FANDOM


機動戦士ガンダムSEED』の登場人物。キラカガリの実の父親。(声:柳沢栄治

最高のコーディネイター(スーパーコーディネイター)創造のため、「人工子宮」を制作。

妻ヴィアに宿った自らの双子の子供(受精卵)の片方(キラ)を実験体としてしまう。

しかし、実験の成功(キラの誕生)直後、ブルーコスモスの襲撃を受け生死不明となる(おそらく妻ともども死亡したと思われる)。

最初は人類の進歩や幸福のためを思って遺伝子研究に取り組んでいたようだが、次第に自己中心的な功名心のための研究となっていき、人工子宮の生体サンプルとして扱った多くの胎児の命を平然と犠牲にしている。人工子宮研究の研究資金と引き換えに、アル・ダ・フラガの依頼でそのクローンのラウ・ル・クルーゼを生み出した。

ちなみに同じクローンであるレイ・ザ・バレルはユーレンが生み出したかどうか不明である(レイが誕生した時、ユーレンは既にテロで死亡していた可能性があるため。ただし、レイの正確な誕生年は不明なので、キラより年上~同年くらいであればユーレンが生み出した可能性はある)。

カガリと同じような金髪と金眼であり、カガリの容姿は彼の遺伝要素が強いと思われる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki