で、怪我をしていたことが判明する。
  • ウォーティ(THE WATERY)「水」
    • 気性が荒く攻撃的で、封印前は主に水中で危害を加えている。また「水」にまつわるカード(例:「雨」)の力を逆に利用することができるが凍らされると弱い。「月」の属性を持つ四大元素カードのひとつ。
  • イリュージョン(THE ILLUSION)「幻」
    • 相手が強く思う者や場面の幻を見せる。さくらに対しては撫子の姿を見せた。
  • フラワー(THE FLOWER)「花」
    • 様々な種類の花を出現させる。祭りと踊りが好きで、運動会ではさくらと一緒に踊った。ケルベロス曰く「クロウの気まぐれな性格」から創られたカードらしい。
  • ソード(THE SWORD)「剣」
    • 使用者を剣術の達人にするが、その意識を支配する事もある。使い手の思い次第で峰打ちから岩まで何でも切ることができる。
  • サンダー(THE THUNDER)「雷」
    • 本来は猛獣(雷獣)のような姿。原作では「影」のカードを封印する時に使用されたが、アニメでは逆に「影」のカードを使って封印された。
  • シャドウ(THE SHADOW)「影」
    • 机や椅子を勝手に動かし攻撃する。名前の通り光に弱く、原作では「雷」を使い、アニメでは学校のライトで本体を見つけ出した。影である為、大きさの変化がある程度自由で、固定型を持たない物(霧など)を包み込み動きを封じることを得意とする。全カードの中でもかなり素早く、また影であるため触れることがなかなか難しいことなどからかケルベロス曰く「クロウも扱いに苦労した」らしい。ただし「剣」を使えば触れるようになっている。
  • ミラー(THE MIRROR)「鏡」
  • シールド(THE SHIELD)「盾」
    • 大切なものを守る習性がある。「剣」によってその効果を無効化することが可能。ほとんどのカード及び魔力からの防御が可能。
  • メイズ(THE MAZE)「迷」
    • 神社に入ってきた人を迷路に迷わせる。「剣」や「翔」のカードを無効化し、さらには複雑な迷路に変えてしまう。観月の鈴で迷路の壁を破壊して出られた。
  • イレイズ(THE ERASE)「消」
    • 物体や記憶を"消す"能力を有する。能力を使用している間は無防備。
  • グロウ(THE GLOW)「灯」
    • 蛍のような光を出しているが、小狼が気配を察知できなかったほど微弱。
  • ライト(THE LIGHT)「光」
    • カードの解放後、さくらの心の中に存在し、すべてが闇に包まれても、さくらだけは光を失わずにすんだ。あきらめない心が呼び寄せたカード。「闇」とは双子の姉妹のような関係。ケルベロスの第一配下カードで、「太陽」の属性カード。
  • ダーク(THE DARK)「闇」
    • 劇の最中にさくらを闇に包ませた。特殊カードであり、「光」と同時でないと封印することが出来ない。ユエの第一配下カードであり、「月」の属性カード。
  • ファイアリー(THE FIREY)「火」
    • 攻撃力はほぼ同等ながら、気性の荒さと攻撃的な性格は「水」のそれを上回る。四大元素カードのひとつで、「太陽」に属するカードの為、ケルベロスが本当の姿になるには必ず必要。「風」「水」のカードを同時に使い、動きを止めて封印した。
  • アーシー(THE EARTHY)「地」
    • 原作、アニメ共に最後に登場したカードで、巨大な土の龍の姿となって実体化。五行相克の関係上、「樹」に弱いという弱点を持つ。四大元素カードのひとつで、「火」のカード同様ケルベロスの「太陽」属性カード。

原作初期の雑誌掲載時「樹」はウッディ(THE WOODY)、「跳」はジャンピング(THE JUMPING)とされていたが、以後それぞれウッド、ジャンプに変更された。 なお、ファイアリー(THE FIREY)の綴りは、発音上FIERYとする方が正確である。また、ウォーティ(THE WATERY)は本来「ウォータリー」と発音するのが正しい。

アニメ版にのみ登場 編集

  • タイム(THE TIME)「時」
    • 時間を24時間前に戻し、自己防衛の時は巻き戻しやスロー、早送りをする。時間を一時的に止めるためによく使用される。眠のカードの一時的な代用品としてもつかわれる。小狼が最初に手に入れたカード。魔力の消費が激しい。
  • リターン(THE RETURN)「戻」
    • 1人のみ過去へ飛ばす。時のカードで過去に飛ばされたさくらを助けた。小狼の3枚目のカード。時のカード同様魔力の消費が激しく、発動させるのにそれなりの条件がある。
  • ミスト(THE MIST)「霧」
    • 物を腐食させる。「影」のカードで封印した。
  • スノウ(THE SNOW)「雪」
    • 1メートル以上の雪を降らし、吹雪を起こした。そのせいでさくらは雪兎から貰った腕時計をなくし、その怒りで「火」のカードを使って雪を溶かし、封印した。
  • サンド(THE SAND)「砂」
    • さくらと小狼が劇の練習しているときに砂地獄を起こし襲ってきた。「水」と「凍」のカードで動きを止めて封印した。小狼が「雲」のカードと交換する形でさくらに貰い、7枚目のカードとなった。
  • ファイト(THE FIGHT)「闘」
    • 強い者との決闘を好むカードで、格闘家を闇討ちしたためニュースになってしまった。最初は苺鈴と戦っていたが、カードである為疲れを知らず、ピンチになった苺鈴を助ける為、さくらが力の塊である「力」のカードで注意をひき、勝負に勝って封印した。
  • ドリーム(THE DREAM)「夢」
    • 対象者に夢を見させるが、知世と小狼は願望だけで、さくらは予知として見せた。小狼が「時」のカードで止めて封印した。小狼の6枚目のカード(実質7枚目)。
  • サイレント(THE SILENT)「静」
    • 美術館の絵に勝手に住み着き、五月蝿いのが嫌い。さらにかなり敏感に反応し、ささいな音でも嫌う。「影」のカードで封印。
  • ソング(THE SONG)「歌」
    • 知世の歌が上手かったためにコピーしたが、本人がまだ練習中のためカードも夜な夜な練習をした。
  • スルー(THE THROUGH)「抜」
    • 物体を通り抜けることができる。
  • ビッグ(THE BIG)「大」
    • 対象物を巨大化させる。小狼は巨大猫によって足止めされたためさくらが封印した。
  • リトル(THE LITTLE)「小」
    • カード自身も小さく、触れた相手のサイズと魔力を小さくさせる。戻るにはもう1度触れること。
  • ツイン(THE TWIN)「双」
    • あらゆるものを2つにしてしまう。小狼と苺鈴の連携によって封印。小狼の8枚目のカード。
  • ストーム(THE STORM)「嵐」
    • 竜巻を起こす。小狼が竜巻の中心に攻撃して封印した。小狼2枚目のカード。
  • クラウド(THE CLOUD)「雲」
    • 姿がレインに似ているカード。さくらが風邪を引いたため小狼が封印したのだが、その後さくらにカードを渡した。
  • レイン(THE RAIN)「雨」
    • いたずら好きで、たまたま居合わせた「樹」の成長を早めた。
  • バブル(THE BUBBLES)「泡」
    • 泡を立てる。クロウがケルベロスを洗うために作ったらしい。クロウは、これで食器も洗っていた。
  • スイート(THE SWEET)「甘」
    • 食べ物を見ると何でも甘くしたがる。塩をかけて封印した。クロウの生活観が反映されたようなカード。
  • パワー(THE POWER)「力」
    • かわいいけど力持ち。透明になることができる。封印するには力比べをして勝たなければ(正確には負けを自覚させること)ならない。
  • アロー(THE ARROW)「矢」
    • 複数の矢を一斉に飛ばす、攻撃カード。
  • ショット(THE SHOT)「撃」
    • 「撃つ」または「狙う」と言うと発動する攻撃カード。鏡で弾を跳ね返して封印した。
  • ヴォイス(THE VOICE)「声」
    • ハーピーのような姿で、「歌」のカードとは違い知世の声を奪った。「歌」のカードでおびき出して封印した。
  • スリープ(THE SLEEP)「眠」
    • 手当たりしだいに粉を撒き散らし眠らせる。風のカードで捕獲するも藤隆のパソコンを壊してしまう(ただし、藤隆自身は頭の中に論文の内容をすべて覚えている)。作中、魔法の存在を隠すためかなりの回数使われた。
  • フリーズ(THE FREEZE)「凍」
    • 巨大な魚のような姿でスケート場に現れた。魔力を持ってないものを凍らせ、小狼の作戦で封印した。小狼5枚目のカード。
  • チェンジ(THE CHANGE)「替」
    • カメレオンの姿で同時に触れたものの魂を入れ替える。戻すには翌日に入れ替わったもの同士が抱き合うこと。さくらがカードをもらった。
  • ダッシュ(THE DASH)「駆」
    • 短距離走が得意なカードで、さくらとの交戦中に怪我をし、逃げ込んだ玲の家で療養し、ピューイと呼ばれ可愛がってもらった。完治した頃に小狼が見つけ、封印した。小狼4枚目のカード。さくらカード編ではさくらが他のカード数枚と一緒にさくらカードに変えようとして「駆」のみ失敗したため、桃矢の自転車にとりついて暴走した。
  • ウェイブ(THE WAVE)「波」
    • 波を起こすことができる。
  • ループ(THE LOOP)「輪」
    • 次元をつなぎあわせ、無限ループさせる。「剣」でつなぎ目を斬れば封印できる。
  • クリエイト(THE CREATE)「創」
    • 本に書かれたものが実体化し、ドラゴンが街を破壊しないようにさくらが「大」のカードで巨大化して止めた。閉じれば効果がなくなり封印できる(ただし、消える前に封印しなければならない)。
  • フロート(THE FLOAT)「浮」
    • ものを浮かす能力で、「翔」のカードとは違い静かに飛ぶ。そのため何のカードか分からないときに近づくのに便利。雪の上に立つ事も可能になる。
  • ロック(THE LOCK)「錠」
    • 鍵のある場所を施錠する効果を持つ。元の鍵でも開ける事は不可能だが、魔法の鍵で開錠に成功した。
  • ムーブ(THE MOVE)「移」
    • いたずら好きで、物を動かせるのは軽いもの、生きていないものだけ。
  • ライブラ(THE LIBRA)「秤」
    • 嘘をついているか分かるカード。
  • (名前のないカード)
    • ハートのマークとそれを包み込む2枚の羽の絵が描かれており、「心」または「愛」(CLAMP的表現では「想い」か)の象徴と解釈される。

このうち「抜」「矢」「波」「秤」「泡」のカードは第1期と第2期の間に捕獲されたことになっているカードで、「矢」については劇場版第1作で描かれたが、他のカードは実際に捕獲されたところが描かれていない。但し「抜」「泡」は第3期で使用されていたり(「抜」は名前のみ)、劇場版第2作において、知世のビデオに残っていた映像として「泡」の捕獲シーンの一部と思われる場面が登場していたりする。

劇場版第2作登場 編集

  • ナッシング(THE NOTHING)「無」
  • ホープ(THE HOPE)「希望」(= ナッシング(THE NOTHING)「無」+ 名前のないカード)

テンプレート:ネタバレ終了

アニメ 編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

第1期
オープニング「Catch You Catch Me
作詞/作曲:広瀬香美、編曲:本間昭光/広瀬香美、歌:グミ
エンディング「Groovy!」
作詞/作曲:広瀬香美、編曲:本間昭光/広瀬香美、歌:広瀬香美
第2期
オープニング「扉をあけて」
作詞:きくこ、作曲:広瀬香美、編曲:亀田誠治、歌:ANZA
エンディング「Honey」
作詞/作曲/編曲/歌:chihiro
第3期
オープニング「プラチナ
作詞:岩里祐穂、作曲/編曲:菅野よう子、歌:坂本真綾
エンディング「FRUITS CANDY」
作詞:横山武、作曲:上田晃司、編曲:保刈久明、歌:こじまめぐみ(声優の小島めぐみとは別人)

サブタイトル一覧 編集

クロウカード編 編集

第1期
さくらたちは小学4年生の1学期 - 2学期。
話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督登場カード
1さくらと不思議な魔法の本大川七瀬浅香守生高橋久美子ウインディ、フライ
2さくらのすてきなお友達小島正幸中野頼道郷敏治シャドウ
3さくらのドキドキ初デート片渕須直君塚勝教ウォーティ
4さくらのくたくた日曜日金子二郎中西伸彰北尾勝・嶋津郁雄ウッド、レイン
5さくらとパンダとかわいいお店石井博士神戸守古賀誠ジャンプ
6さくらとおかあさんの思い出大川七瀬坂田純一さかいあきお郷敏治イリュージョン
7さくらの怪盗初挑戦!?金子二郎中西伸彰水野和則藤田まり子サイレント
8さくらのライバル、登場!大川七瀬片渕須直桜井邦彦サンダー
9さくらとふしぎなブローチ神戸守古賀誠ソード
10さくらと花の運動会石井博士まついひとゆきさかいあきお郷敏治フラワー
11さくらと知世と大きなお家大川七瀬坂田純一君塚勝教シールド
12さくらの終わらない一日金子二郎神戸守古賀誠タイム
13さくらとゾウの力くらべ大川七瀬水野和則桜井邦彦パワー
14さくらと桃矢とシンデレラさかいあきお藪下昌二郷敏治ミスト
15さくらとケロの大げんか金子二郎片渕須直北尾勝ストーム、フロート
16さくらと思い出の虹大川七瀬神戸守古賀誠レイン
17さくらのこわーいきもだめし寺東克己安藤健藤田まり子イレイズ
18さくらと雪兎と夏祭り藪下昌二高橋久美子グロウ
19さくらと夏休みの宿題金子二郎神戸守古賀誠ムーブ
20さくらとたたかう転校生大川七瀬坂田純一桜井邦彦ファイト
21さくらのながーいマラソン大会金子二郎神戸守古賀誠ループ
22さくらとやさしいお父さん石井博士佐藤雄三水野和則北尾勝スリープ
23さくらと知世とすてきな歌大川七瀬浅香守生まついひとゆき桜井邦彦ソング
24さくらの小さな大冒険大川七瀬
金子二郎
寺東克己真野玲藤田まり子リトル
25さくらともう一人のさくら小川智子神戸守古賀誠ミラー
26さくらとすてきな先生大久保智康坂田純一水野和則君塚勝教メイズ
27さくらと思い出の神社大川七瀬まついひとゆき北尾勝リターン
28さくらとおまじないカード小川智子神戸守古賀誠ショット
29さくらのあまーいクッキング寺東克己真野玲藤田まり子スイート
30さくらとケガをしたカード金子二郎神戸守古賀誠ダッシュ
31さくらと名前のない本大川七瀬坂田純一水野和則桜井邦彦ビッグ・クリエイト
32さくらとケロと小狼と大久保智康まついひとゆき北尾勝チェンジ
33さくらのさむーいアイススケート小川智子神戸守古賀誠フリーズ
34さくらと雪兎と昼の月大川七瀬平塚住雄真野玲藤田まり子-
35さくらのすてきなクリスマス水野和則君塚勝教ファイアリー
第2期
さくらたちは小学5年生の1学期。
話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督登場カード
36さくらと雪の新学期大川七瀬寺東克己真野玲君塚勝教スノウ
37さくらと消えた知世の声神戸守古賀誠ヴォイス
38さくらの楽しいいちご狩り大久保智康寺東克己まついひとゆき藤田まり子ロック
39さくらのふらふら熱曜日大川七瀬坂田純一三家本泰美武内啓クラウド
40さくらと夢の中のさくら高柳滋仁長谷部敦志ドリーム
41さくらと小狼と砂の海神戸守北尾勝サンド
42さくらのまっくら学芸会坂田純一真野玲君塚勝教ライト、ダーク
43さくらのさよなら苺鈴西村聡高瀬節夫藤田まり子ツイン
44さくらとケロと不思議な先生神戸守北尾勝-
45さくらと最後のクロウカード冨永恒雄山口頼房君塚勝教アーシー
46さくらと最後の審判坂田純一真野玲-

さくらカード編 編集

第3期
さくらたちは小学5年生の2学期 - 3学期。
話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
47さくらと不思議な転校生大川七瀬浅香守生高柳滋仁北尾勝
48さくらとめざめた星の鍵まついひとゆき神戸守君塚勝教
49さくらとキケンなピアノ三笠修藤田まり子
50さくらと小狼とみえない糸寺東克己ながはまのりひこ岩井優器
51さくらと大きなぬいぐるみ坂田純一水野和則桜井邦彦
52さくらのひつじ注意報?!まついひとゆき政木伸一藤田まり子
53さくらとパニック自転車政木伸一高瀬節夫長谷部敦志
54さくらと思い出カレンダー蛟イチロー佐伯昭志高村和宏
55さくらと不思議の国のさくら寺東克己ながはまのりひこ君塚勝教
56さくらとケロのお菓子な出会い??阿蒜晃志山口頼房北尾勝
57さくらと小狼とエレベーター高柳滋仁濱田邦彦
58さくらと二人の大ピンチ寺東克己はしもとなおと中原清隆
59さくらと知世とボールの罠坂田純一田中洋之藤田まり子
60さくらと大切なお友達水野和則長谷部敦志
61さくらとカードとプレゼント蛟イチロー真野玲竹田欣弘
62さくらと不思議なおみくじ山口頼房君塚勝教
63さくらとプールと大きな波松尾衡はしもとなおと中原清隆
64さくらと吹雪のスキー教室尾藤悠紀高柳滋仁春日井浩之
65さくらと雪兎と消えゆく力坂田純一田中洋之藤田まり子
66さくらの一番好きな人佐藤雄三八谷賢一阿部恒
67さくらと小狼と月峰神社北尾勝はしもとなおと中原清隆
68さくらと過去とクロウ・リード高柳滋仁濱田邦彦
69さくらと現れたクロウ・リード坂田純一浅香守生高橋久美子
70さくらと本当の想い浅香守生田中洋之藤田まり子

映画 編集

劇場版カードキャプターさくら 編集

観客動員数は50万人以上を記録[3]。第4回アニメーション神戸作品賞劇場部門受賞

1999年8月公開。第1期と第2期の間のストーリーで、さくらたちは小学4年生の冬休み。

  • 原作:CLAMP
  • 監督:浅香守生
  • キャラクターデザイン:高橋久美子
  • 脚本:大川七瀬
  • ゲストキャラクターデザイン/コスチュームデザイン:CLAMP
  • 美術監督:針生勝文
  • 撮影監督:白井久男
  • 音楽:根岸貴幸
  • 音響監督:三間雅文
  • アニメーション制作:マッドハウス
  • 制作:バンダイビジュアル、シェルティ、マッドハウス
  • 主題歌:遠いこの街で
    • 作詞/作曲:皆谷尚美、編曲:鳥山雄司、歌:皆谷尚美
  • VHSLDDVD(バンダイビジュアル)

※DVDは、劇場版3作を全てHDリマスターバージョンとして収録したものも、2007年に発売されている。

登場人物・声の出演 編集
あらすじ 編集

さくら達は冬休み。何も予定が無いさくらと知世だったが、雑貨屋ツイン・ベルで行われたくじ引きでさくらは特等の香港旅行を当てる。都合の悪い父の藤隆の代わりに雪兎を誘い、桃矢、知世と共にさくらは香港へ旅立つ。

香港が故郷である小狼と苺鈴と再会したさくらは喜ぶが、謎の魔道士の夢を見るようになり…。

同時上映 編集

CLOVER

劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード 編集

第5回アニメーション神戸作品賞劇場部門受賞

2000年7月公開。アニメの最終回からその後のストーリーで、さくらたちは小学6年生の夏休み。この作品の真の完結編。

  • 原作:CLAMP
  • 監督:浅香守生
  • 脚本:大川七瀬
  • ゲストキャラクターデザイン原案/コスチュームデザイン:CLAMP(もこなあぱぱ)
  • 総作画監督:阿部恒
  • 美術監督:池田祐二(スタジオワイエス
  • 撮影監督:白井久男
  • 音響監督:三間雅文
  • 音響制作:テクノサウンド
  • 色彩設定:勝沼まどか
  • 編集:尾形治敏
  • 音楽:根岸貴幸
  • アニメーション制作:マッドハウス
  • 制作:講談社、松竹、バンダイビジュアル、シェルティ、マッドハウス
  • 主題歌:明日へのメロディー
  • VHSLDDVD(バンダイビジュアル、レンタル版VHSは松竹ホームビデオ
登場人物・声の出演 編集
あらすじ 編集

小学6年生になったさくらは、まだ小狼の告白への返事をできずにいた。そんな時、エリオルの家の跡地に建てられた友枝遊園地で、ばったり小狼と苺鈴に遭遇。

喜ぶさくらたちだが、町では町の中にあるものが次々に消えていくという奇妙な現象が起こっていた。そしてその現象はさくらたちの下にも及び、さくらの持つさくらカードが次々に消え始める。それは、名前のないクロウカード=無のカードの仕業だった。異変を止めようとするさくらだったが、相談したエリオルから無のカードを封印するには「大切な人への想い」を代価にしなければならないと聞かされる。動揺するさくらだが、無のカードは刻々と威力を発揮し始めていた。

果たしてさくらはカードを封印し、小狼への本当の想いを伝えることができるのか…?

同時上映 編集

劇場版『ケロちゃんにおまかせ!』

  • 監督:小島正幸
  • 構成:浅香守生
  • 脚本:大川七瀬
  • 主題歌:「おかしのうた」
    • 作詞:久川綾、作曲/編曲:根岸貴幸、歌:ケロ & スッピー(久川綾&冬馬由美
あらすじ
エリオルと一緒にさくらの家に来たスッピー。ケロとの雑談中に、さくらがたこ焼きを二人のおやつとして持ってくる。最初は戸惑いもあったスッピーだが、その美味しさに大喜び。しかし最後の1個をめぐりケロと対立。友枝町で起きた小さなバトルの結末は…。

OVA 編集

LDVTDVDなどの購入特典として収録されている短編アニメ。

  • すてきですわ、さくらちゃん! 知世のカードキャプターさくら活躍ビデオ日記!
  • (同上)2!
  • (同上)スペシャル!

書籍・CD・ゲーム 編集

単行本編集

新装版

イラスト集編集

CD編集

  • 講談社CDコミック カードキャプターさくら
    • アニメ版制作が決まっていながら放映未定となっていた時期に制作されており、アニメ版のプレビュー的要素が大きい。大川七瀬脚本・根岸貴幸音楽でキャストもアニメ版と同じ。後にアニメ版23話としてリメイクされている。
  • オリジナル・サウンドトラック(計4枚)
  • 主題歌シングルCD(計8枚)
  • Character Single(計6枚)
  • オリジナルドラマアルバム(計2枚)
  • キャラクターソングブック
  • 友枝小学校コーラス部 クリスマス・コンサート
  • 劇場版 オリジナル・サウンドトラック(計2枚)
  • コンプリート・ボーカル・コレクション(4枚組)
  • 主題歌コレクション

ゲーム編集

  • 『カードキャプターさくら 〜いつもさくらちゃんといっしょ〜』(ゲームボーイエム・ティー・オー
  • 『アニメチックストーリーゲーム1 カードキャプターさくら』(プレイステーションアリカ
    • 第一期前半に相当するストーリーをゲーム化したもの。2枚組。アニメとは若干進行が異なるが、アニメと同じ声優による全編フルボイス、オリジナルを忠実に再現したグラフィックや音楽、アニメ本編の映像の一部が流れる等の理由で今でも人気が高い。
  • 『カードキャプターさくら 〜さくらとふしぎなクロウカード〜』(ワンダースワンバンダイ
    • クロウカード編とオリジナルのストーリーで構成されているアドベンチャーゲーム。カードとの戦いなどでクロウカードを47枚すべて集め、最後にユエに一度でも勝利するとエンディングが見られる。なお、エンディングは条件によって数種類存在する。
  • 『カードキャプターさくら クロウカードマジック』(プレイステーション、アリカ)
    • 本編はクロウカードを利用したアクションパズルだが、フルボイスによるクロウカードの解説やクロウカード占いなどもある。
  • 『テトリス with カードキャプターさくら エターナルハート』(プレイステーション、アリカ)
    • さくらカード編に相当する。題名の通りテトリスによってゲームが進行する。成績によってグラフィックギャラリーを充実させる事が出来る。
  • 『カードキャプターさくら 〜友枝小学校大運動会〜』(ゲームボーイ、エム・ティー・オー)
  • 『カードキャプターさくら 知世のビデオ大作戦』(ドリームキャスト、セガ・ロッソ/セガ
  • 『カードキャプターさくら さくらカード de ミニゲーム』(ゲームボーイアドバンスTDKコア
    • さくらカード編24話にそったミニゲーム集だが、BGMは独自のものが使用されている。
  • 『カードキャプターさくら<さくらカード編> 〜さくらとカードとおともだち〜』(ゲームボーイアドバンス、エム・ティー・オー)
    • さくらカード編をゲーム化したもの、原作とアニメを織り交ぜたような構成。プレイヤーの選択によって結末が変化する。GBAとしては容量が多く、アニメの音声から拾ったセリフやいつくかのムービーも収録されている。
  • 『カードキャプターさくら さくらちゃんとあそぼ!』(プレイステーション2EyeToy専用)、NHKソフトウェア

その他編集

  • 『カードキャプターさくら CLAMP描きおろしクロウカードセット』
    • クロウカード52枚を再現したカードセット。
  • 『カードキャプターさくら クロウカードフォーチュンブック』
    • 上記クロウカードセットを用いた占い(トランプで代用可)の本。カードのイラストと名称、占いにおける意味を解説。

備考 編集

  • テレビアニメは最初民放で放送する計画で、1997年3月23日に第1話がイベント「CLAMP IN WONDERLAND2」で上映された。この関係で、中間付近にCM挿入を想定したジングルムービーが挿入され、又、CMを挿入した場合に放送時間が30分になるように作られた。
  • 『劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード』をもって、さくら役の丹下桜が突然、無期限の休業状態に入ってしまった(詳細は丹下桜を参照)。そのため、その後のゲーム版などではナレーション役を専らケルベロスが担当して、主人公のさくらが登場しないなどの現象が生じている(ただし、アニメから声を収録したゲームもある)。
  • 2004年度の再放送に併せて、当時の商品の再生産などの商品展開が行われていた。
  • 原作のさくらカード編では、全編にわたり登場人物の服や持ち物など随所に、くまのモチーフが挿入されている。
  • 設定に凝ることで知られるCLAMPだが、連載開始当初〜連載終了まで、季節はしっかり掲載月とリンクしていたのに学年が1年2年とずれている。
  • タイトルの「キャプター(Captor:英語)」は、「捕らえる者、逮捕する者」という意味である。日本ではあまりなじみのない言葉であった。他にキャプターを使用した作品としては忍者キャプターがある。
  • 杖を実体化するときのさくらの命令「レリーズ(release:英語)」には、「監禁、拘束、義務などから自由にする」の意味がある。(他に、「カメラのシャッターを切る」という意味もありカメラマンにはおなじみの用語。)
  • 「sakura-card.com」という、『CCさくら』を連想させるサイトがかつてあった。これは『サクラ大戦』のTCGサイトで現在は閉鎖。
  • 「sakura-card.co.jp」という、『CCさくら』を連想させるサイトがある。これはさくらカード三井住友銀行JCB系列のクレジットカード会社)のサイト。なお、さくらが初めてクロウカードをさくらカードにした際、知世が「さくらカード」と命名した際、さくら自身は「銀行のカードみたい」と述べている(当時三井住友銀行はさくら銀行だった)。
  • 大阪日本橋に「CCOちゃ」というメイドカフェがあり、看板のキャラクターが木之本桜に酷似している。(デザインした人がカードキャプターさくらのファン[1]だった)
  • 友枝小学校福岡県築上郡上毛町(放映当時は築上郡大平村)に実在する。ただしそこは公立学校である。

脚注 編集

  1. マーチャンダイジングライツレポート1998年4月号
  2. マーチャンダイジングライツレポート1999年9月号
  3. カードキャプターさくら 封印されたカード〈劇場版〉(2008/10/1閲覧)

関連項目 編集

  • NHKのアニメ作品
  • ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-
    • 同作にはさくら・小狼・知世・桃矢・雪兎・藤隆に相当するキャラクターが登場しているが、『小狼』については「カードキャプターさくら」の小狼とさくらの息子と思わせる設定になっている。アニメ版での声優も皆異なるが、ケルベロス(仮の姿の方)のみは本作と同じく、久川綾が担当している。またクロウ・リードも故人として登場している。
  • Cardcaptors
    • 「カードキャプターさくら」の北米放送版についての項目。
  • ギャラクシーエンジェル
    • アニメ版はプロデューサー・アニメーション制作会社が同じで、「カードキャプターさくらのスタッフが贈る」などと銘打たれたこともあった。
  • CCさくら板
    • 匿名掲示板2ちゃんねるにある電子掲示板の一つ。

外部リンク 編集

テンプレート:前後番組

テンプレート:先代次代2ca:Sakura, la caçadora de cartes cs:Card Captor Sakuraeo:Cardcaptor Sakurafi:Cardcaptor Sakura fr:Cardcaptor Sakura gl:Card Captor Sakura he:סאקורה לוכדת הקלפים id:Cardcaptor Sakura it:Card Captor Sakura ko:카드캡터 사쿠라 la:Cardcaptor Sakura ms:Cardcaptor Sakura nl:Cardcaptor Sakurapt:Card Captors Sakuraru:Cardcaptor Sakura simple:Cardcaptor Sakura sv:Cardcaptor Sakura th:ซากุระ มือปราบไพ่ทาโรต์ tr:Cardcaptor Sakuravi:CardCaptor Sakura

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki