FANDOM


G兵器(ジーへいき)とは、アニメ機動戦士ガンダムSEED』において、地球連合軍モビルスーツ開発計画の初期に作られた第1期GAT-Xシリーズモビルスーツ・GAT-X102デュエル、X103バスター、X105ストライク、X207ブリッツ、X303イージスの5機のコードネーム。Gにはgenesis、genocideの意味が込められている。


注意以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています。


G兵器 編集

G兵器とは、地球連合軍所属国家の大西洋連邦が、他の連合加盟国の承認を得ず「ヘリオポリス」にてモルゲンレーテ社と共同でG兵器開発計画の名の下に極秘開発した新型試作MS群である。

型式番号のGATとは「Gressorial Armament Tactical」(戦術装脚兵装)の略で、「X」は試作機である事を表す。「G兵器」の「G」とはOSの頭文字であり、通常は「G」、もしくは「Xナンバー」と呼ばれる。

この機体群は全機がフェイズシフト装甲(PS装甲)と言う特殊装甲を採用し、電力消費と引き換えに携行できるビーム兵器を殆ど持たないザフトのMSに対して無敵に近い防御力を発揮できる。また、新型の低電力高出力ジェネレーターの実用化によって小型化されたビーム兵器を搭載しており、標準装備で既に艦船をも撃沈する攻撃力を有している。だが、PS装甲とビーム兵器の同時運用は予想以上にエネルギー消費が激しく、新型の大容量バッテリーが動力源であるにも係わらず、フル稼働時の実働時間は一般の量産機よりもかなり短い。又、機体を制御するOSも不完全なものであり、ロールアウト時点ではナチュラルの手に余る代物であった。

概要 編集

5機の機体には "G.U.N.D.A.M."(General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver Synthesis System, 単方向の分散型神経接続によって自律機動をおこなう汎用統合性システム)という名称のOSが搭載されている。劇中にてキラ・ヤマトがこの頭文字からGAT-X105 ストライクのことを「ガンダム」と呼んでいたが、GAT-Xシリーズの総称は「G兵器」または「Xナンバー」であり、「ガンダム」という呼称は機動戦士ガンダムSEEDの世界である「コズミック・イラ」においては正式なものではない。すなわち作中で登場人物が「ストライクガンダム」等の呼称を使用することはない。(ただしバンダイより発売されているガンプラではSEEDのモビルスーツにおいてもガンダムという名称が使用されている。)

建造されたG兵器 編集

後期G 兵器編集

ヘリオポリスで建造された5機のGAT-Xシリーズの開発データ・戦闘記録を元に地球連合軍が独自に開発した機体群。尚、先行開発された5機のGは以降初期GAT-X、または前期GAT-Xシリーズと呼称される。

初期GAT-Xシリーズからの最大の変更点は装甲に改良型PS装甲システム「トランスフェイズ装甲」が採用されていることで、防御力を維持しつつ大幅な稼働時間延長に成功している。又、これらの機体群は基本的な性能は第1期GAT-Xとそれ程変わらないものの、各機体が単一のコンセプトに特化した装備や機構を持ち、最適な状況下においては総合性能で1、2ランク上の機体とも対等に渡り合うことが出来る。

一方、特殊化し過ぎた機体は、量産機用に開発されたナチュラル用OSでは十分には制御できなかった。その為、これらの機体にはそれぞれ専用のOSが搭載されており、それに対応する為にパイロットには投薬や手術などで強化されたブーステッドマンが採用されている。 第2期GAT-Xシリーズとして開発されたのはカラミティ、フォビドゥン、レイダーの3機で、それぞれ火力支援、電撃侵攻、一撃離脱をコンセプトとしている。

後期GAT-Xシリーズに属する機体 編集

アクタイオン・プロジェクト 編集

地球連合軍第81独立機動群"ファントムペイン"がアクタイオン・インダストリー社を中心とした複数企業の技術協力を受け推進したエースパイロット用カスタマイズMS開発計画―通称「アクタイオン・プロジェクト」の成果の1つとして生み出された機体群。

C.E.72年に締結されたユニウス条約は、地球連合・ZAFT双方のMS開発に多大なる影響を与えた。具体的には、ニュートロンジャマーキャンセラーの軍事目的への使用禁止及び国力に応じた軍備の制限などである。核動力を装備した新型機の開発・配備を行おうとしていたファントムペインも、地球連合軍の一部である以上、この条約からは逃れられず、方針転換を余儀なくされた。その結果考え出されたのが、エースパイロット専用の高性能MSを開発する計画、すなわちアクタイオン・プロジェクトであった。

アクタイオン・プロジェクトにおいては、豊富な運用データが有り、当時の最先端技術を用いて開発されていた初期GAT-Xシリーズが選択された。計画の概要として、まずヘリオポリス製Gの設計データを元にそのまま5機のGを建造、そしてこれらの機体を部隊内で特に素養の高いパイロットに与え、度重なる運用試験(実戦含む)を行う。 その後、得られたデータやパイロットの意見を元に機体をカスタマイズし、最新の技術を使用しあるべき次期主力機の姿を探るといった研究を行うのがプロジェクトの目的である。これにより生まれ変わった5機のGは、C.E.73年代の機体群に匹敵するスペックを獲得したのである。

そしてこのプロジェクトにより実際には初めてのG兵器の評価試験、戦闘データの検証が地球連合が行えたのである。 この結果によりG兵器を基にした新たな地球連合軍の次期主力機MSが再び生み出される可能性は高い。

尚、当プロジェクトによって生み出された機体には、「PS装甲の装甲色+機体名」が機体名称として採用されている。

プロジェクトの過程で開発された機体 編集

関連項目 編集


  
機動戦士ガンダムSEED
メディア展開 原作 - 小説 - 漫画 - ムック - ドラマCD
登場人物アークエンジェルクルー キラ・ヤマト - ナタル・バジルール - フレイ・アルスター - マリュー・ラミアス - ミリアリア・ハウ - ムウ・ラ・フラガ - アーノルド・ノイマン - カズイ・バスカーク
地球連合軍 ムルタ・アズラエル - オルガ・サブナック - クロト・ブエル - シャニ・アンドラス
ザフト軍 アスラン・ザラ - アンドリュー・バルトフェルド - イザーク・ジュール - ディアッカ・エルスマン - ニコル・アマルフィ - ミゲル・アイマン - ラウ・ル・クルーゼ - ラクス・クライン
オーブ連合首長国 カガリ・ユラ・アスハ
勢力国家 オーブ連合首長国 - 大西洋連邦 - プラント - ユーラシア連邦
軍事 地球連合 - ザフト - FAITH - 三隻同盟
企業
民間 ブルーコスモス
兵器 グングニール - サイクロプス - ジェネシス - 対MS用ホバークラフト - ミーティア - アサルトシュラウド - オールレンジ攻撃
機動兵器モビルアーマー ミストラル - メビウス・ゼロ
モビルスーツ地球連合 デュエル - バスター - ストライク - ブリッツ - イージス - カラミティ - フォビドゥン - レイダー - ストライクダガー -
ザフト ジャスティス - フリーダム - プロヴィデンス - ジン - シグー - ゲイツ - バクゥ - ザウート - グーン - ディン
オーブ M1アストレイ
航空機・戦闘機・ヘリ スピアヘッド - スカイグラスパー - アジャイル - インフェトゥス - エターナル - グゥル
艦船 アガメムノン - アークエンジェル - スペングラー - ダニロフ (機動戦士ガンダムSEED)? -ドレイク - ネルソン - ナスカ - ピートリー - ボズゴロフ - レセップス - ローラシア - イージス - イズモ - クラオミカミ - 輸送艦
車両全般 ブルドック - リニアガン・タンク - リニア自走榴弾砲 - 六輪連結装甲車 (機動戦士ガンダムSEED) - 指揮車 (機動戦士ガンダムSEED) - 電源車 (機動戦士ガンダムSEED) - 弾薬運搬トレーラー (機動戦士ガンダムSEED) - 戦闘用エレカ - 自走砲 (自走ガトリング砲) - ミサイル搭載ハーフトラック
都市・地域・施設 コペルニクス - メンデル - 軍事施設 -
技術 ミラージュコロイド - フェイズシフト装甲 - ラミネート装甲 - 強化人間
歴史 SEED - コズミック・イラの成立 - ヤキン・ドゥーエ戦役 - コーディネイターとナチュラル


From Anipedia, a Wikia wiki.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki