FANDOM


ブリッツガンダム (Blitz Gundam) は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する架空の兵器モビルスーツ・略称はMS)(型式番号:GAT-X207)本項では発展機である(型式番号:GAT-X207SRネロブリッツの記事も掲載する。


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


ブリッツガンダム 編集

機体諸元
ブリッツ
型式番号GAT-X207
所属地球連合軍ザフト軍クルーゼ隊
地球連合軍第81独立機動群“ファントムペイン”(再建造機)
建造オーブ連合首長国モルゲンレーテ社
地球連合軍(アクタイオン・インダストリー社)(再建造機)
生産形態試作機
全高18.63m
重量73.50t
装甲フェイズシフト装甲
武装・攻盾システム「トリケロス」
ビームサーベル
・50mm高エネルギーライフル
・3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」
・ピアサーロック「グレイプニール」
特殊装備ミラージュコロイドシステム
搭乗者ニコル・アマルフィ
ダナ・スニップ(再建造機)

機体解説 編集

ヘリオポリスでG兵器として試作された5機のGAT-Xシリーズの1機。

単独で敵陣に切り込む侵攻用の機体であり、攻盾システム「トリケロス」に代表される、シリーズの各機とは一線を画す試験的に製作された特殊兵装を装備している。他の4機同様に「フェイズシフト装甲」を搭載するほか、X100系のノーマルフレームに特殊機能を加味したX200番台の特殊改装フレームを採用し、新機軸のステルスシステム「ミラージュコロイド」を搭載する。但し連続使用には85分の限界時間があり、更に展開中はフェイズシフト装甲の併用が不可能となる為、著しく防御力が低下する。この世界では熱紋の感知による機体の特定・位置の判別ができる以上、ミラージュコロイド展開時は慣性飛行以外出来ない事になる。加えて、後述するように武装が右腕に集中している(他機が搭載しているイーゲルシュテルンすら装備していない)事の弊害もある。

「ブリッツ」の名は「電撃」の意。

武装 編集

攻盾システム「トリケロス」
ブリッツの主武装の一つで、対ビームコーティングが施されたシールドにビームサーベル、50mm高エネルギーライフル、3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」を搭載している。イーゲルシュテルンも搭載していない本機は武装が事実上右腕にしかない為、右腕を破壊されると武装は後述のグレイプニールしかなくなり、戦闘力は事実上ゼロに等しくなる(直撃させればともかく、手繰り寄せたとしても出来る攻撃は蹴りか、自爆しかなくなってしまう)。事実、右腕を切り落とされたブリッツはランサーダートの一本を抱えてストライクに突撃し、返り討ちにあっている。また、武装も大き過ぎて使い回しが悪い欠点が残っている。
ビームサーベル
トリケロス裏面に1基固定装備されたビームサーベル。ビーム刃の色がピンクであることから、デュエルエールストライクに装備されているものと同一と思われる。
トリケロスに固定されている為、使用の際はビーム刃を発振して、盾ごと振り回す形で用いる。
50mm高エネルギーライフル
エネルギー供給の関係から、他のGAT-Xナンバーに採用されているビームライフルの採用は見送られ、やや威力は(他の機に装備されているものより)劣るが電力消費の少ないこのライフルが主兵装として搭載された。しかしながら、ミラージュコロイドで隠密、接近しライフルで闇討ちというのは効果的である。
3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」
杭のような形をした、実体弾兵器。発射後目標に向かい突進し、貫通し破壊する。3連装の名が示すとおり、3発分が装備されている。
ピアサーロック「グレイプニール」
左腕に装備されたワイヤー付きのクロー。クローのロケットとワイヤーで有線式誘導をすることで、軌道をコントロールできる。爪を閉じた状態で敵を貫いたり、爪を開いた状態で敵に取り付くなど、広い用途で使用できる武器。
ミラージュコロイド
可視光線を歪め、レーダー波を吸収するガス状物質。これを磁気で機体周囲にまとうことにより、肉眼でもレーダーでも見えなくすることができる。ただし、展開中はフェイズシフト装甲が使用できないという欠点があり、更にコロイド粒子を機体の周囲に磁気で定着させているため、フェイズシフト装甲同様に電力消費が著しく、当機の場合連続85分間(小説では80分)という使用時間の制限がある。

劇中での活躍 編集

中立コロニー、へリオポリスで建造されるが、イージスバスターデュエルとともにザフトに奪取された。その後は同軍のニコル・アマルフィがパイロットとなり、対アークエンジェル戦では戦闘中にミラージュコロイドを展開(=フェイズシフトをオフ)しての戦闘をしてもいる。唯一連合側に残されたストライクと幾度も戦闘を繰り広げるが、オーブ近海での戦闘でアスランを庇って、ソードストライクに撃破された。

撃破されたブリッツの右腕はオーブ軍に回収され、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』に登場する「ガンダムアストレイ・ゴールドフレーム天(アマツ)」に移植されている。

ネロブリッツ 編集

ネロブリッツ(Nero Blitz)は『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ⊿ ASTRAY』に登場するMS。(型式番号:GAT-X207SR

機体諸元
ネロブリッツ
型式番号GAT-X207SR
所属地球連合軍第81独立機動群"ファントムペイン"
建造地球連合軍(アクタイオン・インダストリー社)
生産形態強化改修機
全高不明
重量不明
装甲フェイズシフト装甲
武装不明
特殊装備ミラージュコロイドシステム
搭乗者ダナ・スニップ

機体解説 編集

ネロブリッツは、地球連合軍第81独立機動群“ファントムペイン”がアクタイオン・インダストリー社を中心とした複数企業の技術協力を受け推進したエースパイロット用カスタマイズMS開発計画―通称「アクタイオン・プロジェクト」に基づき完成させた特殊戦用MSである。

本機は、プロジェクトの一環として再建造された初期GAT-Xシリーズの1機X207ブリッツの強化発展機として開発された。開発に際して、ブリッツの量産型とも言えるGAT-SO2R NダガーNの技術が流用され、ユニウス条約に違反して核エンジンとミラージュコロイドが搭載されている。

ベース機同様ミラージュコロイドによるステルス機能に加え、本機では更なる近接格闘能力の向上を目的とした改修が加えられている。背部に備えられた可変アームユニットはその際たるもので、単純な物理兵器でありながら、試験データ上ではPS装甲をも握砕する破壊力を誇る。なお同様の機能を持つ武装として、ザフトのグフクラッシャーが装備するインパクトバイスが挙げられる。また、この装備は攻撃用のみならず防御用としての機能も備えており、ビームを屈折、反射することができる。右腕に搭載された6連装のランチャーからはダミーバルーンを射出可能。ダミーバルーンを射出する前にアキダリアのブリッジを狙った描写から見て、ダミーバルーン以外のものを発射できる可能性がある。

なお型式番号の「SR」は『Stealth Reinforcement(ステルス・リーインフォースメント)』の略称で、機体名のネロ(Nero)はイタリア語の“黒”を意味する。

本機の専任パイロットはファントムペイン中尉ダナ・スニップ。同僚エミリオ・ブロデリック中尉駆るGAT-X303AAロッソイージスと共に、アグニス・ブラーエ達マーシャンの殲滅任務を受け彼等の母艦アキダリアを追撃する。


参考 編集

GAT-SO2R NダガーN
ブリッツのコンセプトを受け継いだ機体。ストライクダガーの項目を参照。

関連項目 編集


  
機動戦士ガンダムSEED
メディア展開 原作 - 小説 - 漫画 - ムック - ドラマCD
登場人物アークエンジェルクルー キラ・ヤマト - ナタル・バジルール - フレイ・アルスター - マリュー・ラミアス - ミリアリア・ハウ - ムウ・ラ・フラガ - アーノルド・ノイマン - カズイ・バスカーク
地球連合軍 ムルタ・アズラエル - オルガ・サブナック - クロト・ブエル - シャニ・アンドラス
ザフト軍 アスラン・ザラ - アンドリュー・バルトフェルド - イザーク・ジュール - ディアッカ・エルスマン - ニコル・アマルフィ - ミゲル・アイマン - ラウ・ル・クルーゼ - ラクス・クライン
オーブ連合首長国 カガリ・ユラ・アスハ
勢力国家 オーブ連合首長国 - 大西洋連邦 - プラント - ユーラシア連邦
軍事 地球連合 - ザフト - FAITH - 三隻同盟
企業
民間 ブルーコスモス
兵器 グングニール - サイクロプス - ジェネシス - 対MS用ホバークラフト - ミーティア - アサルトシュラウド - オールレンジ攻撃
機動兵器モビルアーマー ミストラル - メビウス・ゼロ
モビルスーツ地球連合 デュエル - バスター - ストライク - ブリッツ - イージス - カラミティ - フォビドゥン - レイダー - ストライクダガー -
ザフト ジャスティス - フリーダム - プロヴィデンス - ジン - シグー - ゲイツ - バクゥ - ザウート - グーン - ディン
オーブ M1アストレイ
航空機・戦闘機・ヘリ スピアヘッド - スカイグラスパー - アジャイル - インフェトゥス - エターナル - グゥル
艦船 アガメムノン - アークエンジェル - スペングラー - ダニロフ (機動戦士ガンダムSEED)? -ドレイク - ネルソン - ナスカ - ピートリー - ボズゴロフ - レセップス - ローラシア - イージス - イズモ - クラオミカミ - 輸送艦
車両全般 ブルドック - リニアガン・タンク - リニア自走榴弾砲 - 六輪連結装甲車 (機動戦士ガンダムSEED) - 指揮車 (機動戦士ガンダムSEED) - 電源車 (機動戦士ガンダムSEED) - 弾薬運搬トレーラー (機動戦士ガンダムSEED) - 戦闘用エレカ - 自走砲 (自走ガトリング砲) - ミサイル搭載ハーフトラック
都市・地域・施設 コペルニクス - メンデル - 軍事施設 -
技術 ミラージュコロイド - フェイズシフト装甲 - ラミネート装甲 - 強化人間
歴史 SEED - コズミック・イラの成立 - ヤキン・ドゥーエ戦役 - コーディネイターとナチュラル


From Anipedia, a Wikia wiki.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki