FANDOM


ディアッカ・エルスマン
性別
年齢 17歳→19歳
生年 C.E.54年3月29日
体重 67.5kg→58kg
血液型 AB型
髪色
瞳色 薄い紫
人種 コーディネイター

ディアッカ・エルスマン (Dearka Elthman) は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物(笹沼晃)。


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


個人データ 編集

ザフトクルーゼ隊所属の赤服。士官アカデミーの成績は四位。マイペースでよく軽口を叩くが、根は真面目で実直な青年。他者の悩み事や相談を聞き入れ助言する心慮深い包容力がある。激怒すると狡猾で残忍な性格も現れる。彫りの深い端正な顔で、健康的な褐色肌が特徴で、母親似である。父親はプラント最高評議会議員タッド・エルスマン。父親の反対を押し切ってザフト軍に志願しており、同年齢で同室のイザーク・ジュールとはお互い好戦的な性格で、敵は倒すべきと割り切るところが気が合い、一緒に行動する事が多い。

経歴 編集

機動戦士ガンダムSEED 編集

クルーゼ隊の一員としヘリオポリスを襲撃し、G兵器の一機バスターを奪取する。以降搭乗機とし、アスランらと共にアークエンジェルを追撃し続ける。

同僚であるニコルの戦術を「臆病者」と批判し、イザーク同様年下の彼を小馬鹿にした態度をとっていたが、オーブ近海戦においてニコルが戦死する。予想もしなかった信じがたい出来事にディアッカ含めパイロット全員が一時放心状態となるも我に返り、自軍の不利を省みず攻撃を仕掛けるイザークと虚脱状態のアスランを抑え、無念さを抱え帰投する。更衣室で感情を爆発させ争うアスランと涙するイザークを必死に食い止める。辛い悲しみを堪え「仲間同士が争っても何にもならない、自分達が撃つべき敵は仇のストライクだ」と正論を訴え、二人の諍いを冷静に仲介する。その結果、仲間達の意志を固く団結させた。

その後、キラのストライクを迎撃する決戦時、ニコルやミゲル、イザークの傷の仇をとるために奮闘する。しかし、ムウスカイグラスパーに機体を中破されアークエンジェルの目の前に不時着してしまう。身動きが取れなくなった直後にアークエンジェルの主砲にロックオンされてしまい、やむを得ず苦渋の思いで投降した。アークエンジェルの捕虜となり、バスターも奪還される事になった。

医務室のベッドに繋がれたディアッカは、偶然にも廊下ですれ違ったミリアリアと遭遇する。ディアッカは不運な事態が多数重なったことで若干機嫌が悪く、冗談を言い彼女をからかう。だが、それはまさかの図星であり、情緒不安定なミリアリアは急に激昂し、彼は危うく刺殺されかける。その直後、トールと同時刻に生死不明になりキラを失ってしまったフレイが「コーディネイターなど、皆死ねばいい」と叫び発砲を受ける瞬間、正気に戻ったミリアリアが彼を救った。その場ではただ唖然とするディアッカだったが、これまで敵であるナチュラルを見下し、自国プラントを死守しているという英雄感覚が、いかに深い憎しみと悲しみを生み出すかを初めて目の当たりにした。この一連の騒動により、彼は戦争そのものへの思いを新たにする。

アラスカ基地にアークエンジェルが到着後に基地内の留置所に移送されるはずであったが、アラスカ基地攻略戦漏洩による、地球連合軍上層部移転の混乱で艦に留置されたままとなり、戦闘後、逃亡艦となったアークエンジェルと共にオーブに向かう事になる。その後、地球連合軍によるオーブ解放作戦を前に解放される。しかしアークエンジェルの危機を見過ごすことが出来なかったディアッカは、モルゲンレーテ社工場内で修復されていたバスターに搭乗し、アークエンジェルと共にオーブ防衛に貢献する。この戦いの中でアスランと再会し、迷いを抱く彼を後押しした。

そのままアークエンジェルの陣容に加わり、アークエンジェル、クサナギと共に宇宙へと上がり、ディアッカのバスターはムウのストライクと共にアークエンジェルに配備された。

コロニー・メンデルでの戦闘では、偶然イザークとの再会を果たす。恋人を失いながらも憎しみの連鎖を断ち切ろうとするミリアリア、亡きオーブ代表首長ウズミ、そしてキラやアスランの姿を見てきたディアッカの言葉は、親友イザークに大きな影響を与えた。

最終決戦である第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦では、レイダーに攻撃されたデュエルを救い、奮戦する。その後、アークエンジェルに接近してきたクルーゼのプロヴィデンスに攻撃を仕掛け、ドラグーンシステムによるオールレンジ攻撃の前に一瞬で機体を中破される。直後にレイダーから攻撃されるが、イザークによって救われ、アークエンジェルのブリッジで停戦を迎えた。

停戦後は再びザフトの赤服として、最年少議員となったイザークの護衛の任に就く。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 編集

戦後はザフト軍に復隊し、ジュール隊に配属されていた。イザークと共にブリーフィングに参加するなど、実質的にジュール隊の副官的立場にあった。面倒見の良い性格に冷静さが加わり、心身ともに一層逞しく成長を遂げている。

ユニウスセブン落下テロの際は、ジュール隊の一員としてガナーザクウォーリアで出撃し、アスランやイザークと共に円熟した腕前を披露した。彼ら歴戦の強戦士の戦いぶりは、シン達を驚嘆させていた。

その後もイザークと共に宇宙でのプラント防衛任務に就いていたが、ディアッカもデュランダルら議会のやり方に疑問を抱き始める。

月面のジブリール追い、月面でのレクイエム攻防戦では、「レクイエム」発射を阻止する事に成功した。メサイア攻防戦では、イザークをやや焚きつけるような感じで共に出撃し、アスランと対面時には、問い詰めようと激しかけたイザークをなだめつつ、2機でキラとアスランを援護した。最終決戦を戦い抜き生還している。

スペシャルエディション 完結編 『自由の代償』では、メサイア攻防戦後、ラクスの護衛を勤めた。ラクスがイザークと黒服の人物を引きつれ歩いていく時には、黒服に昇格したディアッカが、イザークに礼をしている。イザークと共にニコルの墓参りをした。

余談 編集

  • SEED』の小説版では、アスランニコルに対して、小馬鹿にした態度をとっていたが、彼らを特に嫌ってはいなかった。この他者を皮肉る性格は、背伸びしたがる少年にみられる心情とされていた。捕虜として拘束され、アークエンジェル内の廊下で、ザフト軍との戦闘で恋人トールを失ったばかりのミリアリアと、サイフレイ達と出会う。意外にも自分と歳の近い少年少女兵がいることを初めて知り、内心驚いている。ただこの時も彼らに対して小馬鹿にする言葉を吐き捨てていた
  • 『某雑誌』では、アラスカ基地で修復されていたバスターに搭乗する際、整備班数人を蹴散らしている。アラスカ基地でアスランと再会し、トールを殺害した張本人であるアスランの事を許して欲しいとミリアリアに弁護する一幕がある。出世意欲の強い性格が描写されており、砂漠で上官に意見するイザークを説得する場面でバルトフェルドにそのことを察せられていた。また、隊長であるクルーゼの声(何かを企んでいるような口調)を快く思ってはいなかったが、決して態度には出さなかった。
  • スペシャルエディション完結編 『鳴動の宇宙』 』では、プロヴィデンスとの戦闘前に、レイダーと遭遇し、撃破している。
  • 詳細な経緯は不明だが、戦後はプラントに帰還した。MIA(戦闘中行方不明)とされていたディアッカが帰国後どのような処分を受けたかは不明だが、一般兵(緑服)としてザフト軍に復隊している(一種の名誉徽章ともいえる赤服の剥奪処分を受けたものと一般的には言われている。前作SEEDのDVD最終巻の映像特典によるとザフトへの復帰後しばらくは赤服を着用してるのが確認される)。その後はイザークの率いるジュール隊に配属されているが、その戦歴から隊内での地位は他の赤服より上位とされており、その実力からすれば1隊を率いることも可能である。劇中ではイザークと共にブリーフィングに参加するなど、実質的にジュール隊の副官的立場にある。
  • 面倒見の良い性格に冷静さが加わり、心身ともに一層逞しく成長。何事においても、頼りがいのある大人な青年である。ちなみに『ニュータイプ』で、劇中に登場したディアッカの私服姿はルナマリアメイリンに大絶賛であり、彼のいる隊に配属されたいと憧れられていた。
  • 微妙な関係が続いていたミリアリアとは長く続かず、(ミリアリアによれば)振られている。
  • DESTINY』の小説版では、アスラン脱走後にイザーク共々アスランの脱走にも理由があるのではないかと上層部へ不信を持っていたが、イザークの判断で行動は起こせないでいた。心情的にはレクイエム破壊にもアスラン達に加勢したいと感じていたが、イザークもまたエターナル援護を決意したためそれに賛同。地球を滅亡させる最悪の脅威を阻止すべく、己の出来ることをすべきと志を果し、加勢したとされている。また、デスティニープランに対しても最初から批判的であった。コミックボンボン版ではガナーウィザードを装備しており、ガナーザクウォーリア部隊の指揮を執っていた。ミリアリアと再会することはなかったが、終盤、イザークと共にアスラン達を援護するべく出撃する直前に、ミリアリアがアークエンジェルに乗り込んでいるのではないかと心配する描写が存在する。メサイア攻防戦後はラクス・クラインの護衛を勤めた後、イザークと共にニコルの墓参りをしている。
  • FINAL PLUS~選ばれた未来~では、ラストにて、ラクスがイザークと黒服の人物を引きつれ歩いていくシーンで、黒服を着たディアッカらしき人物(左側、二番目)が礼をしているのが見られ、『スペシャルエディション 完結編 『自由の代償』のエンディングにて、黒服に昇格したことがはっきりと確認できた。
  • 『ドラマCD』では、極度の負けず嫌いであるイザークがアスランと様々なジャンルで勝負。その後イザークが苛立つ感情から部屋を荒らし、その片付けや宥めるのにも手を焼いていた。だが、二人が衝突する時は常に根気強く、お兄さん的な役回りを買っている。また、評議会会議場で頭の固い議員達を叱咤するイザークの正統な意見に共感しつつも、彼の正義感の強さに、側にいる自分はハラハラしているとアスランに話している。
  • 第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』では、外宇宙や三重連太陽系へ行ってソール11遊星主やバック・フラン軍やバルマー帝国、その他の異星人などスケールの大きい敵との戦いを経験した。そのため、ヤキン・ドゥーエの最終決戦の際にイザークと遭遇した際に、「もうナチュラルとかコーディネーターとかのちっぽけな理由で人間同士が争っている場合じゃない」と言って、イザークを説得する場面がある(また条件を満たせばイザークを仲間にすることができる)。これがスパロボならではのオリジナルシーンで、ディアッカが戦士として成長したシーンが描かれている。また、性格も本編よりややコミカルに描かれており、ミリアリアとの関係をフォウ・ムラサメ等に励まされるシーンも描かれている。
  • スーパーロボット大戦W』では場合によっては仲間になるのとほぼ同時にトール・ケーニヒの生存が判明するため、ミリアリアとトールの再会を複雑な感情で見守る描写がある。その後、トールとは意気投合している。
  • 口癖である「グゥレイトォ!!」は『SEED』・『SEED DESTINY』劇中では合計2回程度しか喋っていない(ゲームなどでは頻繁に喋っている)。
  • ディアッカの趣味は日本舞踊で、戦前は師匠の元に通っていた。また、ゲーム『君と友と戦場で』や『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』にてそれが明かされている。
  • スーパーロボット大戦シリーズ』では、どの作品においても能力やシナリオ中の扱いが良いため、「スタッフに愛されている」と評しているプレイヤーも多い。
  • ヘアースタイルは寝癖ではなく、自分でセットしている。
  • 初期キャラクター設定では、「アリマン」という名前であった(ちなみに、その当時はイザークが「ディアッカ」であった)。
  • 設定では怒ると狡猾で残忍とされているが、今の所作中で描写されていない為、むしろ「迂闊で残念」であると一部でネタにされていた。だがそこが、視聴者に愛着を深めた結果となっており、キャラ贔屓で批判を浴びる同作の中でファンからも人気を博している。
  • ネット上では『チャーハンが得意料理』という設定になっていることが多い。むろんこれは非公式な設定によるもので、そもそもの出典は2ちゃんねる中のスレッド、『ディアッカと俺の関係』における、『ディアッカの作るチャーハンが美味い』というネタ。さらに、ふたば☆ちゃんねるでは、「痔悪化」と呼ばれ(更に略して単に「痔」と呼ばれる事もある)、妹に「むすー」、『水月』の登場人物・大和鈴蘭をモデルとした「わはー」がいる等、別キャラ化が進んでいる。

主な搭乗機 編集

関連項目 編集


  
機動戦士ガンダムSEED
メディア展開 原作 - 小説 - 漫画 - ムック - ドラマCD
登場人物アークエンジェルクルー キラ・ヤマト - ナタル・バジルール - フレイ・アルスター - マリュー・ラミアス - ミリアリア・ハウ - ムウ・ラ・フラガ - アーノルド・ノイマン - カズイ・バスカーク
地球連合軍 ムルタ・アズラエル - オルガ・サブナック - クロト・ブエル - シャニ・アンドラス
ザフト軍 アスラン・ザラ - アンドリュー・バルトフェルド - イザーク・ジュール - ディアッカ・エルスマン - ニコル・アマルフィ - ミゲル・アイマン - ラウ・ル・クルーゼ - ラクス・クライン
オーブ連合首長国 カガリ・ユラ・アスハ
勢力国家 オーブ連合首長国 - 大西洋連邦 - プラント - ユーラシア連邦
軍事 地球連合 - ザフト - FAITH - 三隻同盟
企業
民間 ブルーコスモス
兵器 グングニール - サイクロプス - ジェネシス - 対MS用ホバークラフト - ミーティア - アサルトシュラウド - オールレンジ攻撃
機動兵器モビルアーマー ミストラル - メビウス・ゼロ
モビルスーツ地球連合 デュエル - バスター - ストライク - ブリッツ - イージス - カラミティ - フォビドゥン - レイダー - ストライクダガー -
ザフト ジャスティス - フリーダム - プロヴィデンス - ジン - シグー - ゲイツ - バクゥ - ザウート - グーン - ディン
オーブ M1アストレイ
航空機・戦闘機・ヘリ スピアヘッド - スカイグラスパー - アジャイル - インフェトゥス - エターナル - グゥル
艦船 アガメムノン - アークエンジェル - スペングラー - ダニロフ (機動戦士ガンダムSEED)? -ドレイク - ネルソン - ナスカ - ピートリー - ボズゴロフ - レセップス - ローラシア - イージス - イズモ - クラオミカミ - 輸送艦
車両全般 ブルドック - リニアガン・タンク - リニア自走榴弾砲 - 六輪連結装甲車 (機動戦士ガンダムSEED) - 指揮車 (機動戦士ガンダムSEED) - 電源車 (機動戦士ガンダムSEED) - 弾薬運搬トレーラー (機動戦士ガンダムSEED) - 戦闘用エレカ - 自走砲 (自走ガトリング砲) - ミサイル搭載ハーフトラック
都市・地域・施設 コペルニクス - メンデル - 軍事施設 -
技術 ミラージュコロイド - フェイズシフト装甲 - ラミネート装甲 - 強化人間
歴史 SEED - コズミック・イラの成立 - ヤキン・ドゥーエ戦役 - コーディネイターとナチュラル

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki