FANDOM


フレイ・アルスター
性別
年齢 15歳
生年 C.E.56年3月15日
没年 C.E.71年9月27日
身長 162cm
体重 53kg
血液型 A型
髪色 深赤
瞳色
人種 ナチュラル

フレイ・アルスター (Fllay Allster) は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する、架空の人物(桑島法子)。赤髪がチャームポイントの少女。15歳。


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


人物編集

大西洋連邦事務次官ジョージ・アルスターの愛娘で、母親は幼いころに死亡している。ヘリオポリスではキラ・ヤマトらの通うカレッジの1期後輩である。ナチュラルであるが、コーディネイターに勝るとも劣らぬ美少女。父の理想とする女の子になることを目標としているため、オシャレにも人一倍気を遣っている。甘え上手で他者に依存する傾向があり、感情の起伏が激しく、特に物語序盤では相手の気持ちを考えない言動をとって無意識、または意図的に他者を傷つけていた。ブルーコスモスの一員である父の影響で、コーディネイターに偏見を持っている。

経歴編集

ヘリオポリスザフト軍の攻撃を受けた際に救命ポッドで脱出するが、推進器の不調により難破状態になっていたところをキラが搭乗するストライクに救助され、アークエンジェルにてサイらと再会し、以降行動を共にする。

父親がいる先遣艦隊との合流を目前に、クルーゼ隊との戦闘に巻き込まれ、その際捕虜となっていたラクス人質にする事で停戦させようとするが、叶わないまま目の前で父親の乗る戦艦がザフトに撃墜される。錯乱したフレイは、帰艦したキラを父の命を守りきれなかったと激しく非難する。

この出来事がきっかけとなり、フレイはコーディネイターへの憎しみに囚われ、アークエンジェルが地球に降下する際に地球連合軍に入隊志願する。さらにキラが同じコーディネイターであるザフトとの戦闘に迷いを捨てて身を投じるよう駆り立て、また天涯孤独の自分を守ってもらおうと、精神的に不安定になっていた彼の求める慰めを与えた。そのために、親の決めたフィアンセであったサイとは地球降下後に婚約を一方的に破棄している。

地球降下後、オーブへ寄港した際に、サイやトール達はヘリオポリスから脱出してオーブへ帰国していた家族と面会するが、面会者のいないフレイは一人アークエンジェル内に残り孤立する。しかし両親がオーブで健在であるキラがアークエンジェルに残っているのを同情されたと思い込んで激しく詰め寄り、もとより不安定であった二人の仲はこれによって崩壊する。フレイは関係の回復を望むが、直後の戦闘においてキラはMIA(戦闘中行方不明=戦死扱い)となり、父親の死後唯一の拠り所であった人間(フレイ自身はそう認めようとしないが)を失って彼女は激しく動揺する。

悲しみから逃げるためサイとよりを戻そうとするが、彼女が本当にキラに想いを寄せるようになっていた事を見抜いていたサイは、それを冷たく拒絶する。また、その直後、ミリアリアが捕虜であるディアッカを殺そうとしている所を目撃する。ミリアリアはサイに止められたが、フレイは部屋に置いてあった拳銃で「コーディネイターなんて皆死んでしまえばいい。」と言い放ち、ディアッカを殺そうとするが、ミリアリアに阻止されてしまう。直後、ミリアリアに何故コーディネイターを庇ったのか激しく詰め寄るもその場から去っていった。

アラスカ基地到着後、アークエンジェルからの転属命令を受けるが、直後に起こったザフト軍のアラスカ基地攻略戦の際、クルーゼによって拉致されてしまう。

その後、通常の捕虜扱いでなくクルーゼの身近に置かれてザフト軍と行動を共にしたあと、ニュートロンジャマーキャンセラーのデータと共に救命ポッドにて漂流させられ、ナタルが指揮するドミニオンに救助される。

地球連合軍への復帰後は、自らの希望でドミニオンのCIC(戦闘指揮所)担当としてナタルの指揮下で任に着く。これは戦場がキラと再会しやすい場所であり、そして死と隣り合わせの場所にいる事が彼女なりの贖罪であった。第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦においてナタルの言葉に従い、ドミニオンから他の搭乗員と共に脱出艇に乗り込み避難する。戦闘空域から離脱しようとする脱出艇の窓越しからフリーダムに搭乗するキラと再会を果たすものの、直後にプロヴィデンスドラグーン・システムから放たれたビームが脱出艇に直撃し、短い生涯を閉じた。

その他編集

  • 第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』では、はっきりとαナンバーズの面々から嫌われている。助けられて早々に人類の平和を守るために戦ってきたαナンバーズに対して、ひんしゅくを買うような発言をしており、わがまま放題やってしまうので白眼視されていた。なお、以前の『スーパーロボット大戦α』では、カテジナ・ルースロンド・ベル隊に似たような発言をしている。また、原作と同じように死亡するが、キラ以外のキャラクターが彼女の死を悲しむこともなく、やや悲惨な扱いになっていた。
  • スーパーロボット大戦J』では、声優ネタからかヘリオポリスの学生の中で、一番ナデシコに興味を示していた。また、死後にキラ以外の仲間達もクルーゼに対して「彼女は普通の女の子だった」等の怒りの言葉をかけており、仲間達から嫌われているような描写は無かった。
  • スーパーロボット大戦W』では、彼女はへリオポリス脱出時にアークエンジェルではなくヴァルストークに保護される(AAへはアルテミスで合流)。そこで主人公カズマと出会い、アラスカ基地で再会した際にはキラやサイを利用してしまった事への苦悩を打ち明け、カズマからは(当時キラは行方不明だったため)サイだけにでも自分の言葉で謝るように助言を受け、フレイもそれを決意する(この後クルーゼに誘拐されたため、これは叶わなかったのだが)。メンデル戦で原作通りの流れでニュートロンジャマーキャンセラーのデータを持たされて戦場に放り出されるが、キラとの関係を知ったクルーゼが態度を翻し、キラの目の前で殺されそうになる。が、そこをラクスエターナルで割って入ったため、事なきを得て、AAに回収される(しかし、この時の混乱でラクスが火星の後継者に誘拐されてしまう)。その後サイと和解し、キラに対しても謝罪、自らの出生を知った事とラクスが目の前で誘拐された事で塞ぎ込んでいた彼の支えとなる。この際、自分を救ってくれたラクスの救出をキラに頼むなどコーディネイターへの偏見もなくなったようである。その後も細胞の異常に苦しむプレア・レヴェリー風花・アジャーと共に看病して彼を心配する姿を見せた。EDではキラ達と共にプラントに訪れている。なお、今回フレイが生き残る事が出来たのは「少しの偶然が重なった結果」と作中でも語られている(ニコルも自身の生存に付いて同様の発言を行っている)。

余談編集

  • フレイは序盤から中盤にかけてのアンチヒロイン的な言動が原因で、非常に嫌われやすいキャラクターではあるが、それと同時に精神面において一番成長したという評価がおおよそのところである。嫌悪と憎悪の象徴であったキラの心に触れる内に彼女の精神は大きな変革を遂げ、また、戦場という場所で、自分が周囲の人間に甘ったれていたことや他者を傷つけたことを知って、後悔と反省を繰り返す。さらに、自らの行いによってもたらされた結果から目を背けることなく贖罪の態度を見せたことは、多くの視聴者を驚かせた。特に『小説版』では、彼女の自責や反省が細かに描写されている。
  • PHASE-16「燃える砂塵」では、未成年が視聴する時間であるにもかかわらず、性行為を彷彿させるシーンが放映されて、当時BPOへ抗議が向けられると言う事も起こった。DVDにはこのシーンはそのまま収録されている。また、『スペシャルエディションI 虚空の戦場』でははっきりとそのシーンが描かれている。
  • 桑島法子曰く、フレイがキラを押し倒すシーンは何度も録り直していたそうである。
  • 彼女が落命することになる最終話(2003年9月27日放送)よりも6日前に発売された『機動戦士ガンダムSEEDオリジナルサウンドトラック3』(同9月21日発売)には「フレイの死」という曲目が収録されており、事実上ネタバレという事態になってしまった。その結果、ネット上では彼女の死亡を取り消すよう、署名を集めるファンサイトまであった。
  • 本作の脚本およびシリーズ構成を担当した両澤千晶は、アニメ放映終了後のインタビューで「本当は自分の中では、フレイは『無敵超人ザンボット3』で有名な、人間爆弾にしたかった」とコメントした。


  
機動戦士ガンダムSEED
メディア展開 原作 - 小説 - 漫画 - ムック - ドラマCD
登場人物アークエンジェルクルー キラ・ヤマト - ナタル・バジルール - フレイ・アルスター - マリュー・ラミアス - ミリアリア・ハウ - ムウ・ラ・フラガ - アーノルド・ノイマン - カズイ・バスカーク
地球連合軍 ムルタ・アズラエル - オルガ・サブナック - クロト・ブエル - シャニ・アンドラス
ザフト軍 アスラン・ザラ - アンドリュー・バルトフェルド - イザーク・ジュール - ディアッカ・エルスマン - ニコル・アマルフィ - ミゲル・アイマン - ラウ・ル・クルーゼ - ラクス・クライン
オーブ連合首長国 カガリ・ユラ・アスハ
勢力国家 オーブ連合首長国 - 大西洋連邦 - プラント - ユーラシア連邦
軍事 地球連合 - ザフト - FAITH - 三隻同盟
企業
民間 ブルーコスモス
兵器 グングニール - サイクロプス - ジェネシス - 対MS用ホバークラフト - ミーティア - アサルトシュラウド - オールレンジ攻撃
機動兵器モビルアーマー ミストラル - メビウス・ゼロ
モビルスーツ地球連合 デュエル - バスター - ストライク - ブリッツ - イージス - カラミティ - フォビドゥン - レイダー - ストライクダガー -
ザフト ジャスティス - フリーダム - プロヴィデンス - ジン - シグー - ゲイツ - バクゥ - ザウート - グーン - ディン
オーブ M1アストレイ
航空機・戦闘機・ヘリ スピアヘッド - スカイグラスパー - アジャイル - インフェトゥス - エターナル - グゥル
艦船 アガメムノン - アークエンジェル - スペングラー - ダニロフ (機動戦士ガンダムSEED)? -ドレイク - ネルソン - ナスカ - ピートリー - ボズゴロフ - レセップス - ローラシア - イージス - イズモ - クラオミカミ - 輸送艦
車両全般 ブルドック - リニアガン・タンク - リニア自走榴弾砲 - 六輪連結装甲車 (機動戦士ガンダムSEED) - 指揮車 (機動戦士ガンダムSEED) - 電源車 (機動戦士ガンダムSEED) - 弾薬運搬トレーラー (機動戦士ガンダムSEED) - 戦闘用エレカ - 自走砲 (自走ガトリング砲) - ミサイル搭載ハーフトラック
都市・地域・施設 コペルニクス - メンデル - 軍事施設 -
技術 ミラージュコロイド - フェイズシフト装甲 - ラミネート装甲 - 強化人間
歴史 SEED - コズミック・イラの成立 - ヤキン・ドゥーエ戦役 - コーディネイターとナチュラル

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki