FANDOM


試験召喚戦争
略称「試召戦争」。下記のルールに基づいて行われるテストの点数を用いたクラス対抗戦。
学園長曰く、「『成績』を可視化することによって、生徒の勉強へのモチベーションを上げる」ことを目的としたシステム。そのため学力を上げる方法でなく姑息な戦略を練ったり、召喚獣の操作技術のみで勝ち進んだりしている現Fクラスは「システムの本質を歪めている」と云う。
点数は召喚獣のヒットポイントの様な物に変換され、行動や腕輪の能力行使で体力を消耗したり戦闘ダメージを受けたりすると減少し、ゼロになると召喚獣は「戦死」となる。基本的に点数の高いほうが有利になるが、召喚獣の操作技術によっては戦力差を覆せることもある。
文月学園におけるクラス設備の奪取・奪還および召喚戦争のルール
一、原則としてクラス対抗戦とする。各科目担当教師の立会いにより試験召喚システムが起動し、召喚が可能となる。なお、総合科目勝負は学年主任の立会いのもとでのみ可能。
二、召喚獣は各人一体のみ所有。この召喚獣は、該当科目においてもっとも近い時期に受けたテストの点数に比例した力を持つ。総合科目については各科目最新の点数の和がこれにあたる。
三、召喚獣が消耗するとその割合に応じて点数も減点され、戦死にいたると0点となり、その戦争を行っている間は補習室にて補習を受講する義務を負う。
四、召喚獣はとどめを刺されて戦死しない限りは、テストを受けなおして点数を補充することで何度でも回復可能である。
五、相手が召喚獣を喚びだしたにもかかわらず召喚を行わなかった場合は戦闘放棄とみなし、戦死者同様に補習室にて戦争終了まで補習を受ける。
六、召喚可能範囲は、担当教師の周囲半径10メートル程度(個人差あり)。
七、戦争の勝敗は、クラス代表の敗北を持ってのみ決定される。この勝負に対し、教師が認めた勝負である限り、経緯や手段は不問とする。あくまでもテストの点数を用いた『戦争』であるという点を常に意識すること。
その他のルール・慣習
クラス別に行われるクラスとクラスの召喚獣を用いた戦いで、上位のクラスに勝てばそのクラスと設備を入れ替える事が可能(上位クラスは宣戦布告を断る事は出来ない。そのため布告した生徒はそのクラスの生徒達にリンチを受ける。過去、明久は雄二の命令により2度宣戦布告し、2回ともボコられた)。敗北した側が下位クラスだった場合、設備が1段階下がる(Fクラスの場合、ちゃぶ台からみかん箱になる)。
基本的に代表を討ち取るまで戦いは続くが、両者が望めば勝敗なしでの終結も可能。そのため、クラス代表が撃破された場合でも、撃破した側が、敗北(=設備を交換)か条件を呑んでの引き分けなどの二択を提示した場合、勝敗なしでの決着もあり得る。
勝敗が決した場合、負けたクラスは3ヶ月の間自分達から試召戦争の申し込みはできない(ただし、勝敗が発生しなかった場合は適用されない)。これは負けたクラスがすぐに報復を行うことによる戦争の泥沼化を防ぐ為。
両クラスの合意の上で且つ、テストを使っていれば別の方法(代表を選出しての「一騎打ち」など)での勝負も可能である。
現在確認されている教科は、現代国語、古典、数学、物理、化学、日本史、世界史、英語W、保健体育の9教科に加え、総合教科の10教科である。
バカテストではこの他に生物、現代社会、地理、政治・経済の4科目があり、この先出てくる可能性はある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki