FANDOM


コズミック・イラの軍事施設では、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』をはじめとする、コズミック・イラを舞台とする作品に登場する架空の軍事施設を列挙する。


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


地球連合軍 編集

月面 編集

プトレマイオス 編集

地球連合軍の月面基地の一つ。
大西洋連邦により極秘裏に建造が進められていたが、コズミック・イラ35年に発覚し国際的非難を浴びるが、大西洋連邦は「宇宙の警察署」であると開き直る。

ヤキン・ドゥーエ戦役時には連合軍の主力基地であったが、C.E.71年9月27日、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦ジェネシスの第二波攻撃によって壊滅した。

エンデュミオン基地 編集

エンデュミオン・クレーターにある鉱山基地。グルマルディ戦線ではザフトの攻略目標となり大規模な艦隊戦が繰り広げられた。最終的には同基地に設置されていたレアメタル溶解施設「サイクロプス」を暴走させ連合軍第三宇宙艦隊とザフト艦隊の大半を巻き込み自爆し消滅した。

ローレンツ・クレーター 編集

グルマルディ戦線時におけるザフトの月面基地。攻略目標であったエンデュミオン基地の消滅とそれに伴う投入戦力の損耗によりザフトは月戦線を放棄しローレンツ・クレーターに建造された基地も放棄された。以降、月全土は地球連合軍の管理下にあるため地球連合軍所属とした。

アルザッヘル 編集

地球連合軍の月面基地の一つ。ユニウス条約締結後に建造され地球連合の主力基地として活動。ザフトに接収されたレクイエムによって壊滅された。また同時に大西洋連邦大統領ジョゼフ・コープランドも死亡した。

ダイダロス 編集

地球連合軍の月面基地の一つ。軌道間全方位戦略砲レクイエムが配備されている。

オーブを脱出したロード・ジブリールが逃げ込んだが、ザフトの攻撃によりジブリールは死亡し、基地も接収された。その後、レクイエムはザフトにより修復され、アルザッヘル攻撃に使用された。さらにデスティニー・プランに反旗を翻したオーブを攻撃目標としたが、オーブ艦隊及びクライン派と地球連合軍艦隊の攻撃により壊滅した。

宇宙 編集

アルテミス 編集

地球連合軍ユーラシア連邦)の宇宙要塞である。

要塞周辺に『アルテミスの傘』と呼ばれる全方位光波防御帯を発生させる事で、高い防御力を誇り、それによりザフトから身を守ってきた。

L3にあるヘリオポリスから脱出したアークエンジェルが補給のために入港したが、アルテミスの司令官ジェラード・ガルシア少将の陰謀により拿捕されてしまう。しかし、強奪されたブリッツミラージュコロイドを使用して傘の内側に侵入。襲撃を受け、その混乱に乗じてアークエンジェルは脱出。要塞は陥落した。

以下はサイドストーリーである漫画作品『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』で語られる内容である。

傘を失ったアルテミスは海賊の襲撃に対抗するため、叢雲劾たち、傭兵部隊サーペントテールを雇い、警護を依頼する。 陥落から3日後、傘をなくしたアルテミスがどう戦っているかを興味を持ってやってきたジャンク屋ロウ・ギュールたちは、そこで劾と再会することになる。ストライクを奪いそこねた焦りのあるガルシア少将は、基地で補給中だったサーペントテールのメンバーであるイライジャ・キールを人質にして、劾に対し、ロウの乗るガンダムアストレイ・レッドフレームの捕縛を要求。劾とロウは戦いながらも、最後は協力してイライジャを救出する。

完全に守りのなくなった要塞は海賊に占拠され、傘も修理される。 連合の依頼を受けたサーペントテールはガルシアを救助、アルテミスを奪回する。

その後、ユーラシア連邦はモビルスーツの開発のため、アルテミスに特務部隊Xを創設、新型MS『ハイペリオン』を配備。しかし、モビルスーツ開発の凍結の際、保身をはかったガルシア少将の判断ミスによって特務部隊Xのメンバーは脱走、その罪を劾に擦り付け、再び保身をはかろうとしたが、失敗している。

なお、ユーラシア連邦はアルテミスの傘を改良し、単位相指向性の能力を持たせた光波防御帯アルミューレ・リュミエールを開発、ハイペリオンに搭載している。しかしこのシステムはMS単体で運用する場合、エネルギー消費が激しいために厳しい制限時間が課せられる。なお、この技術と、続編SEED DESTINYで登場する新型モビルアーマーザムザザーゲルズゲーユークリッド等のMAに搭載された陽電子リフレクターストライクフリーダムガンダムデスティニーガンダムなどに装備されているビームシールドとの間の技術的なつながりは本編では触れられていない(ASTRAYにおいてアストレイゴールドフレーム天ミナの追加装備である『オキツノカガミ』に関しては「アルミューレ・リュミエール」の技術の応用であると設定されている)。


地球 編集

カオシュン基地 編集

東アジア共和国台湾高雄市にある地球連合軍の基地。マスドライバーのある施設の一つ。C.E.71年1月15日にザフトの攻撃を受け、同月23日に陥落した。
戦後、ユニウス条約締結により、ジブラルタル基地と引き換えに東アジア共和国に返還された。

ガルナハン基地 編集

地球連合軍の中東地域にある基地。

エネルギー施設火力プラントを有しており、これを防衛するため陽電子リフレクターを装備したモビルアーマー・ゲルズゲーや陽電子砲台ローエングリンゲートが配備されている。地元レジスタンスの協力を得たザフトのミネルバ隊・ラドル隊の攻撃により陥落した。

なお陥落以前は連合軍によるレジスタンス・民間人への虐殺・暴行事件が多発していたが、陥落後はレジスタンスと民間人による、連合軍敗残兵への報復虐殺・暴行事件が多発した。

関連項目:ハルファヤ峠と88ミリ砲“アハトアハト”ナバロンの要塞

JOSH-A 編集

アラスカにある地球連合軍統合最高司令部。通称「ジョシュア」。

JOSH-AとはJoint Supreme Headquarters-Alaska(アラスカ統合最高司令部)の略である。施設の大部分は地下にあり、内部には広大な地下都市が建設されている。

C.E.71年5月8日、ザフトのオペレーション・スピットブレイクにより大規模な攻撃をうけるが、事前に攻撃を知った連合上層部は地下に設置した大量破壊兵器サイクロプスを発動させ、基地及び防衛部隊もろともザフトの攻撃部隊の大半を消滅させた。

「地下に存在する、難攻不落の地球側の最高司令部」という点から『機動戦士ガンダム』及び『機動戦士Ζガンダム』に登場するジャブローのオマージュと思われ、「放棄された最高司令部に侵攻してきた敵部隊を、大量破壊兵器を使用して捨て駒の防衛部隊もろとも殲滅する」という作戦も、機動戦士Zガンダムにおけるティターンズの作戦のオマージュであろう(ジャブローに仕掛けられていたのは核爆弾であったが、時限式の起爆装置であったことと起爆装置作動を知っていた捕虜がエゥーゴにそのことをしゃべったため、エゥーゴは早々にジャブローを脱出し殲滅に失敗した)。

パナマ基地 編集

北米大陸南米大陸の境、パナマ運河付近にある地球連合軍の基地。

マスドライバーのある施設の一つで、大西洋連邦南アメリカ合衆国の共同国家プロジェクトとしてC.E.17年に建設された。

C.E.71年5月25日、ザフトのパナマ攻略戦においてザフトが使用した対電子機器用特殊兵器グングニールによってマスドライバーごと破壊された。なおこの際、降伏した地球連合軍将兵に対して、ザフト軍将兵は先のオペレーション・スピットブレイクにおけるサイクロプスの件に対する報復として、虐殺行為を行っている。しかもこの虐殺行為が当時ザフトの国家元首であったパトリック・ザラによって処罰される描写は一切ない。
ヘブンズベース戦後、逃亡したブルーコスモス盟主ロード・ジブリールの逃亡先として名前が挙がったことから、C.E.73年時点では再建されていると思われる。

スエズ基地 編集

スエズ運河にある地球連合軍の基地。中東地域における最大拠点。

劇中では中東へ派遣されたオーブ艦隊の駐留地である。 ザフトは当初攻略の予定であったが、中央アジア戦線と西ユーラシア方面軍がデストロイにより壊滅した事と、その直後、デュランダル議長によるロゴス打倒宣言によって、情勢が対連合軍から対ロゴスへと急変したことにより攻略は事実上中止されたと思われる。

ビクトリア基地 編集

アフリカビクトリア湖付近にある地球連合軍の基地。

マスドライバーがある施設の一つで、そのため度々攻撃の対象となった。C.E.70年3月8日のザフト軍最初の地上侵攻では、ザフト側が地上戦の経験不足であったため失敗に終わった(第一次ビクトリア攻防戦)が、しかしC.E.71年2月13日の攻撃で陥落した(第二次ビクトリア攻防戦)。C.E.71年6月18日には、ユーラシア連邦を中心とする地球連合軍による奪還作戦が展開され、6月25日に陥落した。(第三次ビクトリア攻防戦)。

ヘブンズベース 編集

大西洋北部アイスランド島にある地球連合軍の最高司令部。

ギルバート・デュランダルの演説により暴徒と化した民衆に追われたブルーコスモス盟主ロード・ジブリール以下ロゴスの幹部と地球連合軍のロゴス派の部隊が集結し篭城。ザフト及び東アジア共和国を初めとした地球連合の反ロゴス勢力とが同盟を組み、地球連合、プラント両陣営の公式声明として同基地のロゴス幹部の引渡しと全面武装解除を含めた複数の要求が提示されたが、徹底抗戦を唱えるジブリールは勧告期限を待たず攻撃を指示する。最新鋭MAユークリッドを始めデストロイや基地内に設置された対空掃討砲「ニーベルング」等が投入され、文字通りの激戦が繰り広げられた

しかしミネルバ搭載のデスティニーレジェンドインパルスを中心とする活躍によって戦局はしだいに反ロゴス同盟軍に傾き陥落する。ジブリールはこの直前、ロゴスのメンバーを見捨てて潜水艦にて逃亡。他のメンバーは拘束され、連合・プラント双方による国際裁判にかけられることになった。


ザフト 編集

宇宙 編集

ボアズ 編集

ボアズ (Boaz) は、ザフト軍の宇宙要塞

ヤキン・ドゥーエと共にプラントの防衛ラインを形成する。C.E.71年9月23日のボアズ攻略戦において、地球連合軍のピースメーカー隊による核攻撃により、完全に破壊された。

ボアズは元々、東アジア共和国がL4宙域に所有する資源採掘用小惑星「新星」であったが、新星攻防戦において、ザフト軍に侵攻を受け降伏放棄された。以後、施設はザフト軍の防衛用軍事衛星として改装を受けながらL5に移送された。

ボアズは、ソロモン王が建てたソロモンの神殿にある一対の青銅製の円柱に由来し、左側の柱を「ボアズ」と呼び「力」を意味する。

ヤキン・ドゥーエ 編集

ヤキン・ドゥーエ (Jachin Due) は、ザフト軍の宇宙要塞

資源採掘用の小惑星を、第一次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後に軍事要塞として多数の兵力を配置しており、プラント最終防衛ラインとして運用している。また、ザフト軍の最終兵器であるジェネシスのコントロールを行う。

C.E.71年9月26日~27日の第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において、自爆装置により破壊された。この時の戦闘が最も激しかった事から、『SEED』においての大戦は「ヤキン・ドゥーエ戦役」と呼ばれた。

ヤキンは、はソロモン王が建てたソロモンの神殿にある一対の青銅製の円柱に由来し、右側の柱を「ヤキン」と呼び「確立」を意味する。ドゥーエは、イタリア語で「2」の意。

メサイア 編集

メサイア (Messiah) は、ザフト軍の機動要塞。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後に建造された機動要塞であり、陽電子リフレクターが配置され、ネオ・ジェネシスを装備している。また、ザクウォーリアグフイグナイテッドなど多数のMSが配備されている。内部には広大なコンピュータールームがあり、ここにデスティニー・プランで集まった人類の遺伝子情報を解析・管理する施設がある。

メサイア攻防戦において、レクイエム攻防戦時に月地表付近にまで接近し、ネオ・ジェネシスでオーブ軍を攻撃した。ミーティア装備のストライクフリーダムの大型ビームソードによる攻撃を受け陽電子リフレクターを破壊され、ストライクフリーダムとエターナルによるミサイル攻撃を受ける。さらに、メサイアに侵入したストライクフリーダムに内部からの砲撃により致命的なダメージを受け、月面に衝突し崩壊した。

地上 編集

カーペンタリア基地 編集

オーストラリアヨーク岬半島とアーネムランド半島をまたがるカーペンタリア湾に位置するザフトの軍事基地。

C.E70年4月2日、前日のエイプリル・フール・クライシスの混乱に乗じてザフトは親プラント国家である大洋州連合オーストラリア地区のカーペンタリア湾に軌道上から基地施設を分割降下させ、48時間でカーペンタリア基地の基礎を建設。この時地球軍太平洋艦隊が迎撃したが大敗(カーペンタリア制圧戦)。 基地は翌月5月20に完成し以後、ザフトの地球侵攻の重要拠点で地上最大の基地として活動。

機動戦士ガンダムSEED作中ではジブラルタル基地と並びザフトの重要拠点として活動。ボズゴロフ級潜水母艦を初めグーンディンなど充実した戦力が配備されている。アスラン・ザラ達はここでボズゴロフ級を受領し、アークエンジェル追撃に出た。

C.E71年5月オペレーション・スピットブレイクの失敗とパナマ攻略戦、6月地球軍のオーブ侵攻(オーブ解放作戦)、7月第二次カサブランカ沖海戦の敗北でジブラルタル基地放棄・ヨーロッパ戦線から撤退と情勢が悪化してもなおザフト最大の基地として機能していた。しかし8月8日、地球軍により八・八作戦が発動された。このとき、衛星軌道上からのレイダー制式仕様を中心とする降下部隊(エアーズロック降下作戦)と、フォビドゥン・ブルーディープ・フォビドゥンを先陣とする太平洋艦隊によって、内陸と海上から挟撃された。地球軍の物量に対し、ザフト軍と大洋州連合軍は苦戦を強いられたが、基地が陥落するには至らなかった。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後、ユニウス条約の発効でジブラルタル共々ザフトの条約監視団常駐基地や在地球公館として使用されることとなった。

機動戦士ガンダムSEED DESTINYでは、基地内部がより鮮明に描かれ大規模なMSハンガー、ミネルバの整備可能なドックの姿が明らかになっている。

ジブラルタル基地 編集

イベリア半島ジブラルタルザフトの軍事基地。

C.E70年5月25日第一次カサブランカ沖海戦ユーラシア連邦艦隊を破ったザフトはイベリア半島の最南端ジブラルタル海峡を望めるこの地にジブラルタル基地を建設。以後ヨーロッパ・アフリカ侵攻の橋頭堡としてザフトの重要拠点となる。

機動戦士ガンダムSEED作中では低軌道会戦で地球に降下してしまったイザーク・ジュールディアッカ・エルスマンがしばし滞在。またアンドリュー・バルトフェルド隊に補給としてバクゥでなくザウートを送っている。

C.E71年5月5日オペレーション・スピットブレイク発動時にも兵力を多数アラスカに送っている。しかし事前に仕掛けられたサイクロプスで戦力の大半を喪失、直後のパナマ攻略戦で戦力を補うためアフリカ戦線を縮小・同基地の兵力の大量導入を余儀なくされる。

パナマ基地を攻略するもアラスカでの敗北で地上戦力の大半の喪失と地球連合軍のモビルスーツの開発・量産が軌道に乗り戦局が徐々に悪化。C.E71年7月24日第二次カサブランカ沖海戦フォビドゥン・ブルーディープ・フォビドゥン部隊にグーンゾノの部隊が大敗。これによりザフトはジブラルタル基地を放棄せざるをえなくなった。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後に結ばれたユニウス条約によりザフトは同基地を返還されカーペンタリアと共に条約監視団常駐基地や在地球公館として使用されることとなった。元々地球連合の領域である同地が何故カオシュン基地と引き替えでプラント政府に「返還」されたのかは不明である。

機動戦士ガンダムSEED DESTINYでは、地球連合軍スエズ基地攻略の拠点となり、後半ロード・ジブリールロゴスのメンバーが立てこもるヘブンズベース攻略のためザフト及び反ロゴス同盟軍の参集地となった。

ディオキア基地 編集

黒海沿岸のザフトの軍事基地。

ガルナハン攻略戦後ミネルバが立寄った他、ラクス・クライン(実際はミーア・キャンベル)の慰安ライブも行われた。

マハムール基地 編集

ペルシャ湾に面するザフトの軍事基地。ガルナハン攻略のためミネルバが立寄った。地理上地球軍のスエズ基地と近く、睨み合いの最前線である。

ラガシュ基地 編集

ザフト軍の極秘海底基地。カーペンタリア基地とジブラルタル基地の中間点に位置する。

ブレイク・ザ・ワールドでユニウスセブン落下後、破片に紛れて地球に降下させた6隻の巨大潜水艦の集合体によって構成されている。ラガシュを構成する巨大潜水艦はボズゴロフ級潜水母艦・モビルスーツも多数格納・搭載し簡易ファクトリーも備わっており1隻でも基地と呼ぶに相応しい能力を持つ。

ドーム部は、潜水艦が大気圏突入時に使用したカプセルが再利用されており、各潜水艦は、作戦に合わせて個々に派遣されることもあり各地で海底基地として機能する。また、緊急時はドーム部を破棄することで完全移動が可能となっており、この基地を完全に壊滅させることは不可能と言える。ただし、ボズゴロフ級は特に撃沈不可能な潜水艦ではなく実際アビス等によって失われており、なぜ「不可能」かは劇中説明されていない。

関連項目 編集


  
機動戦士ガンダムSEED
メディア展開 原作 - 小説 - 漫画 - ムック - ドラマCD
登場人物アークエンジェルクルー キラ・ヤマト - ナタル・バジルール - フレイ・アルスター - マリュー・ラミアス - ミリアリア・ハウ - ムウ・ラ・フラガ - アーノルド・ノイマン - カズイ・バスカーク
地球連合軍 ムルタ・アズラエル - オルガ・サブナック - クロト・ブエル - シャニ・アンドラス
ザフト軍 アスラン・ザラ - アンドリュー・バルトフェルド - イザーク・ジュール - ディアッカ・エルスマン - ニコル・アマルフィ - ミゲル・アイマン - ラウ・ル・クルーゼ - ラクス・クライン
オーブ連合首長国 カガリ・ユラ・アスハ
勢力国家 オーブ連合首長国 - 大西洋連邦 - プラント - ユーラシア連邦
軍事 地球連合 - ザフト - FAITH - 三隻同盟
企業
民間 ブルーコスモス
兵器 グングニール - サイクロプス - ジェネシス - 対MS用ホバークラフト - ミーティア - アサルトシュラウド - オールレンジ攻撃
機動兵器モビルアーマー ミストラル - メビウス・ゼロ
モビルスーツ地球連合 デュエル - バスター - ストライク - ブリッツ - イージス - カラミティ - フォビドゥン - レイダー - ストライクダガー -
ザフト ジャスティス - フリーダム - プロヴィデンス - ジン - シグー - ゲイツ - バクゥ - ザウート - グーン - ディン
オーブ M1アストレイ
航空機・戦闘機・ヘリ スピアヘッド - スカイグラスパー - アジャイル - インフェトゥス - エターナル - グゥル
艦船 アガメムノン - アークエンジェル - スペングラー - ダニロフ (機動戦士ガンダムSEED)? -ドレイク - ネルソン - ナスカ - ピートリー - ボズゴロフ - レセップス - ローラシア - イージス - イズモ - クラオミカミ - 輸送艦
車両全般 ブルドック - リニアガン・タンク - リニア自走榴弾砲 - 六輪連結装甲車 (機動戦士ガンダムSEED) - 指揮車 (機動戦士ガンダムSEED) - 電源車 (機動戦士ガンダムSEED) - 弾薬運搬トレーラー (機動戦士ガンダムSEED) - 戦闘用エレカ - 自走砲 (自走ガトリング砲) - ミサイル搭載ハーフトラック
都市・地域・施設 コペルニクス - メンデル - 軍事施設 -
技術 ミラージュコロイド - フェイズシフト装甲 - ラミネート装甲 - 強化人間
歴史 SEED - コズミック・イラの成立 - ヤキン・ドゥーエ戦役 - コーディネイターとナチュラル


From Anipedia, a Wikia wiki.


From Anipedia, a Wikia wiki.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki