FANDOM


シグー(CGUE )は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の兵器(モビルスーツ・略称はMS)。(型式番号:ZGMF-515)本項ではバリエーション機体であるシグーディープアームズの記事も記載する。

テンプレート:Netabare

シグー 編集

機体諸元
シグー
型式番号ZGMF-515
所属ザフト
建造ザフト
生産形態少数量産機
全高21.43m
重量80.22t
武装・MMI-M7S 76mm重突撃機銃
・MA-M4 重斬刀
・M7070 28mmバルカンシステム内装防盾
主な搭乗者ラウ・ル・クルーゼ
ザフト軍一般兵

機体解説 編集

ZGMF-1017ジンに代わるザフトの次期主力機として開発されたMS。ジンと比較して細身で華奢な体型ではあるが、各部に追加されたスラスターにより推力面が大幅に強化されており、機動力及び運動性が飛躍的に向上している。また、火力面もバージョンアップされた銃突撃機銃、重斬刀に加えシールド兼用の3銃身ガトリング砲を新規装備し、ワンランク上の攻撃力を与えられている。

本機の公式デビューはコズミック・イラ(C.E.)70年3月15日オペレーション・ウロボロス採決と同時にプロパガンダ的な意味を込め全世界に発表された。また、ほぼ同時期にディンバクゥグーン等の複数の新機種も公開されている。中でもディンは設計元が同じハインライン局という事もあり、構造・フォルムに共通又は類似性を持つ兄弟と言うべき機体である。

元々は空間戦闘用として開発されていたが、ジンの発展型だけあり高い汎用性を有している。将来的には本格的な制式機として大量生産される予定だったが、クルーゼ隊が奪取したGAT-Xシリーズの技術が盛り込まれた次世代機ゲイツの量産が早期に開始された為、結局は少数の先行機が指揮官用に配備されるに止まった。

戦後のC.E.73年代では現役稼働の機体も存在しているが、大半はザクウォーリアグフイグナイテッド等のニューミレニアムシリーズ系機種に交換配備され、徐々に姿を消しつつある。

武装 編集

MMI-M7S 76mm重突撃機銃
中近距離用の射撃武装。形状は異なるが、基本性能はジンの装備するMMI-M8A3型と大差無い。アレンジ機である ディンも同型の機銃を装備する。
MA-M4 重斬刀
格闘戦用の実体剣。こちらもジンのMA-M3型と性能差は殆ど無いが、刀身に穴が穿たれた事で若干軽量化され、取り回しが改善されている。ジンと異なり、非使用時は背部スラスターにマウントされる。
M7070 28mmバルカンシステム内装防盾
シールドとバルカン砲を一体化した攻防一体の装備。強化APSV弾という貫通力に優れた弾薬(徹甲弾)も使用出来、口径の割に威力が高い。
MA-M21G ビームライフル
ゲイツに採用された制式ビームライフル。廃棄コロニー「メンデル」における戦闘で、専用ゲイツを破壊されたクルーゼがヴェサリウス艦内に予備機として残していたシグーに装備させた。本来MS用小型ビーム兵器実用化以前の機体であるシグーが本装備を運用出来た点から、クルーゼ機はバッテリー、ジェネレーターの高性能化、通電プラグの増設等の近代化改修を受けていたと言われるが、詳細は不明である。

シグーディープアームズ 編集

シグーディープアームズガンダムSEED MSVに登場するMS。(型式番号:YFX-200)

機体諸元
シグーディープアームズ
型式番号YFX-200
所属ザフト(ジュール隊等)
建造ザフト
生産形態試験機
全高21.55m
重量81.83t
武装・JDP8-MSY0270 試製指向性熱エネルギー砲×2
・NOL-Y941 レーザー重斬刀
・MMI-M7S 重突撃機銃
主な搭乗者シホ・ハーネンフース

機体解説 編集

地球連合軍より奪取したGAT-Xシリーズから入手した小型ビーム兵器のテクノロジーを検証する為、シグーをベースに試作型熱エネルギー兵器を搭載した実験機。

特徴的なシルエットを構成する両肩のビーム砲は約10mもの全長を持ち、連合製ビーム兵器に比べかなり大型となっている。これは開発時点で小型化に難航していたのと、より作動の確実性を図った為である。並行して背部には冷却剤タンクを内蔵した専用バックパックが装備され、両側からビーム砲に繋がるケーブルを介して砲身の冷却を行う。試射では充分な出力を得られたものの冷却システム自体はまだ不完全な代物で、タンクの冷却ガスを使い切ってしまうと安全装置が作動し発砲不能となる。また、熱による砲身融解の恐れも払拭しきれておらず、連射性能も低い。接近戦用武装として、唯一強奪に失敗したGAT-X105ストライクとの交戦データを元に開発されたレーザー重斬刀を装備、通常は左腰にマウントされる。

データ収集用として4機が生産され、そのうちの1機には開発にも携わったシホ・ハーネンフースが搭乗、ジュール隊に配属され第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦にも参戦した。また、通常型のシグー数機と共に、地球上で流出した極秘情報奪回の任務についた機体もあるが、ガンダムアストレイレッドフレームに撃破された。
実験で得られたデータは、ZGMF-600ゲイツ以降のザフト量産機の携行ビーム兵器に大きな影響を与えている。

尚、ディープアームズ(D.E.E.P. Arms)とは「Directional Energy Emission exPerimental Arms」の略称で、「指向性エネルギー放射兵器試験機」と訳される。

参考 編集

ディン
シグーをベースに開発された大気圏用空戦型MS。


  
機動戦士ガンダムSEED
メディア展開 原作 - 小説 - 漫画 - ムック - ドラマCD
登場人物アークエンジェルクルー キラ・ヤマト - ナタル・バジルール - フレイ・アルスター - マリュー・ラミアス - ミリアリア・ハウ - ムウ・ラ・フラガ - アーノルド・ノイマン - カズイ・バスカーク
地球連合軍 ムルタ・アズラエル - オルガ・サブナック - クロト・ブエル - シャニ・アンドラス
ザフト軍 アスラン・ザラ - アンドリュー・バルトフェルド - イザーク・ジュール - ディアッカ・エルスマン - ニコル・アマルフィ - ミゲル・アイマン - ラウ・ル・クルーゼ - ラクス・クライン
オーブ連合首長国 カガリ・ユラ・アスハ
勢力国家 オーブ連合首長国 - 大西洋連邦 - プラント - ユーラシア連邦
軍事 地球連合 - ザフト - FAITH - 三隻同盟
企業
民間 ブルーコスモス
兵器 グングニール - サイクロプス - ジェネシス - 対MS用ホバークラフト - ミーティア - アサルトシュラウド - オールレンジ攻撃
機動兵器モビルアーマー ミストラル - メビウス・ゼロ
モビルスーツ地球連合 デュエル - バスター - ストライク - ブリッツ - イージス - カラミティ - フォビドゥン - レイダー - ストライクダガー -
ザフト ジャスティス - フリーダム - プロヴィデンス - ジン - シグー - ゲイツ - バクゥ - ザウート - グーン - ディン
オーブ M1アストレイ
航空機・戦闘機・ヘリ スピアヘッド - スカイグラスパー - アジャイル - インフェトゥス - エターナル - グゥル
艦船 アガメムノン - アークエンジェル - スペングラー - ダニロフ (機動戦士ガンダムSEED)? -ドレイク - ネルソン - ナスカ - ピートリー - ボズゴロフ - レセップス - ローラシア - イージス - イズモ - クラオミカミ - 輸送艦
車両全般 ブルドック - リニアガン・タンク - リニア自走榴弾砲 - 六輪連結装甲車 (機動戦士ガンダムSEED) - 指揮車 (機動戦士ガンダムSEED) - 電源車 (機動戦士ガンダムSEED) - 弾薬運搬トレーラー (機動戦士ガンダムSEED) - 戦闘用エレカ - 自走砲 (自走ガトリング砲) - ミサイル搭載ハーフトラック
都市・地域・施設 コペルニクス - メンデル - 軍事施設 -
技術 ミラージュコロイド - フェイズシフト装甲 - ラミネート装甲 - 強化人間
歴史 SEED - コズミック・イラの成立 - ヤキン・ドゥーエ戦役 - コーディネイターとナチュラル

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。