FANDOM


マリュー・ラミアス
Murrue Ramius
性別
年齢 26歳→28歳
生年 C.E.45年10月12日
身長 170cm
体重 63kg→50kg
血液型 O型
人種 ナチュラル
所属 地球連合軍オーブ軍
階級 大尉→少佐(連合)→三佐→一佐(オーブ)

マリュー・ラミアス (Murrue Ramius) は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物(三石琴乃)。


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


人物 編集

地球連合軍の女性士官で、階級は大尉。技術士官として大西洋連邦のヘブンアイランド技術研究所では、マリューを中心にしてPS装甲が開発されている。地球連合軍エースパイロットのムウ・ラ・フラガとは恋人同士である。

経歴 編集

機動戦士ガンダムSEED 編集

地球連合軍の強襲機動特装艦アークエンジェルの副長として、G兵器受け取りのためスペースコロニーヘリオポリスに入港中にザフトの襲撃に遭遇する。マリューは、自動小銃で迎撃にあたっていたが、輸送中のG兵器を民間人のキラにより起動されたストライクを除いて奪取される。この戦闘により、アークエンジェルは艦長以下のブリッジ要員のほとんどを失い、多数の避難民を抱えた同艦の艦長代理を務める事になる。

当初は軍事機密であるG兵器に触れたキラ達を拘束するなど、軍人としての行動をとるが、基本的に情に厚い人物で次第に理解を示し、彼らと共闘するようになる。偶然、アークエンジェルに乗り合わせることとなったムウとは恋仲になっている。

軍人としての本分よりも情に流される面も見られ、兵器管制担当のナタル・バジルールと対立することもしばしばであったが、彼女のこの資質こそが寄り合い所帯となったアークエンジェルのクルーをまとめ上げ、ザフトの執拗な追撃を凌ぎながらアークエンジェルはアラスカ基地まで、たどり着く事が出来た。

ザフトのアラスカ基地攻略戦の際に、多くの友軍を捨て駒に使う連合軍上層部に憤慨し、艦ごと連合軍を脱走、オーブに身を寄せる。

オーブ壊滅後は、オーブ残存勢力の戦艦クサナギラクスらがザフトから奪取した戦艦エターナルと共闘し、連合軍、ザフトいずれにも属さない第3勢力「三隻同盟」の一翼をなした。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦ではドミニオンから発射されたローエングリンを、ムウが損傷したストライクでアークエンジェルの盾となり、撃沈の危機を脱している。恋人であるムウはこの時に行方不明になり失ってしまうが、最終決戦を戦い抜き生還している。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 編集

戦争終結後は、バルトフェルドマードックらと共にオーブへと亡命し、「マリア・ベルネス」を名乗りモルゲンレーテ社の造船課にエンジニアとして勤めていた。

深夜にザフト軍と思わしき部隊によるラクス暗殺の襲撃を受け、バルトフェルドやキラと共にこれを防ぐ。この事件をきっかけにして、フリーダムカガリの奪取に向かうキラと共に出航したアークエンジェルの艦長席に再び座り、オーブを後にする。

終わりの見えない戦局に苦悩し、再びアスランと敵対する事になったことで悩むキラを母性的な優しさで励ますなど、その優しさは前作と変わっていない。

ベルリンの戦闘では、記憶を失いネオ・ロアノークとして生きていたムウと再会する。捕虜になっていたネオをオーブで解放するが、微かな記憶の為に戻ってきた彼を受け入れると以後行動を共にするようになった。

最終決戦のメサイア攻防戦においてネオがアカツキで再びアークエンジェルの盾になった時、ネオがムウとしての記憶を取り戻した事で喜びの涙を流す。

グラディスの指揮するミネルバが戦闘不能となり月面に不時着した際には彼女達に向けて敬礼をした。

戦闘停止の提案が出された後、ムウとして帰艦したネオとモニター越しで笑顔を向け合う彼女は、結果的にこの戦いの中で最もかけがえのないものを取り戻した。

スペシャルエディション 完結編 『自由の代償』』では、オーブに帰還後、マルキオ邸宅のバルコニーにて、ムウと並んで夕陽を眺める姿がある。

余談 編集

  • 人柄については情に厚いと言う評価がある一方、軍人として甘すぎるという意見もある(実際に後者の主張を裏付けるシーンがいくつか見られ、『SEED』において、ナタルも苦言を呈していた。)。最もマリューが技術畑の人間なのだから仕方ない面もある。しかし、キラたちのいざこざなどを把握していたりなど、決して艦長として無能ではない。
  • 「マリア・ベルネス」を名乗り、モルゲンレーテ社の造船課にエンジニアとして勤めていた当時、バルトフェルドと寝室は別だが同居していた。
  • DESTINY』において、アークエンジェルオーブより発進時、マリューは三佐の制服を着用しているが、劇中において明示的に三佐に任官されている事を示す描写・セリフは存在しない。当時のマリューはモルゲンレーテ社のエンジニアなので無官(民間人)と考えるのが妥当ではあろうが、軍部の人間として国営企業である同社に出向していた又は予備役将校という可能性もありえる。また、『公式サイト』のキャラクター解説において、胸元の階級章がバルトフェルド、トダカ一佐のものと同じ事から、アークエンジェルが正式にオーブ軍に編入された際に一佐に昇進したと思われる。『第2クール・第3クール』では、マリューは三佐、バルトフェルドは一佐の階級章になっているが、この頃はキラとノイマンは三尉、チャンドラとミリアリアはそれより下(詳細不明)の階級章になっている。『第4クールのキャラクター紹介』より、キラカガリの将軍に次ぐ准将、アスランネオが一佐、ノイマンは一尉、チャンドラミリアリアは三尉となっている。なお、キラとアスランについては『スペシャルエディションIV完結編』のエンディングで、それぞれザフトの白服、オーブ軍准将となっている。
  • 有事の際に備えて改修されていたアークエンジェルに、レクリエーション施設の天使湯を増設したり、少人数で稼動できるようにブリッジを改良したのはマリューの指示である。
  • メサイア攻防戦後、マリューらはラクスの護衛のためにアークエンジェルとエターナルなどが同行した後にエターナルの一部のクルーと共にオーブに帰還をしたと思われる。
  • 『DESTINY』の小説版では、メサイア攻防戦後、マリューらはオーブに帰還している。その後、ムウと共に海辺で散策や語り合いなどをした後抱擁をするという描写がされている。
  • 第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』では、αナンバーズの指揮官であるブライト・ノアから「感情的でヒステリック。艦長には向いていない」と酷評されていた。また、アークエンジェルがαナンバーズに合流するか連邦に戻るかの決断を迫られた際、エマ・シーンに助言を求めたところ「私は貴方達の進む道を指示する立場ではありません。貴女も艦長として毅然とした態度で臨まなくてはいけないのでは?」という厳しい一言で釘を刺された事がある。一方同作品に於いて、生き残る事が出来たのならそれは勝利であるとブライトにその采配を賞賛された事もある。また、新世紀エヴァンゲリオン葛城ミサトと出会った時に、初対面であるにも関わらずお互いに「他人のような気がしない」と感じるという小ネタがある。(どちらも声優が三石である為)
  • なお余談であるが、胸の大きい彼女にちなんで「魔乳(まにゅう)ラミアス」とゲーム雑誌の投稿欄に書かれた事がある。実際、劇中でアークエンジェルが攻撃を食らって振動した際、よく揺れる。
  • 『DESTINY』では他のアークエンジェルクルーと同様で登場回数が少なかったが、『SEED』では全50話中全話にマリューの出演がある。なお、SEED全50話にセリフつきで出演しているのは、彼女以外ではキラのみである。

関連項目編集


  
機動戦士ガンダムSEED
メディア展開 原作 - 小説 - 漫画 - ムック - ドラマCD
登場人物アークエンジェルクルー キラ・ヤマト - ナタル・バジルール - フレイ・アルスター - マリュー・ラミアス - ミリアリア・ハウ - ムウ・ラ・フラガ - アーノルド・ノイマン - カズイ・バスカーク
地球連合軍 ムルタ・アズラエル - オルガ・サブナック - クロト・ブエル - シャニ・アンドラス
ザフト軍 アスラン・ザラ - アンドリュー・バルトフェルド - イザーク・ジュール - ディアッカ・エルスマン - ニコル・アマルフィ - ミゲル・アイマン - ラウ・ル・クルーゼ - ラクス・クライン
オーブ連合首長国 カガリ・ユラ・アスハ
勢力国家 オーブ連合首長国 - 大西洋連邦 - プラント - ユーラシア連邦
軍事 地球連合 - ザフト - FAITH - 三隻同盟
企業
民間 ブルーコスモス
兵器 グングニール - サイクロプス - ジェネシス - 対MS用ホバークラフト - ミーティア - アサルトシュラウド - オールレンジ攻撃
機動兵器モビルアーマー ミストラル - メビウス・ゼロ
モビルスーツ地球連合 デュエル - バスター - ストライク - ブリッツ - イージス - カラミティ - フォビドゥン - レイダー - ストライクダガー -
ザフト ジャスティス - フリーダム - プロヴィデンス - ジン - シグー - ゲイツ - バクゥ - ザウート - グーン - ディン
オーブ M1アストレイ
航空機・戦闘機・ヘリ スピアヘッド - スカイグラスパー - アジャイル - インフェトゥス - エターナル - グゥル
艦船 アガメムノン - アークエンジェル - スペングラー - ダニロフ (機動戦士ガンダムSEED)? -ドレイク - ネルソン - ナスカ - ピートリー - ボズゴロフ - レセップス - ローラシア - イージス - イズモ - クラオミカミ - 輸送艦
車両全般 ブルドック - リニアガン・タンク - リニア自走榴弾砲 - 六輪連結装甲車 (機動戦士ガンダムSEED) - 指揮車 (機動戦士ガンダムSEED) - 電源車 (機動戦士ガンダムSEED) - 弾薬運搬トレーラー (機動戦士ガンダムSEED) - 戦闘用エレカ - 自走砲 (自走ガトリング砲) - ミサイル搭載ハーフトラック
都市・地域・施設 コペルニクス - メンデル - 軍事施設 -
技術 ミラージュコロイド - フェイズシフト装甲 - ラミネート装甲 - 強化人間
歴史 SEED - コズミック・イラの成立 - ヤキン・ドゥーエ戦役 - コーディネイターとナチュラル

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki