FANDOM


アニメ > ARIA > ARIAの登場人物 > 庵野波平
庵野波平
Namihei Anno
性別
年齢 55歳
生年 2246年(?)7月23日
身長 148cm
血液型 O型
職業 郵便局員
階級 現業職員(集配担当)→管理職[1]
所属 カンナレージョ郵便局
初登場 ARIA The ANIMATION
第四話「その 届かない手紙は…」
AQUA 第一巻
Navigation 01「水の惑星」

天野こずえの漫画作品ARIA及びその派生作品の登場人物。ネオ・ヴェネツィアのカンナレージョ郵便局に勤務する少壮の郵便局員。主人公・水無灯里アクアで初めて出会い、友達になった人物である。担当声優は清川元夢[2]


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


概要 編集

局内ではベテランの域に入る職員で、後輩からは「長老」「じい」「おやじ」と呼ばれている。ネオ・ヴェネツィアでの生活には若干不便さを感じてはいるものの、同時に、それ以上の魅力を感じているようだ。

マルコ・ポーロ国際宇宙港前の河岸で灯里のバッグを持ち去ったアリア社長が、足を滑らせて彼の漕ぐ郵便ゴンドラに転落した事が、彼が灯里と知り合ったきっかけである。成り行きで同乗する事になった灯里がウンディーネ志望と知った彼は、灯里にオールを持たせる。当時の灯里はまだ逆漕ぎのままであったが、そのスピードと、壁に衝突する寸前で回避したオール捌きを見て、彼は「立派なウンディーネになれる」と灯里に告げる。

灯里の人柄は、彼を通じてカンナレージョ郵便局職員に知られるようになる[3]

ARIA 第12巻 Navigation 60「水の妖精」(アニメ版ではARIA The ORIGINATION 最終話「その 新しいはじまりに…」)で、プリマに昇格しARIAカンパニーを一人で切り回すようになった灯里が気になったのか、ゴンドラの予約を入れた。その際に集配現場からの引退と管理職への異動を告げると共に、「大丈夫だ」と灯里を励ましている。

脚注 編集

  1. ARIA 第12巻 Navigation 60「水の妖精」より
  2. アニメ化以前に出されたCDドラマ版では千葉繁
  3. ARIA 第5巻 Navigation 21「郵便屋さん」より
Aria the origination logo この項目はARIAに関する書きかけの項目です。加筆・訂正等にご協力いただける方を探しています。
wikiを弄ったことが無いので手を出すには躊躇してしまう、という方はフォーラムで編集を依頼してみるとよいかもしれません。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki