FANDOM


デュエイン・ハルバートン
Duane Halberton.png
性別
年齢 不明
生年 不明
人種 ナチュラル

表記によってはドゥエイン・ハルバートンとも。これは、彼の名前の英語表記(Duane Halberton)の「Duane」の和文表音表記が「デュエイン」とも「ドゥエイン」とも解釈されるためで、どちらも正しい。地球連合軍第8艦隊司令官。階級は多くのメディア(アニメ本編や小説など)で准将ということになっているが、階級章は少将である(ジェラード・ガルシアと同じ)。どうやら、アークエンジェルの乗組員が知らない間に昇進していた様子。(声:龍田直樹

地球連合軍のG兵器開発計画(地球軍のモビルスーツ開発計画)の責任者。マリュー・ラミアスにとっては直属の上司で、かつての教官。

当時の連合の軍人としては珍しく、柔軟な思考と果断な行動力を兼ね備え、また、戦争開始前から機動兵器(モビルスーツ等)の必要性を唱えるなど先見性のある人物で、ラウ・ル・クルーゼをして「知将」といわしめた。

戦艦やモビルアーマーによる物量作戦だけでザフトに勝利することは不可能と考え、対抗のためにG兵器開発計画を強く後押しした。当初コーディネイターしか所有しておらず、操縦も出来ない超兵器であったモビルスーツに対抗すべく、その名にGenesis及びGenocideの頭文字を採った新兵器G兵器の開発を主導した功績は大きい。兵器の開発に数年はかかることを考慮すれば、彼が先見性を持つ人物であったことは疑いない。

軍内に勢力を強めつつあるブルーコスモスについて、ハルバートンがどう感じていたのかは、劇中で特に関係する発言も無かったため、不明。ザフト打倒(あるいはプラント打倒)という軍務には実直であったが、コーディネイターであるキラ・ヤマトに対しても多少の理解を持っており、また、現場の人間の犠牲をただ数字でしか知らない地球連合の腐敗に憂いを感じているなど、人間としては良識と暖かみのある人物であった。

アークエンジェルの地球降下の際には、ハルバートンの指揮する第8艦隊はアークエンジェルを支援し、追撃してきたクルーゼ隊の攻撃から降下するアークエンジェルを守り抜いている。しかし、この戦闘で第8艦隊は壊滅。ハルバートンの乗る旗艦「メネラオス」も特攻を仕掛けてきたガモフと至近距離での激しい砲撃戦を行い、ガモフを撃沈するも著しい損傷を被った。艦自体が離脱不可能な高度まで降下していた事も相俟ってメネラオスは重力圏からの離脱が不可能となり、ハルバートンは大気圏の摩擦熱で燃え尽きる座乗艦と運命を共にした。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki