FANDOM


ムルタ・アズラエル
性別
年齢 不明
生年 C.E.41年
没年 C.E.71年9月27日
人種 ナチュラル
所属 ブルーコスモス
階級 盟主

ムルタ・アズラエル (Multa Azrail) は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する架空の人物(檜山修之)。

個人データ 編集

  • コーディネイター政治団体ブルーコスモス」の盟主。彼の家系自体が古くから反コーディネイター運動に最大の出資をしてきたアズラエル財閥であり、その御曹司である。また、国防産業連合理事の任にあり、デトロイトに本社をおく大手軍需産業の経営者でもある。大西洋連邦政府及び同国軍に対して強い発言力を持ち、現場指揮官に直接「命令」を下すことすらあった。家系の影響に加え、幼少期に同年代のコーディネイター達にどうしても勝てず大人数で痛めつけようとして返り討ちに合った事から、彼らを強く憎むようになり、また自らをコーディネイターにしてくれなかった事を母親に言ったところ、母親にぶたれた事で母親にも憎悪に似た感情を抱いていたなど彼がコーディネイターに抱いている憎悪の根本にあるのは逆恨みと八つ当たりである。

経歴 編集

パナマ攻略戦において地球連合軍マスドライバーを失い、宇宙への橋頭堡確保のため、マスドライバーを持つオーブへの侵攻を提案し、自ら指揮する。オーブへの侵攻とマスドライバーの奪取はオーブ側のマスドライバーを含む軍関連施設およびモルゲンレーテ社の自爆により失敗に終わったが、後期GAT-Xシリーズレイダーフォビドゥンカラミティを実戦投入すると言うもう一つの目的は大きな戦果と共に達成された。

その後のアークエンジェル討伐戦では。フリーダムジャスティスに核エンジンが搭載されている事を見抜き、捕獲を命令している。

宇宙に上がってからはドミニオンに乗り込み、民間人でありながら実質的な指揮官の座にあった。 ザフトから解放されたフレイの「戦争を終わらせる鍵を持っている」という言葉に関心を持ち彼女を救助し、ニュートロンジャマーキャンセラーのデータを手に入れ狂喜した。

地球連合軍上層部を説き伏せ、これを利用した核ミサイル搭載モビルアーマー部隊「ピースメーカー」を編成。ザフトの宇宙要塞ボアズを核攻撃で沈めた後、プラントに対しても核攻撃を行おうとする。しかし、最終決戦である第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において投入された核ミサイルはキラ・ヤマト達によって全弾撃墜され、また兼ねてよりアズラエルの行動に疑問を抱いていたナタルが反旗を翻し、フレイを初めとする全クルーに対し、対峙していたアークエンジェルへの投降を命じる。これに激昂したアズラエルは自分用の端末でローエングリンを起動し、アークエンジェルに向けて発射するが、身を挺したムウストライクによって阻止される。これによりマリューの怒りと悲しみは高まり、直後にアークエンジェルから放たれたローエングリンによりアズラエルはナタルと共に命を落とした。

余談 編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki