FANDOM


Anipedia+M+N > ARIA > 希望の丘

天野こずえの漫画ARIA及びその派生作品に登場する架空の土地。AQUA 第一巻 Navigation 05及びARiA 第十一巻 Navigation 55「黄昏時」(ARIA The ORIGINATION 第九話「その オレンジの風につつまれて…」に相当)の舞台であり、前者ではエピソードのタイトルにもなっている。


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


概要 編集

ネオ・ヴェネツィア近郊に位置する丘陵地。頂上に数基の風車が設けられていることから、正しくは「風車の丘」と呼ばれる。ネオ・ヴェネツィア本島からかなり離れているため、頂上からは本島を含めたネオ・アドリア海が一望できる。そのため観光地でもあり、ヴァポレットも運行されている。

丘に向かう運河には途中少なくとも2つの閘門(作中ではわかりやすく「水上エレベーター」と表現)が存在する。また運河のほとんどは周辺の平地を跨ぐ「陸橋水路」である。そのため幅は狭く、一方で交通量も多いため、キャリアの浅いゴンドリエーレにとっては難所である。

シングル・ウンディーネ昇格試験はこの丘の頂上を目的地とする実地試験だが、その試験期日及び内容は受験者には事前に伏せられる慣習がある。作中で水無灯里アリス・キャロルは、試験中にすれ違うウンディーネたちから激励の言葉をかけられ、その意味が理解できなかったが、それはこのような事情による。いつ頃からこの慣習が成立したかは不明だが、いつしかウンディーネたちの間で風車の丘は「希望の丘」と呼ばれるようになった。

Aria the origination logo この項目はARIAに関する書きかけの項目です。加筆・訂正等にご協力いただける方を探しています。
wikiを弄ったことが無いので手を出すには躊躇してしまう、という方はフォーラムで編集を依頼してみるとよいかもしれません。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki