FANDOM


キラ・ヤマトの育ての親。夫ハルマ・ヤマト(声:松本保典)と妻カリダ・ヤマト(声:井上喜久子)。

カリダはヴィア・ヒビキの妹でブルーコスモス襲撃の間際にヴィアからキラとカガリを託されメンデルから脱出した。

その後キラは自分たちの手元で育て、カガリはアスハ家へと託した(ヤマト夫妻、ヒビキ夫妻とアスハ家との関係は不明。尚、ユーレンとウズミが学友だったという説も一部にあるが、正式な設定ではない)。

コペルニクス在住時には、仕事で留守がちなアスランの母レノアに代わって彼の面倒をよく見ていたようである。そのため、アスランの初恋の人はカリダであったという設定もあり、彼女が作るロールキャベツが好物だったようだ。

カリダはレノアと親友でよく相談に乗ってもらっていたこともあり、コペルニクスからプラントに移住したかったようだが、ハルマがコーディネイターナチュラルがプラントより共存していた(※)オーブを選び、ヘリオポリスに移住することになった。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY時にはカリダが序盤に登場。マルキオ導師の孤児院の手伝いなどをしながらキラの様子を見ていた模様である。

キラの恋人であるラクス・クラインとの関係は良好であり、アニメでも描写されている。

※「共存」していたとする資料と、「潜在コーディネイター」として隠れ住んでいたにすぎないとする資料があり、事実が判然としない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki