FANDOM


ムウ・ラ・フラガ
性別
年齢 28歳
生年 C.E.43年11月29日
身長 183cm
体重 77kg
血液型 O型
人種 ナチュラル
所属 地球連合軍
階級 大尉→少佐

ムウ・ラ・フラガ (Mu La Flaga;Mwu La Fllaga) は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する架空の人物(子安武人)。本項では、ネオ・ロアノークの概要も記述する。


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


ムウ・ラ・フラガ 編集

人物 編集

地球連合軍第七機動艦隊に所属するエースパイロット。資産家アル・ダ・フラガの長男として上流階級の家に生まれ、何人もの執事を抱えた豪邸に住むなど物質面では不自由なく育ったが、両親の教育方針の違いから父親から嫌悪され、暗い少年時代を過ごし、火災で幼くして両親と家を失う。地球連合軍に入隊後、MAのパイロットとしてその才能を開花させる。抜群の操縦センスを誇り、ガンバレルを使用可能とする特殊な空間把握能力を持つ数少ない1人として、MAや戦闘機でコーディネイターが搭乗するMSを多数撃破している。非常に気さくなノリの軽い性格で軍人らしからぬ一面もあるが、戦闘時には的確な判断を下し、軍人として、年長者として仲間を先導して行く。物事にとらわれすぎない、柔軟な思考の持ち主。ザフト軍のラウ・ル・クルーゼとは宿敵同士である。「エンデュミオンの鷹」と言う異名を持ち、自称「不可能を可能にする男」。

経歴 編集

地球連合軍が開発したG兵器のパイロットとして着任する新兵5名を乗せた輸送艦に、護衛として二人の部下と共に同乗し、ヘリオポリスを訪れていたが、クルーゼ隊の襲撃により乗艦が撃墜されてしまう。その後、アークエンジェルの搭乗員となる。

アークエンジェルでは、ムードメーカーとして、キラの良き兄貴分となった。艦長としての重責がのしかかるマリューに対しては、何かと彼女の相談に乗り、アドバイスを与えていた。マリューとは後に恋仲になる。パイロットとしてはナチュラルの中でもトップクラスの能力の持ち主であり、メビウス・ゼロディアッカバスターと互角に渡り合った。

地球降下後は、ランチャーストライカー装備のスカイグラスパーに搭乗する。アフリカの砂漠でバルトフェルド隊、アデン湾・インド洋上でのモラシム隊、オーブ近海でのザラ隊との戦闘を経て、オーブ出航後のマーシャル諸島におけるザラ隊との交戦では、搭乗機が被弾しながらもバスターを中破させた。

アークエンジェルがアラスカ基地に到着後、士官学校教官職への転属命令を受ける。同様に転属命令を受けたナタルフレイと共に艦を降りるが、互いに想いを寄せ合っていたマリューのいるアークエンジェルへ戻ることを決意する。時を同じくしてザフト軍のアラスカ基地攻略戦が開始され、引き返す途中で、基地内に潜入していたクルーゼを感知し探し出す。クルーゼの言動や、もぬけの殻となっていた司令室、さらに地下深くに設置されたサイクロプスの存在から、地球連合軍の企てを看破し、アークエンジェルのクルーにその事実を伝えるために舞い戻った。

アークエンジェルと共に地球連合軍を脱走し、オーブに身を寄せた後は、モルゲンレーテにて修復され、新たにナチュラル用のOSが搭載されたストライクのパイロットとなる。

アークエンジェルは、クサナギと共にオーブから宇宙へ脱出後、エターナルと合流する。メンデル宙域においてドミニオンの襲撃を受け、ランチャーストライクで出撃する。エターナルを追撃して来たクルーゼのゲイツとコロニー・メンデル内部で交戦となり負傷する。MSから降り、クルーゼを追った際には、彼の出生の秘密を聞かされ驚愕する。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦では、エールストライクで出撃し、クルーゼのプロヴィデンスと交戦となり機体を中破する。帰投しようとする中、アークエンジェルに向けてドミニオンのローエングリンが発射され、仲間を、そして愛する人を守るため身を挺してその盾となり、ストライクは爆散し、MIA(戦闘中行方不明)となった。

余談 編集

  • 開戦初期にメビウス・ゼロに搭乗し、月面エンデュミオン・クレーター上でのグリマルディ戦線において、ザフト軍のジン5機を撃墜する。敵軍一掃を狙う地球連合軍により暴走させられたサイクロプスからも逃れ無事生還している。通常MS1機はMA5機に相当する戦力であるとされている事から、これは稀有な戦績であり、このためムウは「エンデュミオンの鷹」の異名で呼ばれ、その名は英雄として広く知られるようになった。なお、この裏には、地球連合軍上層部がエンデュミオン・クレーターでの惨敗を糊塗するため、彼の戦績を大々的に宣伝したと言う事実がある。ムウは生来特殊な空間認識能力を持っており、同じくこの能力を持つパイロットたちから成るメビウス・ゼロ部隊に所属していたが、他のパイロットたちはグリマルディ戦線で戦死したため、劇中当初の段階ではメビウス・ゼロの有線式ガンバレルを操作可能なのはムウただ一人となっていた。このエンデュミオンの戦いにおいてムウはクルーゼと戦い、この戦争における二人の因縁が始まる事になった。
  • クルーゼとは因縁の敵同士で、特殊な空間認識能力を有した者同士であり、遺伝子的な繋がりからか(「ラウ・ル・クルーゼ」を参照。)、戦場では互いの存在を感知し合っている。劇中においてクルーゼとは三度交戦している他、グリマルディ戦役時など劇中以前にも何度か戦っている。クルーゼ隊のヘリオポリス侵攻時は、メビウス・ゼロでクルーゼのシグーと交戦するが勝敗は決まらなかった。コロニー・メンデルでの戦闘ではクルーゼのゲイツランチャーストライクで対抗するも接近戦で苦戦を強いられ敗れている。第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦では、エールストライクに搭乗するが、圧倒的な戦闘力を誇るプロヴィデンスドラグーンシステムによる全方位攻撃の前に防戦一方となり敗退となった。また、アラスカ基地内及びコロニー・メンデル内では銃撃戦を行っているが、いずれも相手を倒すことなく終わっている。
  • SEED』の小説版では、母親の方針で使用人の子供達と分け隔てなく遊んでおり、寂しいとは思っていなかった。彼の家系は直観的に未来を先読みするある種の超能力を受け継いでおり、フラガ家はその能力を用いて投資によって莫大な資産を得ていたとされている。
  • 両親と生活していた時期にクルーゼと一度だけ対面したことがあったらしい。
  • 実際の射撃はあまり得意ではないらしい。
  • 『SEED』の最終話で確実に死亡した筈の描写として、ムウのヘルメットが宇宙空間に浮かんでいるシーンがあるが、『スペシャルエディション完結編 鳴動の宇宙』においてはカットされており、ストライクの残骸のみのシーンとなっている。
  • 『2003年11月に福田己津央行った講演会の語録より』では、ムウがドミニオンローエングリンをストライクのみで止め得たことについて、監督の福田己津央が、「ローエングリンが対要塞用の陽電子砲であることを知らなかった」と述べている。

主な搭乗機 編集


ネオ・ロアノーク 編集

ムウ・ラ・フラガ
性別
年齢 31歳
生年 C.E.42年11月29日
血液型 O型
人種 ナチュラル
所属 地球連合軍オーブ軍
階級 大佐(地球連合軍)→一佐(オーブ軍)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物(子安武人)。

人物 編集

地球連合軍第81独立機動群ファントムペインの指揮官であり、ブルーコスモス盟主ロード・ジブリールの支配下にある部隊として、スティング・オークレーアウル・ニーダステラ・ルーシェの3人を率いる。頭部上半分を覆う漆黒の仮面で素顔を隠しており、制服も一般兵とは異なり黒く染められている。髪は癖のある長い金髪。軽い発言や性格とは裏腹に軍務に忠実で部下からの信頼も厚く、指揮官としての能力は高い。また、パイロットとしての腕も一流であり、自ら出撃して戦闘の指揮を取る事もある。搭乗機はエグザスと、赤紫のパーソナルカラーに塗装されたウィンダム

経歴 編集

ファントムペインを率いて、アーモリーワンを襲撃し、ザフト軍のセカンドステージシリーズMSカオスガイアアビスを強奪する。アーモリーワンから母艦ガーティー・ルーで離脱する際には、エグザスで出撃し、敵をひきつけてながら追撃して来るザフト軍MSを数機撃墜した。

デブリ帯において、ファントムペインを追撃してきたミネルバを翻弄し、小惑星の中に閉じ込めるが脱出され、ガーティー・ルーが損傷し、撤退した。

ユニウスセブン落下事件後、ミネルバ討伐の任を受け、地球に降下するインド洋での戦闘では、MSの大部隊を指揮し、シンインパルスと戦闘になるが、アスランセイバーに牽制され、撃墜には及ばなかった。

その後、オーブ軍を煽動し、ミネルバを追い詰めるも、突如現れたアークエンジェルフリーダム、そしてオーブ代表首長カガリにより戦場は混乱し、ミネルバを討つには至らなかった。

度重なる任務失敗によりジブリールの命令に逆らえなくなったネオは、シンとの約束を破り、ステラデストロイのパイロットとして再び戦場に送り出す事になる。ネオはその護衛として、スティングカオスと共にウィンダムで出撃するが、デストロイを止めに来たキラのフリーダムと交戦となり、撃破され不時着するが、コクピットから放り出され、気絶する。

この時に、アークエンジェルによって収容されるが、素顔が、アークエンジェルを守って戦死したはずのムウと瓜二つであり、アークエンジェルに残っていたパーソナルデータがムウのものと100%一致する事がわかる。以降は捕虜としてアークエンジェルの医務室のベッドに両腕を縛られた状態で拘束される。

様々な一致点から、ネオ=ムウという認識を持たざるを得なくなり、マリューよりスカイグラスパーを与えられ解放されるも、直後の交戦でそのままスカイグラスパーで戦闘に参加する。機体が被弾し再びアークエンジェルへと着艦した。

オーブでの戦闘終了後、自分が誰なのかを知るため、そして自分の身体と、言葉で表現できない何かで覚えているマリューのため、アークエンジェルに残って戦うことを選ぶ。アークエンジェルが正式にオーブ軍に編入されてからは一佐に任官され、オーブに残るカガリからアカツキを託される。

メサイア攻防戦において、シラヌイパックに換装したアカツキで出撃し、アークエンジェルとエターナルをザフト軍の攻撃から守った。ミネルバがアークエンジェルに向けて放ったタンホイザーをアカツキで受け止め防いだ際、ムウとしての記憶が完全によみがえる。アスランと共にレクイエムを破壊した。メサイアの陥落を見届けたネオは、マリューのいるアークエンジェルへムウとして戻って行った。

余談 編集

  • ネオ初登場時のアフレコの際、ネオ役の声優子安武人は「ムウとは別のキャラクターとして演じるのか」と監督に聞いたところ、「もっとムウっぽく喋ってくれ」と指示されたと言う。製作側の意図としては放送を見た大半のファンはネオ=ムウと気づくようにしていたと思われる。そのためか初期の頃は子安の意識した演技から、妙にムウっぽい口調になっている。
  • ザフト軍のパイロットであり、ムウの父アル・ダ・フラガのクローンの一人でもあるレイとは、かつてのクルーゼと同様に共鳴反応を起こし、レイの搭乗するブレイズザクファントムが白色だである事から、彼のことを「白い坊主君」と呼称している。4話以降は遭遇しても共鳴反応の描写自体は無かった。
  • 第2期及び第3期のOPで仮面の取れたネオがマリューと銃を向けてお互いに対峙しているシーンがあり、ファンの間ではその演出から二人の「再会」には相当期待がされていたが、劇中においてキラに撃墜されコクピットから放り出された際に、マリューによりネオの素顔が明かされる描写になっている。変更する理由が無いために疑問の声が上がるが、後にスタッフ達の証言から製作日程の問題であると明らかになった。おそらく当初はOP通りに再会させるつもりだったが話が長引き、尺不足になっていた事から、やむを得ず劇中の展開に変更された可能性が高い。なお、第3期OPの冒頭では仮面が外れた状態で登場し、ネオ=ムウであると明かされる回の2週間以上も前に複数の『映画・ドラマ・アニメ等のTV番組ガイド』の予告記事で「ネオはムウであった」と掲載されている。
  • ネオとして復活したものの、OPや初期のストーリー等で期待されたレイとの因縁や、ファントムペインの部下およびジブリールらとの関係について多くは触れられず、さらに福田監督にはインタビューで「ネオに関しては時間が足りなかったらスルーするつもりだった」と発言されてしまった。
  • 劇中では意味深な言動や、高い戦闘能力から物語の鍵を握る人物と紹介されていたが、その正体は、『SEED』において、最終決戦でアークエンジェルを守って死んだはずのムウである。ドミニオンが放ったローエングリンを受け止めた際、機体の爆発により瀕死の重傷を負いながらも辛うじて生きながらえ、宇宙空間を漂った後、その特殊な能力に目を付けたブルーコスモスもしくは地球連合軍上層部によって救助されている。その後、アッシュ・グレイ同様の記憶操作により「ネオ・ロアノーク」としての記憶を植え付けられ、戦闘を行う事になった。なお、性格そのものは大きく変わっていないため、瀕死の重傷を負うほどのショックから本当に記憶喪失になっており、その後にネオとしての記憶を植え付けられた可能性もある。『DESTINY』の小説版では、ジブリールにより、記憶を消されたかのような描写になってる。顔をはじめ全身に機体の爆発で負った傷跡が無数に残っているが、四肢や胴体に欠損は見られない。
  • 後の回想ではムウを助けたのはジブリールだった事を示す描写が1シーンだけ流されたことがある。
  • ムウとしての記憶を消したのはジブリールをはじめとする地球連合軍の人間にも関わらず、ネオを事実上拘束したアークエンジェルの面々はザフト軍のみを追い続け、ジブリールもあくまで自分の立場しか考えていないような描写がされていたためか、本来描かれるべきであったムウの記憶を巡るアークエンジェルと地球軍との絡みは全くなく、尺を短くした影響がこういった部分にも現れているという声もある。
  • 『DESTINY』のコミックボンボン版では、ベルリンで撃墜されたのを最後に出番が無くなっており、コミックボンボン版では「ネオはあくまでネオで、ムウは前作で死んだ」という解釈も出来る。
  • 第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』でもムウがローエングリンを受け止める場面が再現されているが、その後、必ず生き残る。しかし、その際の機体はストライクである必要はなく、メビウス・ゼロスカイグラスパーなど、どんな機体に乗せていてもムウはローエングリンを受け止める事が可能であり、明らかに不可能と思われる機体でも「不可能を可能にする」事が出来る。
  • ムウ役の声優子安武人とマリュー役の声優三石琴乃によれば、戦後の2人は子だくさんの暖かい家庭をつくっているとの予想である。

主な搭乗機 編集

関連項目 編集


  
機動戦士ガンダムSEED
メディア展開 原作 - 小説 - 漫画 - ムック - ドラマCD
登場人物アークエンジェルクルー キラ・ヤマト - ナタル・バジルール - フレイ・アルスター - マリュー・ラミアス - ミリアリア・ハウ - ムウ・ラ・フラガ - アーノルド・ノイマン - カズイ・バスカーク
地球連合軍 ムルタ・アズラエル - オルガ・サブナック - クロト・ブエル - シャニ・アンドラス
ザフト軍 アスラン・ザラ - アンドリュー・バルトフェルド - イザーク・ジュール - ディアッカ・エルスマン - ニコル・アマルフィ - ミゲル・アイマン - ラウ・ル・クルーゼ - ラクス・クライン
オーブ連合首長国 カガリ・ユラ・アスハ
勢力国家 オーブ連合首長国 - 大西洋連邦 - プラント - ユーラシア連邦
軍事 地球連合 - ザフト - FAITH - 三隻同盟
企業
民間 ブルーコスモス
兵器 グングニール - サイクロプス - ジェネシス - 対MS用ホバークラフト - ミーティア - アサルトシュラウド - オールレンジ攻撃
機動兵器モビルアーマー ミストラル - メビウス・ゼロ
モビルスーツ地球連合 デュエル - バスター - ストライク - ブリッツ - イージス - カラミティ - フォビドゥン - レイダー - ストライクダガー -
ザフト ジャスティス - フリーダム - プロヴィデンス - ジン - シグー - ゲイツ - バクゥ - ザウート - グーン - ディン
オーブ M1アストレイ
航空機・戦闘機・ヘリ スピアヘッド - スカイグラスパー - アジャイル - インフェトゥス - エターナル - グゥル
艦船 アガメムノン - アークエンジェル - スペングラー - ダニロフ (機動戦士ガンダムSEED)? -ドレイク - ネルソン - ナスカ - ピートリー - ボズゴロフ - レセップス - ローラシア - イージス - イズモ - クラオミカミ - 輸送艦
車両全般 ブルドック - リニアガン・タンク - リニア自走榴弾砲 - 六輪連結装甲車 (機動戦士ガンダムSEED) - 指揮車 (機動戦士ガンダムSEED) - 電源車 (機動戦士ガンダムSEED) - 弾薬運搬トレーラー (機動戦士ガンダムSEED) - 戦闘用エレカ - 自走砲 (自走ガトリング砲) - ミサイル搭載ハーフトラック
都市・地域・施設 コペルニクス - メンデル - 軍事施設 -
技術 ミラージュコロイド - フェイズシフト装甲 - ラミネート装甲 - 強化人間
歴史 SEED - コズミック・イラの成立 - ヤキン・ドゥーエ戦役 - コーディネイターとナチュラル

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki