FANDOM


メインページ > ARIA > 月刊ウンディーネ

天野こずえの漫画ARIAの派生作品。2006年7月と2008年3月にマッグガーデンより各3号が発売された。

概要 編集

アニメ版に登場した同題号の架空の雑誌を再現したという設定の小冊子である。おまけとしてフィギュアが付いており、2006年版はARIAカンパニーミニチュアドールハウスとメインキャラのミニチュアドール、2008年版は「アリア社長おしゃれコレクション」となっている。

小冊子の内容は基本的に原作の内容を踏まえたものだが、随所に裏設定や、実在のヴェネツィアの名所・歴史を紹介した記事が盛り込まれている。

内容 編集

特集記事 編集

  • 水先案内店特集(第1~3巻)
本作品にかかわる3つの水先案内店の特集。3店のトッププリマ(=晃・E・フェラーリアリシア・フローレンスアテナ・グローリィ)インタビュー、店の歴史を紹介する「水先案内店年代記」、3店の新人ウンディーネ(=藍華・S・グランチェスタ水無灯里アリス・キャロル)によるゴンドラクルーズガイドから成る。
  • 新人プリマ特集(第4~6巻)
灯里・藍華・アリスのプリマ昇格にあわせた特集。インタビュー、思い出の地を巡るゴンドラクルーズ記、新人プリマアンケート集計結果(第4巻)、アリシア・晃・アテナの座談会(第5巻)、ゴンドラ協会理事インタビュー(第6巻)から成る。
  • CLOSE UP NEWS(第4~6巻)
原作最終話「水の妖精」での灯里のメールで触れられた3つの出来事のリポート記事。第4巻はアテナのオペラ歌手デビュー公演、第5巻は姫屋支店開業記念パーティー、第6巻はアリシアの引退セレモニーを取材している。

連載記事 編集

  • 漫画「プリマをねらえ!」
アルセーヌ・R・ミツヤ[1]作。女王(クイーン)カンパニーという水先案内店を舞台に、同店のシングルウンディーネ・アイリスが奮闘する。内容はいわゆる「飛翔系」[2]少年漫画風味と言ってよい。各エピソードのタイトルはアニメ版のそれのパロディとなっている。
第4~6巻では「Nice! プリマをねらえ!」とタイトルが変わり、ローマ神話の12神にちなんだ名を持つウンディーネを擁しネオ・ヴェネツィアの全水先案内店に宣戦を布告した新興店「コンセンテンス」に、アイリスたちが超人技を持って挑むという、『聖闘士星矢』風のアクション物となっている。
アイはこの漫画がお気に入りである。
第1~3巻では「グランマの部屋」、第4~6巻「城ヶ崎村便り」と題されている。

本書で公開された主な裏設定 編集

  • 暁の兄郵便屋さんカフェ・フロリアン店長のフルネームが明らかになっている。(第1~3巻)
  • 姫屋(第1巻)とオレンジぷらねっと(第3巻)の創業の経緯が記されている。
  • 灯里がウンディーネを目指したきっかけ(第6巻)、ウンディーネ業界に入る前のアテナ(第3巻)という、原作本編では触れられなかった過去話が明かされている。

既刊一覧 編集

  • Vol.1 (A.D.2301年8月号) 先駆の誇り - 姫屋特集号 / 付録:ARIAカンパニーミニチュアドールハウス1F&姫屋's / 発売日:2006年7月10日
  • Vol.2 (A.D.2302年13月号) 伝説の系譜 - ARIAカンパニー特集号 / 付録:ARIAカンパニーミニチュアドールハウス2F&ARIAカンパニー's / 発売日:2006年7月18日
  • Vol.3 (A.D.2302年18月号) 舟上の革新 - オレンジぷらねっと特集号 / 付録:ARIAカンパニーミニチュアドールハウス3F&オレンジぷらねっと's / 発売日:2006年7月24日
  • Vol.4 (A.C.0076年14月号) 特集:煌星のごとき新妖精たち(1) - 黄昏の姫君 / 付録:アリア社長おしゃれコレクション / 発売日:2008年3月10日
  • Vol.5 (A.C.0076年15月号) 特集:煌星のごとき新妖精たち(2) - 薔薇の女王 / 付録:アリア社長おしゃれコレクション / 発売日:2008年3月21日
  • Vol.6 (A.C.0076年16月号) 特集:煌星のごとき新妖精たち(3) - 遥かなる蒼 / 付録:アリア社長おしゃれコレクション / 発売日:2008年3月31日

脚注 編集

  1. 実際の作者は樒屋涼。原作者の天野こずえ自身も「Kozue Amano XII(天野こずえ12世)」名義で同誌の「写真家」としてクレジットされている。
  2. 『週刊少年ジャンプ』掲載作品をこう呼ぶ。
Aria the origination logo この項目はARIAに関する書きかけの項目です。加筆・訂正等にご協力いただける方を探しています。
wikiを弄ったことが無いので手を出すには躊躇してしまう、という方はフォーラムで編集を依頼してみるとよいかもしれません。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki